2008/11/30 (日)

オシドリ巣立ち 映像&パネル展 【終了】

カテゴリ:News — o @ PM5時頃   

’08 オシドリ巣立ち「12番目の雛」上映【終了しました】
12番目の雛

今年の6月、札幌市立真駒内曙中学校の校庭の真ん中にあるハルニレの木から、オシドリの親子が巣立ちました。
その様子を物語風に10分の映像とパネルで紹介しました。

熱心にご覧いただいています

と き:2008年11月15日(土)~30日(日)【終了しました】
ところ:札幌市豊平川さけ科学館・本館展示ホール
主 催:NPO法人真駒内芸術の森緑の回廊基金
協 力:札幌市豊平川さけ科学館

期間中は多くの方にご覧いただきました。ありがとうございました。


2008/11/29 (土)

サケ皮靴ストラップ 好評販売中

カテゴリ:News — a @ AM11時頃   

 サケ皮靴ストラップ
昔、アイヌの人はサケの皮を靴や服に利用していました。
さけ科学館オリジナルのサケ皮靴ストラップが好評です。
皮の色やもようがひとつひとつ違うため、世界に一つだけのストラップです。
職員が手作りしているため、数に限りがあります。

1個300円


2008/11/28 (金)

サケ産卵床&標識魚調査 11月26日-28日・豊平川

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — a @ AM9時頃   

今シーズン5回目のサケ産卵床(卵を産んだ場所)調査と標識確認調査をしましたが、工事排水で川が濁っていました。

工事排水
幌平橋下流で堰堤工事が始まり、排水トラブルがあったようで、泥水が流されてしまいました。

川が濁る
泥水によって砂利の間に泥がつまり、卵や仔魚が窒息したり、稚魚が浮上できなくなる可能性があります。
2日後には濁りは収まっていましたが、すでにたくさんのサケが産卵を終えているため、川底にある卵への影響が心配されます。

26日は濁流の影響が少なかった場所を調査し、28日に改めて調査を行ないました。 
【本日までの確認数】
 産卵床:372ヶ所 ・ 調査親魚:92尾(うち21標識魚) ・ 推定遡上:約700尾
 ※寒くなってサケが増え、遡上数は昨年の7割にまで回復してきました。
 ※今年の調査では、現在のところ77%が自然産卵魚です。

産卵床のメス
サケが観察できる場所は、水穂大橋から約300m下流の右岸側(下流に向かって右側)で、浅瀬で産卵しているサケが10尾ほどいました。
また、東橋から下流を見ると、真下に産卵床を守るメスが2尾見えます。

JR鉄橋下流
JR鉄橋の約200m下流にも10尾ほどのサケが産卵をしていました。
水温は1度と低くなったため、湧き水の多い、下流での産卵が多くなりました。


2008/11/20 (木)

雪景色とデカオス

カテゴリ:できごと — o @ PM6時頃   

札幌は昨夜からの雪がかなり積もり、一気に冬景色になりました。
「キレイ…」と「いよいよ来たか…」、思わず二重のため息をついてしまいます。
雪景色

さて、さけ科学館の展示・採卵用サケは、千歳川のインディアン水車から週に1回運んできています。
トラックにタンクと酸素ボンベを積んで、20~30尾を弱らせないよう、細心の注意を払ってお連れいたします。
実は今年、千歳川の遡上数も非常に少ないため、予定数がもらえず/提供できず、毎週お互い大変な思いをしています。
そんな中、今日も行ってきました。数少ないサケの中に、立派なオスがいたので写真を撮ってみました。
デカいんです
…ちっちゃい写真だと今イチ迫力が伝わりませんね。
 
迫力顔
これでどうでしょう。眼の上から鼻先にかけての逆カーブがりりしいです。
 
真正面顔
さらに正面顔。ド迫力です。このあと水槽で大いばりしそうですね。

※ このデカオス、体長795mm、体重5550g、年齢満4歳でした。(11/22)


2008/11/19 (水)

遅れて大群、戻ってきたよ!【琴似発寒川】

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — a @ PM5時頃   

琴似発寒川でサケの産卵床調査をおこないました。
今年はこれまでサケの遡上がとても少なかったのですが、今日はたくさんのサケを確認することができました。
オススメの観察ポイントは、農試公園橋から下流に向かって右側の堤防沿いを約50m進んだあたりで、ケンカで白くなったサケがたくさんいます。
目視でメス21尾、オス23尾もいました。
農試公園橋下流
   矢印はケンカで白くなったオスザケ

寒月橋下流、メス8尾、オス6尾(目視)
寒月橋から 
    矢印のところにサケがいました
  
いたどり橋上流・酒精前付近、メス16尾、オス14尾(目視)
いたどり橋上流

【本日のサケ確認数 産卵床107ヶ所、捕獲12尾】 
遅れながらもサケは産卵のピークを迎えているようです。
だいぶ寒くなりましたが、やっと観察できるようになりましたので、ぜひどうぞ。

死体魚を測定していたとろ、あぶらびれのないサケを見つけました。
ヒレなし?
下のサケは○部分にあぶらびれがありません。2歳、オス。
石狩川水系の豊平川では、あぶらびれを切除して放流する調査しているため、この個体は豊平川からの迷いザケです。母川に戻らない迷いザケは数%いると言われていて、これの個体は開拓精神旺盛だったのでしょう。

残念なことに、またアカミミガメを見つけました。  
アカミミガメ
アカミミガメは、「ミドリガメ」と呼ばれ縁日やペットショップで売られています。飼いきれず捨てられたのでしょう。北海道にはもともとカメはいません。川には放さないでください。
 
 


星置川でもサケ産卵

カテゴリ:サケ情報,星置川 — a @ PM3時頃   

星置川でサケの産卵床調査をおこないました。
9月には水が涸れて、とてもサケが戻ってこられないような環境でしたが、今回は水量も回復していて、産卵中のサケの姿も見られました。
【本日の確認数 産卵床12ヶ所】

JR鉄橋の堰堤下には6ヶ所の産卵床があり、5~6尾のサケがいました。
JR鉄橋下  
○は産卵床を確認した場所

星流橋から下流をのぞくと、産卵後のメス1尾とオス3尾が泳いました。
星流橋
星置川のサケは遡上したばかりのようで、まだ死体魚はありませんでした。

10月観察会が中止となってしまった星置川で、まさか11月下旬にこんなにサケが来るとは思っていませんでした。
星置川のサケが途絶えなくてよかったです。


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->