2008/3/30 (日)

サクラの季節

カテゴリ:できごと — o @ PM10時頃   

積丹方面の船釣りに行った知り合いの方が、帰りにさけ科学館に立ち寄ってお土産を2本くれました。
ビカビカ!
銀ピカのおいしそうなサクラマスです。

さっそくおなかを開けてみると、まだ小さい筋子と白子が入っていて、オスとメス1尾ずつでした。
胃の中にはサクラマスが食べたオキアミとイカナゴがびっしり。
体長40cmほどですが、海のエサをたらふく食べて、よく肥えてます。
自宅に持ち帰って塩焼きにしましたが、脂がのって最高でした。

サクラマスの名前の由来は、春、桜が咲く頃に川に遡上することから、と言われています。
北海道にも間もなくやってくる桜の季節は、サクラマスの季節でもあります。


「イトウのおなかにさわってみよう!」をしよう!

カテゴリ:できごと — m @ AM9時頃   

3月29日に、土曜体験「イトウのおなかにさわってみよう!」を行いました。

し、しんでるの??

「し、しんでるの~?」いえいえ、もちろん、死んでいません!今回の体験は、春に卵を持つイトウさんの卵の出来具合を確かめる作業の、見学・体験です。おなかをさわって少ししぼってみると、卵が受精できるかどうかがわかるのですが、そのままやると元気なイトウさんは、ビチビチ跳ねて危ないので、作業中は、サカナ用の麻酔で眠ってもらいます。だから、、、死んでないですよ~

さわってみよう!

イトウさんの作業の説明を聞きながら見学したら、せっかく眠っていることだし、いざ!みなさんにもさわってもらいました。「さわりごごち」より、みんなその「大きさ」に、おっかなびっくり、大興奮でした!だって・・・

お、おもいよ・・・

こんなに大きいんですから!!重いし、イトウさんもつらいから、シャッターチャンスは瞬間芸でお願いしました~
残念ながら、今年の卵がとれるのは、もう少しあとのようでした。久しぶりの寒い気温の中、たくさんのみなさんのご参加、ありがとうございました。

このイトウさんのエサやり(1回100円)は、4月中旬までの予定です。

イトウのえさやりは好評につき延長が決定しました!(4/2追記)


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->