2011/11/23 (水)

琴似発寒川サケ産卵床調査に。

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ PM2時頃   

景色は雪で真っ白になっていましたが、川の中ではサケたちが元気に泳いでました。(^-^)
寒月橋と農試公園橋の中間にある「いたどり橋」の上流側でサケたちが産卵行動をしていました。

赤矢印の位置でサケが5尾ぐらい見えました。橋の上から観察しやすい場所でした。

農試公園橋下流でも20尾ほど(赤矢印の位置)のサケを見る事ができました。

寒くなってきましたが、今月中は観察できそうです。(^-^)

産卵床確認数(11/23現在) 193ヶ所


2011/11/19 (土)

サケの赤ちゃんの展示を始めました

カテゴリ:できごと — m @ PM5時頃   

サケの赤ちゃんを展示しています。
おなかに栄養のオレンジ色の袋(卵黄のう)をつけています。
サケの赤ちゃん

展示場所:本館展示ホール
展示期間:2012年2月12日(日)まで


2011/11/18 (金)

豊平川サケ産卵床調査(4回目)

カテゴリ:できごと,サケ情報,豊平川,News — a @ PM8時頃   

11月16日と17日に、豊平川に遡上するサケが卵を産んだ場所と、ホッチャレ(死んだサケ)の計測調査をおこないました。

16日はよいお天気でしたが
17日は一転、雪景色でした

豊平川のサケの遡上時期は9月~1月ですが、遡上した順番に産卵し、死んでいきます。このホッチャレから、サケの性別、大きさ、年齢、標識の有無(放流魚には標識がついています)を確認しています。

今回は、たくさんのホッチャレがありました。
サンタさんのプレゼントならぬ、ホッチャレのプレゼント。
ホッチャレは、水の中にあればにおわないのですが、陸に上げると臭いが・・・。

今回は、141ヶ所の産卵床(サケが卵を産んだ場所)を確認し、100尾のホッチャレを調べることができました。
これまで、JR鉄橋より上流に多く産卵していたのですが、今回は、JR鉄橋から北13条大橋の間にもたくさんの産卵床があり、まだ、産卵行動中のサケもたくさんいました。

川岸などからサケが観察できる場所は、一条大橋上流、東橋下流、JR鉄橋下流にありました。

より大きな地図で サケ観察ポイント(20111117) を表示

JR鉄橋下流約400mの左岸側に階段護岸があり(赤い矢印のところ)、間近に観察できます。

東橋で産卵を終えたメスザケ(赤い矢印)

ホッチャレ調査をしていたら、幼鳥のカモメが近寄ってきました。
計測後のホッチャレを狙っていたのでした。

《11月17日現在の累計》
産卵床確認数 豊平川 563ヶ所
       真駒内川 13ヶ所
遡上推定数  約1150尾


『ちびリンカレンダー2012』発売開始

カテゴリ:できごと,News — a @ PM6時頃   

毎年、ご好評いただいているちびリンカのカレンダーの2012年版ができあがりました。今回も、作者のかじさやかさんの手作りです。

中身はこんな感じです。


数に限りがありますので、お早めにお求めください。

『2012ちびリンカレンダー』
  大 き さ A4サイズ
  タ イ プ 壁掛け(1枚で2月分、計7枚)
  価  格 300円(税込み)
  販売部数 限定60部


オリジナルトートバック

カテゴリ:できごと,News — a @ PM6時頃   

さけ科学館オリジナルトートバックができました。

これは、株式会社札幌パーツさんからサケ稚魚放流事業へ支援のお申し出をいただき、商品化されました。
この商品の売り上げは、全額サケ稚魚放流事業に寄付されます。

『さけ科学館オリジナルトートバック』
 価  格 200円(税込)
 販売個数 限定50個


2011/11/13 (日)

卵の数は?(^-^)

カテゴリ:できごと — s @ PM3時頃   

 さけ科学館では、採卵したサケの卵は全て数えてます。数える事により、放流するまでに死んだ数を引くと、正確な放流数が分かります。 では、どのようにして卵の数を調べると思いますか?それでは、数え方を紹介します!


 卵がいっぱい入ったザル・・どこから手をつければ・・途方に暮れてしまいます・・


 そこで登場!「卵数板(らんすうばん)」!手作りしました!一度、ザルからすくうと「100」粒が板に入ります。


 卵の直径は、約7㎜(重さ約0.2g)ですが、卵の形は完全な円形ではなく緩やかな楕円を描いているので、卵数板の穴の直径は7㎜以上にしています。穴のふちは、卵が傷つかないように丁寧に削ってあります。


 卵数板を使い、右から左へ卵を移しかえ、板ですくった回数を数えます。(30回なら、3000粒!)


 卵数板に、卵がのらなくなると「カウンター」の登場です!「卵すくい」を使用して数を数えます。余談ですが、一粒ずつ数えると時間がかかるので、卵すくいにのった卵の配置を見て、グループごとに数えます。数えている最中に他のグループの配置をチェックする事により、より早く数える事ができます。大事な事は、自分が数えられるだけすくう事!(昔は、このやり方で数えていました・・慣れてくると、♀1尾が持っている卵を20分ほどで数える事ができます)

 ♀1尾の持っている卵の数は、約3000粒です。卵数板で卵を数えると、5分ほどで数える事ができます。(^-^)


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->