「親子向けワークショップをやってみよう」サポーター養成講座 第1回を開催しました

8月1日、さっぽろタウンガーデナー講習会「親子向けワークショップをやってみよう」サポーター養成講座(全2回)の第1回を開催しました。今回の講座では、花や緑に興味をもってもらうきっかけづくりとして「苔玉づくり」を題材に、タウンガーデナーのみなさんがアシスタント講師(サポーター)として参加するため、苔玉づくり講習会の実施方法を準備から実践まで学びます。

まず、苔玉づくりの基本的なことを講義で学びました。

次に、実習として苔玉を作りました。けと土と赤玉土をよくこねて小分けし、丸めた土を平らにして窪みをつけ、アイビーの根を包んで丸く形を整えます。苔シートを霧吹きで湿らせ土をくるんで糸を巻いて苔を固定します。ボンドで目玉をつけたら完成です。

 

 

 

それぞれ、表情豊かな苔玉が出来上がりました。

 

 

その後は、苔玉の管理方法やサポーターとしての心得などについて講義を受けました。

今回参加したタウンガーデナーのみなさんは、8月8日に講座「タウンガーデナーと一緒に 親子で苔玉づくり」で、サポーターとして当日の設営や運営などを実践します。講座をとおして、花づくりの楽しさを広めましょう!

LINEで送る