2008/1/30 (水)

サケの赤ちゃんスクスク成長中・・・

カテゴリ:できごと — m @ AM10時頃   

11月から徐々にふ化してきた今年度のサケの卵たちも、最後の卵から赤ちゃんが生まれ終わりました。

もうすぐ生まれます

こんな風に、卵の中に見える目の白目の部分が銀色にギラッと光ってきたら、もうすぐ生まれてきます。
卵の中に目が見える「発眼卵」の展示も、今年は終了です。卵と目が合う展示を見逃した方は、また来年までお待ち下さい。

赤ちゃん大集合!

生まれたサケの赤ちゃんたちの展示はもう少し続きます。写真は、びっくりして角に集まる赤ちゃんたち。
よーく見ると、心臓が鼓動しているのが透けてみえて、なかなか感動します。

地下水槽では、群泳する稚魚たちの展示が、5月まで続いています。

 


2008/1/27 (日)

オビラメ(イトウ)の旅立ち

カテゴリ:できごと — a @ PM5時頃   

イトウの南限にあたる尻別川にすむものを地元では「オビラメ」と呼んでいます。
さけ科学館では、保護活動をしているオビラメの会※が繁殖させたイトウの飼育協力をしています。

obirame.jpg
   3歳になったオビラメ

2004年に生まれたオビラメが3歳になり、預かっている魚の一部をオビラメの会に返却しました。さけ科学館では、引き続きオビラメの飼育を行ない、卵が取れる大きさまで育てていきたいと思っています。

オビラメの会から感謝状をいただきました。

obirame2.jpg
    感謝状の授与

obirame1.jpg
    感謝状

※「尻別川の未来を考えるオビラメの会」は、北海道尻別川に生息する「南限のイトウ」保護に取り組むNGOです。
オビラメの会のホームページ 
http://homepage3.nifty.com/huchen/Obirame/


2008/1/18 (金)

あったか商品始めました!

カテゴリ:News — m @ AM10時頃   

札幌は氷点下の毎日で、公園を散歩するにも体が冷えますね。さけ科学館では、にくまんとあんまんの販売を始めました。どこかの帰り、散歩の途中、館内でホカホカのにくまん・あんまん片手にホッと一息つきませんか?

niku_anman.jpg

どちらも1個100円です。
本館入り口売店で販売中。


2008/1/17 (木)

煙突からケムリ?

カテゴリ:できごと — o @ AM10時頃   

今朝の札幌はすごく冷え込みました。最低気温はマイナス12℃を下回ったそうです。
こんな寒い日には、さけ科学館の煙突から白い煙がモクモク出ている、ように見えます。
ケムリ?
何のケムリだろう?と思うかもしれませんが、これは煙ではなくて水蒸気です。
煙突の奥にある、グレーのカバーが付いているところが「クーリングタワー」という設備です。
水蒸気?
地下からくみ上げている飼育用水(地下水)をここで空気にさらして、さらに大きなファンで風を当てて冷やしています。
地下水は冬でも11℃近くありますが、冬場にサケ稚魚を育てるには少し温かすぎるのです。
気温にもよりますが、これで2℃くらい水温を下げることができます。


2008/1/16 (水)

川歩き! ─ 1月16日 ・ 琴似発寒川

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ AM9時頃   

今シーズン、最後の琴似発寒川産卵床調査(川歩き!)に行ってきました!とても寒かったですが、日が照っている事と厚手の胴付きを着ていたので汗だくになってしまいました(^-^;

寒月橋下流ではサケを見る事ができませんでした。その下流の、いたどり橋上流では1尾のホッチャレ♂を見る事ができました。

農試公園橋上流では、たくさんのカモたちがくつろいでました。

たくさんのカモ!

農試公園橋直下では最後の力を振り絞って泳いでました。

たくましい泳ぐサケ!

いつもサケが観察できる農試公園橋下流では、産卵を終えた約6尾のサケを見る事ができました。

農試公園橋下流

今シーズンはたくさんのサケたちが帰ってきてくれました。3月には、去年の秋に産卵したサケの子供たち(稚魚)が泳ぎ始めます。

【今年度の確認数】
 産卵床:394ヶ所 ・ 調査親魚:65尾


2008/1/13 (日)

イトウのエサの販売を始めました!

カテゴリ:News — m @ PM2時頃   

夏期の間販売し、好評だったエサやりですが、冬期も出来るようになりました。
あげるエサは冷凍したオキアミのブロック3個です。大きなイトウにいつでもエサがあげられますよ!来館時のちょっとした楽しみを是非どうぞ!

itouesa.jpg

1個(オキアミブロック3個入り)100円  1日20個限定(お早めに!)
本館入り口売店で販売


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->