2008/4/30 (水)

「さけこっこっ」販売開始

カテゴリ:News — a @ PM6時頃   

 サケの中骨を利用したつくだ煮が、白老町虎杖浜の本間水産で開発されました。
 その名も『さけこっこっ』。
 骨の芯までやわらかく、カルシウムやビタミンがおいしく食べられます。
 さけ科学館で販売を始めました。
 さけこっこっ
 フレークタイプ 150g 500円
 ブロックタイプ 150g 500円
 冷凍商品で、賞味期間は3ヶ月です。

 まだ、発売されたばかりで、札幌ではさけ科学館のみでの販売だそうです。
 館では試食もできますので、ぜひ、お味見ください。

※2011年1月現在、販売をお休みしています。


2008/4/29 (火)

みんなでたまごにさわりました。

カテゴリ:できごと — m @ PM6時頃   

なんだコレ~??

4/26の「土曜体験 カエルとサンショウウオの卵にさわってみよう!」は、大盛況のうちに終了しました。写真は、サンショウウオの卵にさわっているところ。卵の他に、館で飼育している、カエルやサンショウウオの成体にもさわってもらいました。最初ははじめてでおっかなびっくりの子が多かったのですが、時間を追うごとにさわれるようになっていくのが、うれしい企画となりました。みんな、今日の手触りを思い出にしてくれたかな?
 


巨大サケの剥製(はくせい)展示

カテゴリ:News — o @ PM6時頃   

昨年秋、えりも地方で漁獲された巨大サケを剥製にしたものを、所有者のご厚意により、期間限定で展示中です。
超巨大!サケ
展示場所は展示ホールと飼育展示室の間の壁面です。
超巨大!新巻鮭
内臓を抜いた新巻状態のときに、全長93cm、体重9.1kgもありました。魚屋さんの話では、推定13kg!とのことです。
この機会に、大迫力の姿をぜひごらんください。


2008/4/26 (土)

サケたちの粒エサ、販売再開!

カテゴリ:News — o @ AM8時頃   

昨年の夏好評だった、サケの粒エサの販売を再開しました。
やってみてね。
固形の小粒のエサがたくさん入って100円です。もうひとつの販売エサ、イトウ用の冷凍オキアミブロックは大迫力ですが、100円で3個なので、あっという間に終わってしまいます。長もちするから粒の方が好きという方は、ぜひお楽しみ下さい。


2008/4/25 (金)

日本最チビ!のハゼ

カテゴリ:News — o @ PM1時頃   

※5/11で展示終了しました(一部水槽は継続展示)。
好評のボランティアプライベートワーク展、石垣島の岡田さんから生体第2陣が到着しました。日本最小のハゼ、ミツボシゴマハゼです。
【5/3追記】どうやら違う種類(たぶんマングローブゴマハゼ)も混じっているようです。
ミツボシゴマハゼ?
さっそく水槽を設置して展示しています。一緒に届いた、種がはっきりわからないサワガニ(リュウキュウ?ミネイ?)もいます。
展示風景
木幡さんのスライドショー(720枚!)は、お客さんのご要望に応え、種がわかるよう木幡さんが一覧表を作ってくれました。おつかれさまでした。


サクラサク

カテゴリ:できごと — o @ PM1時頃   

今年の桜は早いですね。真駒内公園の桜も見事に咲いています。公園奥のカタクリも今が見頃だとか。
実はさけ科学館の構内にも、桜の木が3本あります。
サクラ館
今から9年前に、サーモンスクールの稚魚旅立ちを記念して植えられました。
その後3本とも主幹が枯れてしまい、今は横枝を伸ばして何とかがんばってます。花もまばらですが、3本とも咲かせました。
遠目にはちょっとさびしい感じですが、それでも一輪一輪の花はやっぱり美しいです。
ちなみにさけ科学館スタッフの間で「サクラ」と言うと、もちろんサクラマス(ヤマメ)のことをさします。


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->