2015/2/26 (木)

本日の豊平川☆

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — sa @ PM2時頃   

こんにちは。
今日の午前中、豊平川へサケ稚魚放流場所の下見に行ってきました。
水温は、2.9℃。
ウェーダー越しに冷たさがピシピシ伝わってきます。
水温①
サケは、湧水や伏流水が出ているところに卵を産みます。
この場所では、護岸の割れ目から湧いていました。
湧水の水温は、7.2℃。
全然違いますね。
水温②
自然産卵により産まれた稚魚たちが無事に育っているか調べるため、タモ網を持って川の中へ。
タモ網持って川へGO
ここ最近暖かかったせいか、水量も普段より多く、濁りも若干入っていてなかなか見つかりませんでした。
しかし、じぃっと川を見ていると、表層をふらふらぁっと泳いでいる稚魚を発見!!!!
ちゃんと育っていました。
サケ稚魚
他にはサクラマスやウキゴリ属の魚(模様が薄く、ウキゴリかシマウキゴリかハッキリしません)、ヨコエビなどがいました。
こんなに冷たい水の中でも、元気に生きているんですね。
サクラマス
ウキゴリの仲間
3月の初めに業務放流を行います。
みなさんに放流していただくのは、ゴールデンウィークの「体験放流」です。
おたのしみに☆


2015/2/21 (土)

サケ稚魚の大群にエサをやろう!

カテゴリ:できごと — m @ PM3時頃   

毎年、池のサケたちにエサやりをするイベントを何回か行っていますが、サケ稚魚の大群にエサをやれるイベントは今日だけ!
『サケ稚魚の大群にエサをやろう!』を行いました。
久しぶりに、たくさんの親子さんが集まってくれましたよ!
合計120人超!ありがとうございます。
かんさつ池のサケ稚魚たちのエサやり
こちらはかんさつ池の稚魚たち、3万2000匹にエサやり。粉末状のエサをまくようにあげると、水紋をつくってパシャパシャと稚魚たちがエサを食べます。粉末なので、遠くに投げ入れづらいのですが、みなさん上手にあげてくれました。

飼育池のサケたちにもエサやり
地下からかんさつできる飼育池には、現在ふたマスにそれぞれ3万2000~3000匹の稚魚たちが泳いでいます。その横のマスに泳ぐ、1歳以上のサケの仲間たちには、少し大きめの粒エサを投げ入れました。

ご家族で、お写真を撮ったりしながら、楽しく参加してくれました。ご参加ありがとうございます!

この日エサをあげたサケ稚魚たちは、今年第1陣の放流として3月4日の放流を予定しております。初放流は、まだ雪深いので職員が放流しますが、マスコミさんの季節のニュースとしてみなさんにもお伝えできたらいいなぁと思っています。
今日エサやりしてくださったみなさん、あの日の稚魚たちだ!と思い出して送り出す気持ちで見てくれたら嬉しいです。


2015/2/5 (木)

サケ稚魚大移動!

カテゴリ:できごと,News — sa @ PM1時頃   

の前に、今朝携帯で撮った写真がきれいだったので、ご覧ください。
サケ稚魚群泳1
サケ稚魚群泳2
サケ稚魚群泳3
地下の水槽です。
朝日が差し込み、稚魚の体がキラキラ光っているように見えます。
何時間でも見ていたい。。。

今日は、外で飼育しているサケ稚魚の移動日でした。
FRP水槽で飼育していた稚魚を、外の観察池へ移します。
ホースセッティング
このようにホースをセットして、高低差を利用することで、ホースの中に水の流れを作ります。
サケ稚魚移動
そして、ここからはサケ稚魚を誘導→吸い込む→誘導→吸い込むをひたすら繰り返し。
ホースの角に当たるとサケ稚魚は傷付き、死んでしまうこともあるので、慎重に行います。
KⅡネット掛け
移動が終わると、あとはネットをかけておしまいです。
なぜネットを掛けるかというと。。。
カモどん
この子から守る為です。
ネットに乗って食べられちゃ対処の仕様がないですけどね。
今月21日(土)14:00~「わくわくたいけん サケ稚魚の大群にエサをやろう!」を行います。
申込不要で、来ていただいた方どなたでも参加可能です。
ご参加お待ちしてます。


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->