2017/7/11 (火)

公開さかな調査

カテゴリ:琴似発寒川,News — a @ PM5時頃   

市内の川で公開調査を行います。
公開さかな調査

魚や川虫のいる場所や捕り方を紹介するので、このイベントに参加すれば次回からの川遊びが倍楽しめますよ!
職員が採集した生き物は、即席タッチプールに入れるので、小さなお子さんは触れ合って楽しむことができます。
 
  日時:8月12日(土) 10:00~11:00(時間内の出入りは自由です)
  場所:琴似発寒川農試公園橋下流(西区八軒5条西10丁目付近)
  対象:どなたでも(小学校低学年以下の方は保護者同伴)
  持ち物:不要  ※採集は職員が行います。採集した生き物に触れることができます

投網

投網


即席タッチプール

即席タッチプール


2017/5/23 (火)

豊平川のサケ稚魚の映像

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川,豊平川,News — a @ PM5時頃   

豊平川に野生のサケを増やす取り組みをしている札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)では、豊平川にいるサケ稚魚の映像を公開しています。

豊平川、琴似発寒川、千歳川の稚魚の様子

サケの動画

SWSPでは豊平川とはじめとするサケが遡上する河川の映像を公開しています。
身近な日常での新しい発見につながればと思っています。
映像のバックナンバーも是非ご覧ください。


2016/11/10 (木)

琴似発寒川に行ってきました!

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ PM5時頃   

琴似発寒川に行ってきました。
前日からの雪のため、景色は真っ白・・水温は1.9度・・
とても寒かったですが、川の中では元気にサケたちが産卵行動をしていました。寒月橋下流では5尾ほどのサケたちを見る事ができました。
観察ポイントは農試公園橋下流で、20尾ほどのサケたちを見る事ができます。
sh001
(赤矢印のところで、サケたちを見る事ができました)

農試公園橋の上から下流側をのぞき込むと、4尾ほどのサケたちが産卵行動中でした。
sh002
(赤矢印のところにサケが!)

寒くなってきましたが、川の中はサケたちが元気に産卵行動をしています!


2016/10/19 (水)

琴似発寒川に行ってきました!

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ PM5時頃   

琴似発寒川にサケ産卵床調査に行ってきました!
農試公園橋下流側の上からのぞき込むと、5尾ほどのサケたちが産卵行動中でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(農試公園橋下流側橋の上から撮影)

産卵床を守る♀を撮影中に、2尾の♂がおっかけっこしていました。♀は動じずに産卵床を守っていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(赤矢印がサケのところにサケがいます)

足下にサケが!♂のサケで逃げる気配がありませんが、途中で気がつき勢いよく泳いでいきました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(♂のサケ、超至近距離で撮影)

寒月橋下流でも、20尾ほどのサケが観察できます。
まだまだ、サケ観察シーズンは続きます!


2016/9/28 (水)

多い・・・。

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川,News — sa @ PM7時頃   

【2016年9月30日(金)追記:琴似発寒川サクラマス観察ポイント】
例年より多いサクラマスですが、この場所が見やすいと思います。
サクラ観察ポイント_引き
サクラ観察ポイント_拡大
観察する際は、産卵行動をそっと見守って下さいね。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今日は琴似発寒川にてサクラマスの産卵状況を調査してきました。
結果から言うと、すごい数でした。
昨年の同時期、琴似発寒川で確認した産卵床数は、66か所。
今年はなんと・・・294か所!!
至るところでサクラマスの産卵行動を見ることができました。
穴を掘るサクラマス(♀)
これはメスのサクラマスが、卵を産む穴を掘っている様子です。
尾びれがだんだんとボロボロになっていきます。
サクラマスは、橋の下や川岸から木が覆いかぶさっているところなど、障害物があるところを産卵場所に選ぶことが多いです。
えん堤の隅なんかも好きですね。
警戒心の強い魚です。
産卵行動をしたあとは、メスのサクラマスが産んだ場所に砂利をかけます。
サクラマス産卵床
産卵床の写真です。
写真の中央部だけ周りと違う大きさの石が集まっているのが分かるでしょうか?
その下に卵があるんですよ。
産卵床とオスのサクラマス
ちょっと珍しい光景がこちら。
普通、産卵床を守るのはメスなんですが、この産卵床にはオスが張り付いていました。
相手がどこかに行ってしまい、別のメスを待っているんでしょうか・・・。
今年はサクラマスの数が多いので、産卵行動を観察するにはもってこいです。
いろいろな試練を乗り越えて帰ってきています。
観察する時は驚かせないようにしてあげてくださいね。

☆おまけ☆
サクラマス水中写真。
手前の川底にピントが・・・惜しい!!
惜しい水中写真


2016/9/15 (木)

琴似発寒川のサケとカラフトマス

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — o @ PM6時頃   

琴似発寒川にもそろそろサケが来ている頃なので、見に行ってきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まず、JR鉄橋の下流側にある観察ポイントの寒月橋を偵察。
しかし、サケの姿は見えませんでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
川沿いに少し下っていくと、流れの中で穴を掘っているメスザケを発見。

さらに下流の深みに、大きな魚が何匹か見えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サケかと思ってよく見たら、太いコイでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
緑色の農試公園橋の上から、下流の川の中をのぞくと、産卵床がふたつありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左側には、産み終わって間もない感じのメスザケが付いていて、時々砂利をかぶせています。
オスザケも周りに2~3尾います。

右側に付いているのは、何だかサケにしては変な感じですが・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カラフトマスのメスでした。
札幌の川に遡上するカラフトマスはごく少数ですが、その中でも琴似発寒川は比較的遡上が多い川です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
河川敷におりて、少し離れてカラフトマスの観察を続けます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時々穴を掘っていますが、もう産卵に適した穴はできあがっているようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
口を開けて産卵のポーズを何度も取りますが、肝心のカラフトマスのオスがいなくて産卵できず、とても困っている様子。
数メートル横にいるサケのオスたちは完全に無関心。
ちょっとかわいそうに感じました。


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->