2009/5/26 (火)

エゾサンたまり不定期レポ3

カテゴリ:できごと — o @ AM10時頃   

きのうの休館日、例の水たまりの近くに行ったので見てきました。
例の水たまり
水はいい感じにたまっています。
卵嚢の残骸はありますが、中身は入ってません。
水底の落葉を少し揺らすと…うにょ~ん!と出てきました。
うにゃっ。
エゾサンショウウオの幼生です。
ほっぺから平衡桿(へいこうかん、balancer)がおひげのように出ています。
バランサー
今のところ順調そのものです。
このたまりにはエゾアカガエルの卵も少しだけありましたが、エゾサンショウウオの方が圧倒的に多いので、オタマが生き残るのはきっと大変でしょう。
ただ、両者の天敵、大型ヤゴもいそうな雰囲気です。
エゾハルゼミの羽化殻
ちなみにこれはヤゴじゃないです。って、言わなくてもわかりますよね。
続く(と思う)。

シリーズ記事(タイトルが思いっきりバラバラですが)
 さんちゃんの水たまりにて(4/25)
 エゾサンショウウオ時々かんさつ2(5/11)


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->