2008/10/29 (水)

エゾトミヨ合同調査

カテゴリ:できごと — o @ PM5時頃   

札幌市内では生息地が限られるトンギョ「エゾトミヨ」の調査に行ってきました。

一緒に行ったのは、おたる、ニクス、サンピアザ、千歳サケのみなさん(短縮してスイマセン)と、水中写真家のKさんと、本州から旅行に来ているKさんのお母さん。毎年この時期恒例で、さけ科学館が場所決めを担当してます。

最初に行ったのは、でっかいドームの近くで、でっかいエゾトミヨがたくさんいる場所。
こんな場所だけど、でかいのがゴロゴロ。
でもここのエゾトミヨは見た目が何だか妙で、イバラトミヨが混じってるのかな?という雰囲気があります。
混じってる、かも。

次に行ったのは、そこからずーっと下った場所。
時折ガタンゴトンと音がする場所。
ここは川底一面にコンクリートが敷き詰められていますが、海と行き来できる場所なので、魚の種類は案外多かったです。エゾトミヨよりもイバラトミヨの方がたくさんいました。

最後は別のでっかいドーム状建築物のすぐ横。
マガモさんの恋路の邪魔しました。
マガモがたわむれる浅い池と、植物が生い茂る水路です。
ぬかるむ。
ここのエゾトミヨは普通っぽい姿をしてて、何だかホッとしました。

例年秋はサケ漬けの日々ですが、今年はそのサケも少なくてストレスがたまる一方です。そんな折り、久しぶりに楽しい調査になりました。

千歳サケさんおたるさん も、今日の調査をブログで紹介してますよ。見てね。


2008/10/27 (月)

産卵床&標識魚調査 10月27日・豊平川

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — a @ AM9時頃   

 今シーズン、3回目の産卵床(卵を産んだ場所)調査と標識確認調査をおこないました。
 
 【本日までの確認数】
 産卵床:170ヶ所 ・ 調査親魚:41尾(うち5標識魚) ・ 推定遡上:約340尾

 少し雨が続いたので、サケが増えているかと期待しましたが、今シーズンで一番サケが少ない日でした。観察に適したところは、残念ながらほとんどありませんでした。

 唯一観察できる場所は、JR苗穂駅近くの東橋でした。橋の上から下流側を見るとサケが2尾見えました。産卵を終えたメスザケなので、まもなく寿命を迎えると思います。

 山鼻川との合流点付近と、藻岩橋付近も調査しましたが、サケの姿はありませんでした。代わりに、ヤマセミを見ることができました。

 天気が悪く、写真のない報告ですみません。


2008/10/17 (金)

サケの受精卵はじめました

カテゴリ:News — o @ PM5時頃   

サケの受精卵の展示を始めました(カラフトマスも同時展示中)。
おめめくりくり!
卵は受精後約1ヵ月で黒い眼が透けて見えるようになります。
この状態を発眼卵(はつがんらん)と呼び、多少の振動や衝撃にも強くなります。
来年1月中まで、入れ替えながら展示を続けます。カワイイですよ。


2008/10/16 (木)

環状北大橋からサケ ― 10月16日 ・ 豊平川

カテゴリ:豊平川 — o @ PM4時頃   

さけ科学館ボランティアの木幡さんからサケ観察情報をいただいたので紹介します。

「環状北大橋の下にサケが7匹いました。
左下がメスであとはオス(クリックして拡大)
写真は橋の上から撮ったものです。
橋の上流側にサケがいて、橋の上からでも見ることが出来ます。
5匹がいた場所から4~5m離れたところでも2匹いました。
こっちは穴を掘っている最中みたいでした。

右岸側(白石区側)の河川敷からも見れます。
河川敷から見ると…(クリックして拡大)
河川敷から見た写真です。右端の場所が5匹集まっていた場所です。
上から見るほうが、川が輝からない分見やすいです。」

【木幡さんからの続報・10月18日】
2日後、オスたちはいなくなり、メス2匹が産卵場所で卵の上に砂利をかぶせ続けていました。
橋の上から見た産卵床2ヶ所(クリックして拡大)
写真の左上と右下に産卵場所を守るメスがいます。

写真右側に小魚がたくさんいます(クリックして拡大)
メスザケのうしろには、卵や巻き上げられた水生昆虫をねらって、ウグイやヤマメなどの小魚が集まります。

死ぬまで砂利を掛け続けるメスザケ(クリックして拡大)
メスは体を横にして尾びれで砂利を掛け続けます。

※環状北大橋の下流右岸側には駐車場があるので、お車の方でも見に行きやすい場所です。


2008/10/13 (月)

産卵床&標識魚調査 10月13日・豊平川

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — a @ PM6時頃   

 今シーズン、2回目の産卵床(卵を産んだ場所)調査をおこないました。
 
 【本日までの確認数】
 産卵床:101ヶ所 ・ 調査親魚:25尾(うち4標識魚) ・ 推定遡上:約200尾

 まだサケが少ない状態が続いていますが、サケの姿は確認できました。
 メスの穴掘り
      穴を掘るメスザケ

 サケが観察できる場所は、南大橋付近より上流に向かって右側の岸を500mほどの場所です。
 サケが見られます!
    赤い矢印の場所に川に下りる階段があります。
   サケが産卵した場所がたくさんあり、数匹のサケが見られました。

 また、東橋(工事中の借り橋)から下流側をのぞくと、流れの左側に卵を産んだ場所(産卵床)とサケが1~2匹見えます。
 東橋
    赤く囲ったあたりにサケがいました。
    産卵を終えたサケなので、寿命は近いかも知れません。

 調査は、産卵した場所の確認と、ホッチャレ(死体)に放流標識が付いているかを確認しています。
 また、耳石からとなりの千歳川に戻るはずのサケがいないかの確認も調べています。
  耳石調査
    耳石採取(千歳川から放流されたサケの耳石には印がついています)

 なお、10月1日にたくさん見かけたサクラマスの産卵は終わったようで、たくさんのホッチャレ(死体)がありました。


採卵解剖実習申込開始しています

カテゴリ:できごと — m @ AM11時頃   

秋の実習「サケの採卵解剖実習」の受付を開始しています。申込なしで気軽に参加できる「土曜体験」に対し、実習は申込ありでじっくり学べるプログラムです。採卵の他にも、親ザケの解剖や卵の観察などを行い、サケ博士になれちゃいます!

解剖もしますよ。。。

「サケの採卵解剖実習」申込のページはこちら

 


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->