2017/10/11 (水)

2017年度豊平川サケ産卵床調査_2回目

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — sa @ PM8時頃   

こんばんは。
今日は、豊平川のサケ調査2回目をおこなってきました。
前回のブログ(2017年度豊平川サケ・サクラマス産卵床調査_1回目)で調査の方法についてご紹介しましたが、なかなかイメージが湧かないと思いますので、今日は写真でご紹介します。
ホッチャレ調査①
まずは回収したホッチャレを並べ、尾叉長と雌雄を記録したのち…
ホッチャレ調査②
年齢を見るために採鱗をして…
ホッチャレ調査③
野生魚なのか放流魚なのかを調べるために、頭の中から耳石を取り出します。
この耳石の取出しが一苦労。
腐敗が進んでいるホッチャレほど、耳石が元の位置にないことが多く、ピンセットの感覚のみで探っていきます。
次回のブログで、耳石の温度標識についてもご紹介しますね。

≪2017年10月11日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  107ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     214尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  計22尾

≪観察ポイント≫
東橋下流左岸
約20-30尾の産卵行動中のサケを確認。
ただし、キレイな個体が多いため、見つけにくい可能性あり。
20171011豊平川サケ観察ポイント
東橋下流左岸のサケ


2017/10/6 (金)

さっぽろワイルドサーモンフットパス第一弾

カテゴリ:その他の川,サケ情報,豊平川,News — a @ PM3時頃   

歩くことを楽しみながら地域の自然、歴史、景観などを体感する『フットパス』と、都市を流れる川に野生サケを増やす取り組み『札幌ワイルドサーモンプロジェクト』がコラボレーションした、野生サケを見ながらフットパスを歩くツアー『さっぽろワイルドサーモンフットパス』が10/6に開催されました。
サーモンフットパス第一弾

真駒内川では、サケを確認することができました。
真駒内川

精進川では、産卵後のサクラマスのメスや産卵床を間近に見ることができました。
精進川

さっぽろワイルドサーモンフットパスは、あと2回開催されます。
ご興味のある方は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

第二回 2017年10月15日(日)9:30~12:30
   観察しやすい琴似発寒川のサケ。実は100%野生魚!
第三回 2017年10月18日(水)9:30~12:30
   豊平川で『野生サケ』と『酒』とのつながりはなに!?

詳細はこちら 

お申込み・お問合せ エコネットワーク 
 電 話:011-731-7841
 E-mail :eco@hokkai.or.jp

さっぽろワイルドサーモンフットパス_チラシ_1


2017/10/4 (水)

2017年度豊平川サケ・サクラマス産卵床調査_1回目

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — sa @ PM4時頃   

9月26日から10月1日にかけて、豊平川における今季1回目の産卵床調査を実施しました。
産卵床(さんらんしょう)とは、卵を産んだ場所のことです。
産卵床
このような砂利のマウントを見つけて、GPSに記録しながら下流まで進んでいきます。
途中、ホッチャレと呼ばれるサケの死体があると、それを拾って、尾叉長と雌雄を調べ、鱗と耳石をサンプリングします。
鱗からは年齢が分かるんですよ。
調査範囲はさけ科学館から環状北大橋下流までの直線距離にして約12km。
※蛇行ながら歩くので、実際はもっとあります。
例年、早い時期は上流側での産卵が多く見られ、冬に近づくにしたがって下流の方へとシフトしていきます。
真駒内川(さけ科学館から200mくらい下流の場所)で産卵行動しているサケも見られます。
ケンカ中のオスザケ①
ケンカ中のオスザケ②
ケンカ中のオスザケの写真です。
よほど熱くなっているのか近づいても逃げません。笑
産卵床を守るサクラマスのメス
この写真はなんという魚か分かりますか?
これはサクラマスです。
すぐ近くに卵を産んだようで、他のメスに自分の産卵床を掘り返されないように守っています。
サケの遡上は10月~11月にピークを迎えます。
随時観察ポイントをブログで公開していきますので、ぜひ足を運んでみてください。
※観察の際は、足元に十分気を付け、危険な場所には立ち入らないようにして下さい。

≪2017年10月1日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  28ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     56尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  計5尾

≪観察ポイント≫
真駒内川落差下流(さけ科学館から約200mの場所)
20171001真駒内川サケ観察ポイント


2017/9/29 (金)

さっぽろワイルドサーモンフットパスのご案内

カテゴリ:その他の川,サケ情報,琴似発寒川,豊平川,News — sake @ AM11時頃   

歩くことを楽しみながら地域の自然、歴史、景観などを体感する『フットパス』と都市を流れる川に野生サケを増やす取り組み『札幌ワイルドサーモンプロジェクト』がコラボレーションした野生サケを見ながらフットパスを歩くツアーが開催されます。
各回、若干の空きがありますので、札幌市内の身近な川でサケを見ながらフットパスを歩いてみませんか?

≪さっぽろワイルドサーモンフットパス≫

第一回 2017年10月6日(金)9:30~12:30
   豊平川と精進川。どんなサケがいるか、専門家に聞いてみよう!

第二回 2017年10月15日(日)9:30~12:30
   観察しやすい琴似発寒川のサケ。実は100%野生魚!

第三回 2017年10月18日(水)9:30~12:30
   豊平川で『野生サケ』と「酒』とのつながりはなに!?

詳細はこちら 

お申込み・お問合せ エコネットワーク 
 電 話:011-731-7841
 E-mail :eco@hokkai.or.jp

さっぽろワイルドサーモンフットパス_チラシ_1


2017/9/21 (木)

今年第1号のサケを捕獲しました

カテゴリ:その他の川,サケ情報,豊平川,News — a @ PM3時頃   

豊平川支流真駒内川でサケ第1号を捕獲しました。

捕獲した第1号のサケ

場所:真駒内川・さけ科学館より100メートル下流 
日時:2017年9月21日(木)14時45分頃   水温:15.3℃
捕獲方法:投網
捕獲者:さけ科学館職員2名
※捕獲したメスザケは、さけ科学館まで生かしたまま運びました。
 これから卵を産むメスザケのため、数日間展示した後、真駒内川に放します。

サケを捕獲した場所 サケを捕獲した場所

近くには、産卵後のメスも数尾いました。
9月23日のさっぽろサケフェスタ2017では、SWSPと共同で観察ガイドを実施する予定です。

『みんなでサケさがそ!』

札幌市内・近郊の川でサケの写真を撮って送るだけの「誰でも参加できるサケ調査」も実施中です。
川でサケを見つけたら、ぜひご参加ください。


2017/8/26 (土)

みんなをつなぐ豊平川プロジェクト に参加しました

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川 — a @ PM1時頃   

『都市と自然が融合した札幌から、「川見」という新しい言葉を発信して広げていきたい』と札幌青年会議所さんが主催したイベントに参加しました。
札幌川見

さけ科学館は、札幌ワイルドサーモンプロジェクトと共同で豊平川の水辺の生き物を紹介するブースを出展しました。

親ザケの展示
川に戻ってきた親ザケの展示

会場付近の川辺の魚たち
会場周辺の川にいた魚たち

投網体験
投網体験

川をテーマにしたプロジェクトに声をかけいただけて光栄でした。
豊平川でもサケが観察できるようになるのももう少しです。


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->