2012/1/12 (木)

豊平川サケ産卵床調査(7回目・最終回)

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — a @ PM3時頃   

1月11日に、今年度最後の産卵床調査をしました。
9月から始まったサケの遡上もそろそろ終盤。
水温1度の中、最後のサケたちがまだがんばっていました。

最低気温は-10度、水に濡れたウェーダーがバリバリと凍る寒さでした。
寒いけど、最後だからがんばろうと思った矢先に、川が濁り、川底が全然見えなくなってしまいました。11月にもこんなことがあったと思い、確認すると、やっぱり川の工事の配水の影響でした。濁り水はサケの卵の成長の大敵です。
すぐに止まってくれるとよいのですが・・・。
濁り水
サケがいる範囲を調査しましたが、川底が見えないので、この日、確認できたのは、新しい産卵床が26箇所とホッチャレ1尾のみでした。
(※旗が立っている場所が、産卵床があったところです。一部、陸上に産卵床が位置しているように見える箇所がありますが、川の地形が変わっており、現在は水中です)

より大きな地図で 豊平川サケ産卵床調査結果(20120111) を表示

どっさり雪が積もった河川敷を歩いていると、けものの足跡がたくさん。

キツネでもいるのかな?と思ったら、本当に出てきてくれました。
ふさふさのかわいいキツネでした。

《2011-2012年の累計》
産卵床確認数 豊平川 693ヶ所
       真駒内川 13ヶ所
遡上推定数  約1410尾


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->