2007/11/28 (水)

川の中は大盛況! ─ 11月28日 ・ 琴似発寒川

カテゴリ:琴似発寒川 — o @ PM2時頃   

琴似発寒川も久しぶりの調査となりました。例年ならこの時期から次第にサケが減ってきます。
しかし、2日前の休館日にちょっと見に行ったら、かなりたくさんいそうな気配でした。
今回は産卵場所とホッチャレ(死んだサケ)のカウントのほかに、生きているサケもなるべく重複しないよう数えてみました。すると、白くなった傷だらけから黒くてきれいなのぼりたてまで、いるわいるわ、なんと236尾のサケががんばっていました。
ほかにホッチャレが127尾、産卵床が217ヶ所と、ここ数年で見たことのない濃さです。

農試公園橋下流の観察ポイント
特に多かったのが農試公園橋の下流一帯。写真の範囲に約150尾いました。

産卵場所のサケたち
白くなったサケはこのように見つけやすいですが、写真に写らないきれいなサケも結構いました。

カラスのお食事
ホッチャレもあちこちにあり、カラスやカモメがごちそうにありついていました。
寒いので観察の人もまばらですが、まだしばらく楽しめそうです。

【本日までの確認数】
 産卵床:365ヶ所 ・ 調査親魚:428尾(今回の目視確認個体を含む)


2007/11/27 (火)

川歩き!+標識魚調査 ─ 11月27日 ・ 豊平川

カテゴリ:豊平川 — s @ PM5時頃   

産卵床調査と標識魚調査(アブラビレの有無)をしてきました!今月は、調査予定日になると天気が悪く、また、晴れていても増水のため川に入れない日が続き、調査が延期になる事が多い11月でした。
今シーズンは、観察しやすい場所にサケがいない事が多かったのですが、平和大橋付近で観察できるようになりました!場所は、平和大橋付近の右岸(下流を向いて右側の岸)側の流れで、橋の直下前後50mの範囲です。土手の上から目視で約20尾ほどのサケを見る事ができました。

平和大橋付近観察ポイント!下流から平和大橋を見てます

今シーズンも、そろそろサケ遡上が終わり近くなってきましたが、寒い中たくましくサケたちが泳いでました!

寒い中たくましく泳ぐサケたち!

今日の標識魚調査では、死体魚27尾中14尾がアブラビレなしの標識魚でした。
本日はとても寒い中の調査でした(^-^;

震えながら調査しました・・

【本日までの確認数】
 産卵床:536ヶ所 ・ 調査親魚:183尾(うち標識魚46) ・ 推定遡上:約1070尾


2007/11/7 (水)

カワアイサのお食事 ─ 豊平川

カテゴリ:豊平川 — o @ PM4時頃   

サケとは関係ありませんが、豊平川で野鳥の観察・撮影をしているさけ科学館ボランティアの木幡さんから、またまた楽しい写真をいただいたので紹介します。
カワアイサがヌマガレイを食べている写真です(10月28日撮影)。

パクリ。
  ヌマガレイを咥えてウロウロしているところ
  この時点で既に飲みこめずに5分ぐらいたってました。

ゴクッ。
  飲みこもうとするんだけど・・・

アガガ。
  飲みこめずにちょっと休憩
  ちなみに平べったい魚でもちゃんと頭から食べるんですね。

ヤベッ。
  他のカワアイサに見つかって逃げる。

ええいっ、ゴックン。
  追いかけられて切羽詰ったのか一気に飲みこみました。

ンムギュ。
  苦しいのか今にも吐き出しそうな顔。
  だけど吐き出さずに飲みこめたみたいです。

「前に見たときは何度も吐き出していたけど、ほかにカワアイサがいたせいか、1回で飲みこんでいました。
ただ、捕まえてから飲み込むまで、約10分ぐらいたってました。」


2007/11/4 (日)

琴似発寒川サケ観察会 ─ 11月4日

カテゴリ:琴似発寒川 — s @ PM5時頃   

今シーズン最後の「琴似発寒川サケ観察会」を行いました。本日は天気も良く、たくさんのご参加ありがとうございましたm(__)m
農試公園橋下流側では、約50尾ほどのサケを見ることができました。

みなさん、熱心にサケについてお勉強しました(^-^)

♂かな?♀かな?

投網でサケを捕まえるのですが、逃げる方向・水の流れを考えながら、投網を投げる場所を一瞬で決めます。(時間をかけて考えていたら逃げられてしまいます)

一瞬で決断!迷いなし!

今シーズンの「琴似発寒川サケ観察会」は終了しましたが、11月中は農試公園橋下流でサケを観察することができます。暖かい服装でサケたちを見に来て下さいね!


川歩き! 11月4日 ・ 星置川

カテゴリ:星置川 — s @ PM5時頃   

星置川(JR堰堤~清流橋下流100m)の産卵床調査(川歩き!)をしてきました。今日は晴れていましたが、ここ数日の雨で川の水量は増えていました。
JR堰堤下では、約5尾ほどのサケを見ることができました。古い個体がほとんどでしたが、きれいな♂のサケを1尾見ることができました。

JR堰堤、たくましく泳ぐホッチャレのサケ!

産卵床を調べる時は、川の地図を片手に持って、産卵場所を地図に記入していきます。

産卵した場所をチェックする職員

清流橋の上(下流側)からのぞきこむと、7尾のサケを見ることができました。その下流にある階段護岸の前でもサケを3尾見ることができました。

見やすいけど近くに行くと逃げちゃいます!

【本日までの確認数】
 産卵床:63ヶ所 ・ 調査親魚:10尾


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->