2012/10/27 (土)

星置川サーモンウォッチング

カテゴリ:できごと,サケ情報,星置川,News — a @ PM6時頃   

10月27日(土)に手稲区を流れる星置川でサケの観察会をしました。
星置川は、手稲山を源流に、日本海に流れる短い川ですが、毎年サケが遡上し、産卵しています。今年もすでに150か所近い産卵床(サケが卵を産んだ場所)を確認しています。

観察しやすい場所は、清流橋と新星観橋です。

より大きな地図で 2012 星置川サケ観察ポイント を表示
まずは、橋の上から、サケの様子を観察しました。

橋の上からはたくさんのサケが見えました。(赤い矢印の先にサケがいます。)

バシャバシャと水しぶきを上げてケンカをする様子や、卵を掘るメスの様子を見ることができました。
そして、職員が投網でサケを捕まえ、オスメスの違いや年齢、大きさの調べ方を一緒に学びました。


2012/10/26 (金)

豊平川サケ産卵床調査(3回目)

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — a @ PM6時頃   

10月24日~26日にかけて、豊平川で産卵するサケの調査を行いました(今シーズン3回目)。調査範囲は、真駒内川花園橋から豊平川環状北大橋までです。
川を歩きながら、サケが卵を産んだ場所(産卵床)を数え、推定遡上数を算出しています。

豊平川に143か所、真駒内川に7か所のサケの産卵床を確認しました。
地図の中の旗印があるところが、産卵床があったところです。

より大きな地図で 豊平川サケ産卵床調査結果(20121024~26) を表示
(※地図上で陸に見えるところがある場合がありますが、川の地形が変わり、現在は水の中です)

産卵行動中のサケは、豊平橋上流左岸側や平和大橋下流右岸側などで見られました。写真は豊平橋上流で、赤丸内にサケが集まって産卵していました。

また、産卵後に死んだサケ(ホッチャレ)から、大きさ、年齢、放流した魚かどうかの確認調査も行いました。
写真は、標識を確認するために耳石(じせき)をホッチャレから採集しているところです。

《2012年10月26日現在の累計数》
産卵床確認数(豊平川+真駒内川) 330ヶ所
遡上推定数            約660尾
ホッチャレ確認数          109尾


サケ産卵床調査 in 琴似発寒川(その2)

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ PM4時頃   

 本日、琴似発寒川の産卵床調査をしてきました、が、その前に・・
 NHK生中継!全国版!の取材がありました!日本全国に琴似発寒川のサケが紹介されました!

(収録の様子)

 水中カメラを沈めて、サケの姿を生中継!しかし・・本日は・・夜明け前の雨で川が濁ってしまいました・・無事に姿が撮影できるかドキドキ・・が、中継直前にサケがカメラの前に来てくれました!サケさんありがとう!

 生中継終了後、サケの産卵床調査をしてきました。(朝5:00から川にいたので眠たい・・)寒月橋下流では、30尾ぐらいのサケたちを見ることができました。

(寒月橋下流から撮影)

 オスのサケが激しくケンカをしていました。

(ケンカをするオスのサケ)

 農試公園橋下流でも、サケたちの産卵が多くなってきました。

(農試公園橋下流から撮影)

 農試公園橋下流は、川の流れがゆるいので、観察しやすい場所です

(産卵行動中のサケたち)

 サケシーズンも中盤となりましたが、まだまだサケたちを見ることができます。是非、川に帰ってきた、たくましい姿のサケたちを見てあげてください !


真駒内川公園橋のサケ情報(続報)

カテゴリ:できごと,豊平川,News — a @ AM9時頃   

昨日、さけ科学館すぐ横の真駒内川公園橋にサケが来ています!とお伝えしましたが、今朝確認したところ、新しいメスがすぐ横で穴掘りをしていました。
きれいなオスも隣で泳いでいました。
真駒内川公園橋から上流側で橋の真下です。
まだ数日は、観察できると思います。

昨日のメスは、もう見あたりませんでした。


2012/10/25 (木)

真駒内川でサケ確認

カテゴリ:その他の川,できごと,サケ情報,News — m @ PM2時頃   

10/25現在、真駒内川にサケを見つけました。
場所は、さけ科学館横の公園橋の上から上流側をのぞいた、真下です。
真駒内川にいたサケ
わかりづらいですが、丸印の中にサケがいます。尾びれが白いのでこの下に卵を産んでいるメスのようです。
真駒内川にいたボロボロのサケ
同じく、公園橋から上流側をのぞいて、左の岸の方に、少しボロボロのサケも見つけました。こちらはもうこれ以上産卵しないように見えます。
真駒内川サケ産卵床
2匹のサケがいた、少し上流に産卵床(サケが卵を産んだ場所)を見つけました。ボロボロのサケはこの産卵床に卵を産んだのかもしれません。

このサケたちを見られるのは長くてもあと2日ほどでしょうか。
真駒内川に遡上するサケはもともと少ないですが、これから先は気温が下がり、真駒内川の水温は下がります。
豊平川中流(JR苗穂駅)あたりは湧き水が湧いていて冬でも寒くなりすぎないので、サケたちは豊平川中流域を選んで産卵するようになります。


2012/10/21 (日)

豊平川サーモンウォッチング

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — s @ AM10時頃   

豊平川サーモンウォッチングを行いました!
時おり雨の降る中、豊平川サーモンウォッチングにご参加頂き、ありがとうございます。
本日は、水穂大橋の上からサケが泳いでいる姿を観察し、川の側で捕獲したサケについて色々と勉強をしました。

今現在、豊平川のサケ観察ポイントは水穂大橋です!橋の上から観察する事ができます。


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->