2017/4/22 (土)

サケ稚魚体験放流2017

カテゴリ:サケ情報,豊平川,News — sake @ PM1時頃   

放流したサケの稚魚は3~4年後の秋に親ザケになって、産卵のために豊平川に帰ってきます。
サケ稚魚体験放流の詳細はこちら。


2017/4/13 (木)

春が来ましたが・・

カテゴリ:その他の川,できごと — s @ PM12時頃   

 春らしい日々が続いてましたが、今日は冬に逆戻りです・・
 エゾアカガエルの産卵が始まる時期が来たので、様子を見に行ってきました。
 まだ、雪深く産卵は始まっていないかなと思いましたが、二つの卵塊を見つけました!
 これから、本格的に産卵が始まりそうです!

まだまだ雪深いです。


二つの卵塊がありました!水温は、7.5度でした。

 


2017/4/11 (火)

野生のサケが育っています

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — sake @ PM2時頃   

さけ科学館横を流れる真駒内川では、昨年サケが産卵していました。
野生の稚魚が無事に育っているか、確認したところ・・・

昨年はサクラマスもたくさん産卵していたので、サクラマスの稚魚(ヤマメ)がたくさんいた中で、サケの野生魚も一匹見つけることができました。

3月9日に放流したサケの放流魚と比べてみると野生魚は小さいですね。

今年も札幌ワイルドサーモンプロジェクト(豊平川に野生のサケを増やす取り組み)の協力で、海に下るサケの稚魚を調査しています。
稚魚はおもに日没後に降海するので、調査は夜間です。

北海道区水産研究所では、野生魚と放流魚にはどのような違いがあるかも調べています。
こちらは魚の遊泳速度を調べる装置。

今のところ、野生魚は体サイズが小さい割に遊泳能力が高い、という傾向がありそうです。

サケ稚魚の調査は、降海が終わる6月下旬まで続きます。


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->