2016/11/10 (木)

琴似発寒川に行ってきました!

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ PM5時頃   

琴似発寒川に行ってきました。
前日からの雪のため、景色は真っ白・・水温は1.9度・・
とても寒かったですが、川の中では元気にサケたちが産卵行動をしていました。寒月橋下流では5尾ほどのサケたちを見る事ができました。
観察ポイントは農試公園橋下流で、20尾ほどのサケたちを見る事ができます。
sh001
(赤矢印のところで、サケたちを見る事ができました)

農試公園橋の上から下流側をのぞき込むと、4尾ほどのサケたちが産卵行動中でした。
sh002
(赤矢印のところにサケが!)

寒くなってきましたが、川の中はサケたちが元気に産卵行動をしています!


2016/10/30 (日)

豊平川サケ産卵床調査3回目

カテゴリ:サケ情報,豊平川,News — sa @ PM6時頃   

こんにちは。
10月28日(金)と30日(日)の2日間で豊平川のサケ産卵床調査を行いました。
人間にはツラい寒さでもサケたちは元気です。
サケ①
サケ②
産卵床を守るメスザケ
前回の調査結果をブログでご紹介したときも書きましたが(調査2回目のブログ)、サケが不漁と言われている中、今回も豊平川には産卵床がたくさんありました。
どうしてでしょう・・・。
あと、理由は分かりませんが、産卵床数に対してホッチャレの数が少なめなのが気になりました。
ホッチャレ調べる
サケは帰ってきているのですが、護岸と産卵ポイントの間に草木が生い茂っているため、観察ポイントが見当たりませんでした。
唯一挙げるとしたら、『平和大橋下流右岸』です。
中州沿いで産卵行動しているのですが、流れがあり、キレイな個体が多かったので、日が差していないと見づらい可能性があります。
おススメは午前中。
平和大橋下流観察ポイント
サケを観察したいときは、さけ科学館までご連絡いただければ最新の情報をお知らせいたします。

※GPSデータにはサクラマスの産卵床も記録されています。
【例】sakura(2016/10/15)-1
≪2016年10月30日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  413ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     826尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  計139尾

≪観察ポイント≫
平和大橋下流右岸から中州沿いをよーく見ると見えるかも!?


2016/10/28 (金)

星置川サケ情報!

カテゴリ:サケ情報,星置川,News — s @ PM5時頃   

星置川にサケ産卵床調査に行ってきました!
川の中では、たくさんのサケたちが産卵行動の真っ最中でした。
今現在のサケ観察ポイントは、「星流橋」です。橋の上から下流側をのぞき込むと、サケたちを見ることができます。
手稲山も白く雪化粧しましたが、川の中はでは元気にサケたちが産卵行動をしています!

ho001
(星流橋、下流から撮影)

ho002
(星流橋の上から下流側をのぞき込むと、サケたちが!)


2016/10/21 (金)

豊平川サケ産卵床調査_2回目

カテゴリ:サケ情報,豊平川,News — sa @ AM10時頃   

※さけ科学館ホームページの調子が悪く、更新が遅れてしまいました。申し訳ありません。

こんにちは。
10月14日と15日の2日間で、豊平川のサケ調査を行いました。
サケが不漁といわれている最中、はたして豊平川は・・・。
調査風景①
今回確認したサケの産卵床(卵を産んだ場所)は、全部で143か所。
昨年の同時期は124か所だったので、19か所多い結果となりました。
中でも産卵床が集中していたのは、次の2か所です。
※赤点がサケの産卵床になります。
①一条大橋上流右岸
一条大橋観察ポイント
・水管橋~一条大橋の間にて、30尾程度のサケが産卵行動中。40か所の産卵床を確認。
・のぼりたての個体もボロボロになった個体も混在している。
・護岸との間に草が生い茂っているため、観察しずらい可能性あり。
②東橋下流左岸
東橋観察ポイント
・20尾程度のサケが産卵行動中。10か所の産卵床を確認。
・橋の上からは微妙に見ずらい場所で産卵行動している(体のキレイな個体も多い)。
・左岸側から見れる可能性があるが、少し流れが速くなっていて、瀬になっている部分もあるので、見つけにくい可能性あり。
サケ水中写真①
サケ水中写真②
今回の調査では、昨年度に比べて体の大きな個体が目立ちました。
満3歳で帰って来る割合が多いサケですが、今年度の現時点では満4歳の方が上回っています。
今後も引き続き継続して調査を行い、傾向を調べていきます。

※GPSデータにはサクラマスの産卵床も記録されています。
【例】sakura(2016/10/15)-1
≪2016年10月15日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  237ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     約474尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  計93尾

≪観察ポイント≫
①豊平橋と一条大橋の中間(右岸側)
②東橋下流左岸


2016/10/19 (水)

豊平川に行ってきました!

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — s @ PM5時頃   

豊平川に行ってきました!
今現在、サケが見やすい場所は、東橋下流左岸側の流れです。草木があるため全体は見にくいのですが、隙間から見ることができました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(東橋、左岸下流側から撮影)

東橋の上から、下流側左側の流れの中をのぞいてみると、ちょっと離れた位置になりますが、サケが産卵行動中でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(東橋下流側、橋の上から左側の流れを撮影。赤矢印のところにサケがいました)

東橋、左側の流れの中には5~7尾のサケたちが、元気に産卵行動中でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(赤矢印のところにサケがいます。草木の間から見ることができました)

サケシーズンも、まだまだ続きます。もっと観察しやすい場所で見られるようになるといいな~と思う、今日この頃です(汗)今後に期待!


琴似発寒川に行ってきました!

カテゴリ:サケ情報,琴似発寒川 — s @ PM5時頃   

琴似発寒川にサケ産卵床調査に行ってきました!
農試公園橋下流側の上からのぞき込むと、5尾ほどのサケたちが産卵行動中でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(農試公園橋下流側橋の上から撮影)

産卵床を守る♀を撮影中に、2尾の♂がおっかけっこしていました。♀は動じずに産卵床を守っていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(赤矢印がサケのところにサケがいます)

足下にサケが!♂のサケで逃げる気配がありませんが、途中で気がつき勢いよく泳いでいきました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(♂のサケ、超至近距離で撮影)

寒月橋下流でも、20尾ほどのサケが観察できます。
まだまだ、サケ観察シーズンは続きます!


<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->