2009/7/28 (火)

アオダイショウとスズメのヒナ

カテゴリ:できごと — o @ PM7時頃   

アオダイショウの「くにえ」
ども、アオダイショウの「くにえ」です。
え?そんなとこに登って何してるかって?
いえね、そこの巣箱からチュンチュンとうまそうな、いや、かわいい鳴き声がするもんでね、ちょっとのぞいてみよっかなー、なんて思っただけなんですよ。ハイ。
巣箱から旨そうな…
いやいや!けっしてスズメのヒナを捕って喰おうなんて、めっそうもない!
ヒナ、カワイイんだろうなぁ~
ちょっとだけ、見たいなぁ~
あっ、ちょっと!
あっ!ちょっと!やめて!もうしません!ゆるして!

…あぁびっくりした。
急につかんで遠くの草むらまで連れてくんだもんなぁ。
ニンゲンって野蛮だよなぁ。


2009/7/20 (月)

もうすぐサナギ、ゲンゴロウ

カテゴリ:できごと — o @ AM11時頃   

6月15日に採集してきた、1齢幼虫だったゲンゴロウ。
最初は手頃な大きさのエサの調達が難しかったので、色々な生き物が居着いている屋外の容器で育ってもらいました。
オナガウジをチュウチュウ
ぶっとい3齢(終齢)幼虫に成長し、上陸してサナギになるのも近そうなので、タイミングを逃さないよう、事務室にお引っ越ししました。
引っ越しました
環境が変わったのも気にせず、すぐにヒメダカを狙います。
「ガシィッ!」
おっきなヒメダカも余裕でつかまえられるようになりました。
おいちい
ピエロのような目で、おいしそうにチュウチュウしてます。
近いうちにエサに反応しなくなり、そわそわ動き始めたら、今度は土の上に引っ越します。


メダカのようちえん

カテゴリ:できごと — o @ AM11時頃   

玄関前の睡蓮鉢に入れた野生系統のメダカ。
スイレンの花(奥の鉢はアギナシ)
産んだ卵を隣の小さな鉢に移し、現在稚魚がすくすくと育っています。
メダカのこっこ
親の方は…少し緑水になっていることもあり、ほとんど見えません。
保護色の 野生メダカは 見づらいよ
※赤丸のところにメダカがいます(マウスカーソルを置くと拡大表示)。
…見て楽しむには、やはり目立つヒメダカの方がいいのかもしれません。


2009/7/14 (火)

セミのぬけがらしらべに参加しよう!

カテゴリ:News — o @ PM5時頃   

札幌市博物館活動センターでは、去年に引き続き、札幌市内で見つけたセミのぬけがらをみなさんから届けてもらう調査をおこないます。
すけさん、かくさん、やっておし(略)
写真のまん中は、先日石垣島で拾ってきたクマゼミ(ヤエヤマクマゼミ?)なので、対象外です。
両脇の小さいのは、札幌のエゾハルゼミです。
今年はぬけがらをさけ科学館にも提出できます!
くわしくは [こちら] のページをみて、どしどし参加してね。


2009/7/12 (日)

星置川さかなウォッチング

カテゴリ:できごと — o @ PM4時頃   

きょうは毎年恒例の星置川さかなウォッチング。
見るだけじゃなく、川に入って魚をつかまえます。
草bohboh
草ぼうぼうですが、この草の中に魚がかくれてるんです。
モクズガニもとれるポイントなので、みんな「カニカニィ~!」と言いながら網であちこち探ってました。
そのほか、シマウキゴリ、ウキゴリ、ヌマチチブ、カンキョウカジカ、ウグイ、ニジマス、ドジョウ、ヌマエビ、スジエビ、ヤゴなどがとれました。
とれたぁ~?
きょう使ったタモ網は、さけ科学館で1本800円で販売中です。
オススメたも網
とにかく丈夫で使いやすくて、オススメです。


2009/7/11 (土)

真駒内川ミニすいぞっかん

カテゴリ:できごと — o @ PM3時頃   

きょうは真駒内川の生き物を紹介する「ミニすいぞくかん」を開きました。
みず、おおいね
きのうはたくさん雨が降ったので、真駒内川の水はかなり増えています。
とあみのプロも苦労する増水
ふだんより大変でしたが、いろいろな魚や虫などをたくさんつかまえました。
ミニ水そうのすいぞっかん!
水そうに入れた生き物をじっくりかんさつ。いろんなのがいるね。
いたのはヤマメ、エゾウグイ、フクドジョウ、ハナカジカ、スナヤツメ、モツゴ、イバラトミヨ、スジエビ、ヘビトンボ幼虫などです。
たけうちさんと、ぬまたさん(うしろ)
魚とりから手伝っていただいた、真駒内川水辺の楽校の竹内さんと沼田さん。
魚とりが体験できる、8月8日の「夏の活動」の宣伝もしていただきました。
ちょっとひえるけど、たのしいね
いよいよお楽しみ、即席タッチプール。
魚がたくさんいたのと、みんなやさしくさわってくれたので、元気に川に帰してあげることができました。


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->