たねダンゴ花壇のその後

9月26日、うす曇でしたが過ごしやすい天気の中、8月1日に月寒公園で開催した「たねダンゴでの花壇づくり」のその後の様子を確認し、一緒にイベントを行った講師、サポーターと振り返り会を行いました。当初9月12日に行う予定だった振り返り会は、台風と地震の影響で延期になっていました。

コスモスが咲くハート型花壇 コスモス、マリーゴールドが開花しているハート型花壇とそれを見ている人

親子や子どもたちと一緒に作ったたねダンゴを配置したハート型花壇の、その後の様子がとても気になっていた講師、サポーターのみなさん。花壇の様子を見て行う振り返り会を楽しみにしていてくれたのですが、日程を変更したため出席できないメンバーもいました。

花壇の様子も確認し、「イベントに向け行った講習会」と「実践の場となったイベント」の両方について、良かったこと、改善すべきと感じたこと、次に行う場合の工夫点などについて、話し合いました。

特に「たねダンゴを作っておしまいでなく、その後どのように成長し開花するかの結果を確認できたことが、やりがいにもつながり良かった。」、「今後につながる。」という意見もあり、目にみえる結果が重要と感じました。

 

たねダンゴイベントから開花までの途中経過をご紹介します♪

たねダンゴイベントでの花壇への配置の様子 たねダンゴを配置し終わった様子。

参加者みんなでハート型につくった花壇に、花の種類ごとたねダンゴを配置しました。(ハート型花壇中央がコスモス、そのハート型のふちの法面(斜めのところ)がスイートアリッサム、一段低いハート型の周りがマリーゴールドです。)

たねダンゴから発芽が確認できるハート型花壇 

(左)8月7日の様子。たねダンゴからの発芽が確認できています。

(右)8月18日の様子。たねダンゴからコスモス、スイートアリッサム、マリーゴールドの3種類の苗が育っていることを確認できました。

9月19日の様子。台風の影響も無く、開花していました。

9月26日には、コスモスの花数も増え、外周を彩るマリーゴールドも橙、黄色のほかに、赤も咲き始めていました。

月寒公園の関係者にも見守られ順調に生育した、たねダンゴのハート型花壇。

公園で散歩をする人にも、「きれいだね。」と評判なのだそうです。

 

これから寒暖の差が大きくなるので、より一層花色が鮮やかになります。

霜が降りるまでの期間、ハート型の花壇をお楽しみいただけます。

月寒公園へお越しの際は、ボート池付近、シダレザクラとフジの間にあるハート型花壇もご覧ください。

 

※おまけの情報※                                   このハート型花壇で使ったコスモスは矮性(背が低い)品種(スーパービッキーミックス)です。まき時が8月1日と通常よりやや遅かったため、より一層背が低いまま開花しています。強風で倒れることもなくコンパクトな姿になっています。

 

 

LINEで送る