2010/7/17 (土)

真駒内川ミニすいぞくかん、オープン

カテゴリ:できごと — o @ PM4時頃   

きょう、1時間だけのミニすいぞくかんがオープンしました。
たくさんの来場者
たくさんの方が生き物たちに会いに来てくれました。

直前に横の真駒内川からとってきた生き物たち。
ヤマメ、そしてスジエビ。
これはヤマメとスジエビ。

ハナカジカ、時々フクドジョウ。
こっちはハナカジカとフクドジョウ。

ふれあい。
タッチプールも大人気でした。

生中継のテスト中。
きょうはインターネットライブ配信のテストもしました。
参加者のみなさまにはご協力をいただき、ありがとうございました。

さいごにスペシャルゲストのアオダイショウ。
「たまたま通りかかったら…ぎゃふん!」
「くにえ」ではないと思いますが、今日一番の盛り上がりでした。

きょうのすいぞくかんを一緒に開催した真駒内川水辺の楽校では、8月に真駒内川での魚とり体験を予定しています。
「今度は自分でつかまえてみたい!」という人は、ぜひご参加ください。


2010/7/15 (木)

1回100円のおたのしみ『エサ販売中』

カテゴリ:できごと — m @ PM12時頃   

毎日限定で、館内の生き物にエサやり体験ができる、エサを販売しています。
夏季(~9月中旬まで)は、『サケのエサ』と『イトウのエサ』を販売しています。

『サケのエサ』(限定40個)¥100/売店横で販売
『イトウのエサ』(通常限定15個)¥100/売店で販売

※※夏季(~8/28)は毎月2~3回「わくわくたいけん サケたちのエサやり」も行っています。こちらは、サケたちが満腹になるまで無料でやり放題です。実施日時はトップページのイベントカレンダーでお知らせしています。(2016年5月12日一部改訂)

『サケのエサ』

サケの仲間が泳ぐ池にエサを投げ入れる体験です。
かってね。
サケのエサは売店横で販売中(1回¥100)
サケエサあたり
エサは小さいつぶつぶで、やりごたえがあります。当たりが出たら、売店でもう1回分もらえます。

『イトウのエサ』

エサやりできるイトウは大きいですよ!

イトウの泳ぐ池にエサを投げ入れる体験です。

大きい一口サイズのエサ3つ入って100円です。本館売店で販売中です。エサは冷凍のオキアミです。あっという間ですが、迫力があります。

毎日限定数に達すると売り切れになります。休日の午後は売り切れになりやすいので、お早めにゲットして下さい。


2010/7/14 (水)

村上康成さんグッツ充実しています!

カテゴリ:できごと — m @ PM1時頃   

さけ科学館の本館入り口横には、うっかり見逃してしまいそうな小さな売店があります。
そこから、今回は『村上康成さんグッツ』を紹介します。

村上康成さんは、自然の生き物をコロコロとしたかわいらしいタッチで描く、人気の絵本作家さんです。さけ科学館では、かわいらしい魚モチーフのついた商品を中心に充実した取りそろえで扱っています。


絵本ピンクシリーズ(4種類)¥1300

絵はがき She loves TROUT ¥700

絵はがき クールウォーターズ¥800

絵はがき あまご日和¥800

ウォッシュタオル(3種類)¥500

ウォッシュタオル 右側のは薄手でお買い得です¥350

フェイスタオル(2種類)¥1000

ミニタオル(2種類)¥400

刺繍プチタオル¥600

マグカップ(2種類)¥1300

手にとってじっくりとお気に入りを選んでください。お待ちしています。


アゲハのサナギ

カテゴリ:できごと — o @ PM12時頃   

さけ科学館職員の自宅庭にある夏みかんの鉢には、毎年アゲハ(ナミアゲハ)が産卵します。
もうすぐ丸坊主!?
今年も食欲おうせい、こんなに食べられちゃってます。

どっちもアゲハの幼虫
アゲハの幼虫です。小さいうちは鳥のフンみたい、大きくなると保護色と目玉模様です。

あちこちにサナギが!
鉢の近くを探すと、あちこちにサナギがあります。
サナギをひとつ持って来て、さけ科学館の図書コーナー受付のところで展示しています。
羽化の様子が見れるといいですね。


スズメの巣立ち

カテゴリ:できごと — o @ AM11時頃   

ナゾ毛玉?
さけ科学館事務室の横にナゾの毛玉が!

「ヒナです!」
スズメの巣立ちヒナでした。
今年2巡目のヒナが巣立ちを始めました。

「ごはんよぉ~!」
まだ巣箱の中にいるヒナのためにエサを運ぶ親スズメ。
心なしかお疲れのように見えます。
何はともあれ、無事に巣立ってよかったです。


2010/7/13 (火)

「世界でひとつだけのサケ缶をデザインしよう!」ワークショップ♪

カテゴリ:できごと — m @ PM6時頃   


色えんぴつを使って、サケ缶のラベルをデザインして、オリジナルのサケ缶を作るワークショップの受付を始めました。出来あがったサケ缶がもらえる、お得な企画です。講師として、リンカちゃんの産みの親、漫画家のかじさやかさんが来て下さいます。

『世界でひとつだけのサケ缶をデザインしよう!』ワークショップ
日時:7月24日(土)/14:30~16:00
場所:さけ科学館実習館
申込方法はこちらをご覧ください。


« 前ページへ次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->