- 札幌サケ情報blog.+ 【豊平川さけ科学館】 - http://www.sapporo-park.or.jp/blog_sake -

干し鮭づくり2

さて、前回の続きです。
1週間以上塩漬けにした鮭を、水を流しながら半日ほど塩抜きします。
塩、抜けました
表面に残った白いヌルを木っ端でゴシゴシとこそげ落とします。
この鮭は鮮やかな赤模様が残って綺麗ですね。
水気をふき取って、あとは干すだけです。
あとは干すべしっ!
尾の付け根を麻縄で縛り、開いたおなかは良く干ささるよう、割り箸のつっかい棒を2本入れます。
切腹は嫌っ!
おなかを切らずに残す場所は、もう少し頭寄りの方がバランスがよかったですね。ちょっと失敗しました。
逆さ吊り
陽が当たらない屋根のひさしの下に、頭を下にして吊るしました。
腹の中もよく見えます
お客さんからは窓越しに間近に見ることができます。
ちなみに食べる予定はありません。できるだけ長く吊るしておこうと思います。

作り方の参考にしたページ: 塩引き鮭の作り方(村上市)