2018/3/22 (木)

サケ稚魚降下調査 その2

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — sake @ PM7時頃   

豊平川生まれのサケ稚魚が川を下っています。
3月4日に野生サケ稚魚第1号を確認しました

3月21日には今年3回目のトラップ調査を行いました。
稚魚トラップ仕掛け
多くの稚魚は夜に川を下るため、日没から2~3時間調査を続けます。
日没後の稚魚トラップ
2016年と2017年の調査で、豊平川生まれの野生稚魚は、3月下旬から4月上旬にピークがあることがわかりました。そろそろ増え始めるかと思いましたが、この日は20時15分までの調査で、サケの稚魚は2匹のみでした。気温0.6℃、水温3℃だったので、まだ少し低すぎたかもしれません。
サケ稚魚

同時に、北大の研究者が豊平川の水に含まれる環境DNAを調べています。
環境DNA抽出
果たして、豊平川の環境DNAと捕獲されるサケ稚魚の数はリンクするでしょうか?

サケ稚魚降下調査は、札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)の協力で10日おきに6月まで行います。(つづく)


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->