2015/9/30 (水)

今年度1回目の豊平川産卵床調査

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — sa @ AM11時頃   

【2015年10月8日追記】
10月4日(日)に調査した区間のデータも追加し、更新しました。
GPSデータにも番号をつけてあります。

こんにちは。
9月28日(月)に豊平川へ、サケとサクラマスの遡上状況を調査しに行ってきました。

主な調査の内容は以下の通りです。
①産卵床(卵を産んだ場所)を一つずつGPSに記録していく
②死んだ個体(ホッチャレ)を測定し、鱗とヒレのサンプルを採取する
③遡上に障害のある場所がないかチェックする
④例年と比べ、地形が大きく変わったところがないかチェックする
採鱗の様子
尾叉長測定
ホッチャレから鱗を採り、体長(尾叉長)を測定している様子です。
ここまで分解が進んでいると、においがなかなか・・・
毎年行っていると、季節を感じさせるにおいとなりつつあります・・・
サケ
ホッチャレとモクズガニ
産卵床とハナカジカ
ヤマメ
話が逸れましたが、豊平川にはサケはもちろんのこと、他にも生きものと出会うことができました。
ホッチャレを食べているモクズガニや、産卵床の近くで卵を狙っている(たまたま?)ハナカジカ、ヤマメの群れ。
いろいろな生きものたちが共存しているんですね。
みんなで今ある環境を大切にしていきましょう。


≪2015年9月28日までの累計数≫
※9月30日(水)にさけ科学館横~8号床止めまでの調査を行う予定でしたが、雨による増水と濁りのため中止しました。なお、地図情報にある旗(上流部分)には3か所ほどサクラマスの産卵床が混ざっていますが、全域を調査実施した後、名前と通し番号を付ける予定です。もう少々お待ちください。

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  98ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     約196尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  45尾

≪観察ポイント≫
川岸や橋の上から安全にサケを見られる場所は、今回の調査では見つけられませんでした。


2015/9/26 (土)

豊平川、東橋で!

カテゴリ:サケ情報,豊平川,News — s @ PM2時頃   

豊平川の東橋上(下流側の歩道中央付近)から、川の中をのぞきこんでみると、サケの産卵床を見ることができました!
TM東橋001
(東橋上下流側歩道からの風景)

この時期はまだ早いかな?と思っていたのですが、メスが産卵を終えて、自分の卵を産んだ場所を守っていました。(写真を撮る直前に逃げてしまい、サケの姿は写っていません・・)TM東橋002
(赤まるで囲っているところがサケの産卵床です)

あと、2日間ぐらいは観察できそうな状態でした。


2015/9/25 (金)

さっぽろサケフェスタ2015盛況で終了しました!

カテゴリ:できごと,News — m @ PM6時頃   

シルバーウィークの最終日である9月23日(水・祝)に、『さっぽろサケフェスタ2015』を行いました。9月の後半とは思えない、ジリジリと暑い晴天の1日で、推定4020名ものお客さんがサケや水辺の生き物に親しむお祭りを楽しんでくれました。
晴天のさけ科学館
ステージプログラム、クイズ、体験テントブース、おいしいコーナーと、さけ科学館や当館と繋がりのある皆様の面白いところをギュッと詰め込んだお祭りとなりました。

ここから先は写真アルバムでお楽しみください。
長い記事ですので、お時間のあるときにゆっくりとお楽しみください。

サケの人工受精公開
ステージプログラムで人気だったのは、まずはサケの人工受精公開です。
サケの人工受精公開02
芝生に座って見守るたくさんの方が、サケの命が誕生する瞬間を観察しました。
カメカメレース
北海道で多くが定着している外来生物のカメについて知ってもらうことを念頭にした、『カメカメレース』も人気を集めました。初めに外来生物のお話をして、楽しむだけでなく情報を持って帰ってもらえたら、と思っています。
※カメには日光浴も兼ねて、自由に散歩するスタイルで行っております。
札幌ワイルドサーモンプロジェクトの紹介
お客さんがググーっと引きつけられているのは、昨年立ち上がった豊平川の野生サケの保全活動をしている『札幌ワイルドサーモンプロジェクト(swsp)』の紹介タイム。野生サケの映像も使って紹介してくれました。
重さ当てクイズのサケ
サケや水辺の生き物について楽しく知ってもらおうと、クイズプログラムもいっぱい!午前中のお楽しみは、「サケの重さ当てクイズ」 このサケの重さを皆さんに予想してもらいました。
クイズラリー受付
館内にあるクイズスポットを回るクイズラリーでは、最後に受付に戻って答え合わせ。みなさん正解が見つけられたかな?
工作コーナー
テントブースでは、自然素材で作る工作コーナーが大人気!
工作に夢中
子供たちにやさしく教えてくれるのがお上手な「自然ウォッチングセンター」さんや「カッコウの里を語る会」さんが準備から担当してくれました。子どもたちは夢中!
真駒内川の水辺の生き物水槽
サケフェスタ会場の隣を流れる川にいる生き物水槽コーナーでは、足の生えた大きなオタマジャクシに子供たちがびっくりしていました。「真駒内川水辺の楽校」さんはここの生き物に詳しいのです。
サケの発生標本
サケの研究者のテントブースでは、研究情報やサケの発生標本を見ながら説明してくれたり、研究者が直接情報を教えてくれる貴重なブースとなりました。
外来生物アメリカザリガニタッチプール
さけ科学館のタッチプールは、主役のサケに触れるプールと札幌の外来生物アメリカザリガニのタッチプールです。アメリカザリガニが最近北区の川で数を増やして定着している状況の情報を発信しました。
実習館ぬりえやすごろく
サケフェスタは今年で12年目のお祭りですが、毎年ここで1日ゆっくりと遊んでくれる方が多いのが特徴です。実習館では、サケの学習キットである「サケトランクキット」から、サケのリアルぬいぐるみとすごろく、紙芝居を出して、ぬりえと併せてゆっくり休憩がてら遊べるスペースにしました。
実習館ぬりえいろいろ
時間ごとに素敵なぬりえが壁一面を埋めていました。
あんじい
ひろばには途中、水産総合研究センターのキャラクター「あんじい」や
カッコー先生
札幌市の生物多様性PRキャラクターの「カッコー先生」が来てくれました。
札幌の鳥はカッコウ、知っていましたか??
SSF名物キャラさっけーくん
サケフェスタミニステージで毎年司会をして下さっている司会者の左手には、1年に1回だけ登場の「さっけー」くんです。腹話術みたいに場を盛り上げてくれます。
抽選会大観衆
お祭りのラストはみなさんが午後からたのしみにくださっている「抽選会」です。ひろばは大観衆がびっしりです!
大観衆の抽選会
抽選会特賞
特賞の新巻鮭はにっこりとうれしそうに笑う兄弟に手渡されました。
※お父さんに了解を得て、お顔を出させていただきました。ありがとうございます。

さっぽろサケフェスタは、たくさんのボランティアスタッフ、テントブースや出店を引き受けて準備から取り組んで下さっている団体や販売担当の方々のご協力で成り立っています。
思い出アルバムをどうぞ。
クイズラリー受付メンバー
クイズラリー受付メンバー
タッチプール担当メンバー
タッチプール担当メンバー
抽選会受付メンバー
サケの重さ当てクイズと抽選会受付メンバー
実習館担当メンバー
実習館担当メンバー
設営するボランティアさん
他にもたくさんいるイベントスタッフをしてくれたボランティアさんは、近くの大学生やさけ科学館と縁あってボランティアをしてくれているみなさん。会場の物品搬入や設営・撤収までお世話になりました。ありがとうございます!
水産総合研究センターの研究者のみなさん
水産総合研究センターの研究者のみなさん
ぬりえ東海大メンバー
「ぬりえコンテスト」を担当してくれた東海大学自然科学研究会の先生とメンバー
似顔絵アラヤさんと佐藤洋菓子店さん
販売ブースで似顔絵コーナーをしてくださったアラヤサヤカさんと澄川のお菓子屋さん「佐藤洋菓子店」さん
稚魚ブレスクッキー
佐藤洋菓子店さんブースには、サケ稚魚がかわいく描かれた「稚魚ブレスクッキー」がありました。手につけられるんですよ!
うまおいの里メンバー
毎年これをたのしみに来てくださっている方も多い、長沼の農産物市をしてくださっている「うまおいの里」の方々
ステージを楽しむ大観衆

運営に手を貸してくださった全てのみなさん、当日をたのしんでくださった全てのみなさん、みなさんのおかげで今年も無事に「さっぽろサケフェスタ2015」を終えることが出来ました。本当にありがとうございました!


2015/9/18 (金)

琴似発寒川サケ情報

カテゴリ:できごと,サケ情報,琴似発寒川 — m @ PM4時頃   

9月18日現在の琴似発寒川のサケ情報です。
JRの鉄橋と寒月橋の少し上流から下流の八軒橋までのサケを見てきました。
琴似発寒川のサケ
農試公園の横に、緑色の農試公園橋がありますが、その下流100mほどのところに、3匹のサケが群れていました。まだキレイなのも含みますので、数日は観察しやすいです。

この場所以外は合計7匹ほどのサケとすれ違いましたが、その他は警戒心が強く、まだ観察しづらいです。

サケが産卵した場所(産卵床)は、合計6個見つけました。
サケが増えてくるのは、まだこれからです。


2015/9/15 (火)

星置川に行ってきました!

カテゴリ:サケ情報,星置川 — s @ PM5時頃   

今季初のサケ産卵床調査に、星置川に行ってきました。

今年も元気にサケたちが遡上し、産卵行動をしていました!

国道5号線下流では、5尾ほどのサケたちを見ることができました。
HO001

メスが産卵のために一生懸命穴を掘っていました。
HO002

産卵行動をしているつがいのサケを見かけ、経験から「これはもうすぐ産卵では?」と思い、少しカメラを構え待っていると、産卵の瞬間を見ることができました!
HO003

今年もたくさんのサケが見られると良いですね!


2015/9/11 (金)

2015年豊平川サケ第1号捕獲

カテゴリ:できごと,News — m @ PM6時頃   

9/14今年度第1号のメスザケを豊平川の捕獲場所に放流しました。(9/14追記)

本日、今年の豊平川サケ第1号を捕獲しました。
2015年豊平川サケ第1号展示水槽
場所:豊平川南7条大橋上流右岸・4号床止め
時刻:午前10時30分
水温:17.5℃

今回捕獲したサケのデータ
性別:メス
尾叉体長:74.5cm
年齢:満4歳

捕獲したメスザケは、さけ科学館まで生かしたまま運びました。
これから卵を産むメスザケのため、数日間展示した後、弱る前に川に放します。
とてもキレイなメスザケでした。豊平川もサケの季節の到来ですね。

展示場所:本館地下かんさつ室階段出口上
展示期間:9/11~数日間


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->