2018/4/6 (金)

受付スタッフ追加募集中

カテゴリ:News — sake @ AM10時頃   

売店や事務補助を担当するスタッフを1名募集しています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

業務内容:売店対応・事務補助・イベント補助・清掃など
雇用期間:雇用日~平成31年3月31日
     ※勤務評価により更新あり
出勤形態:週2日程度勤務(土日祝日出勤あり)
      1日5時間勤務(残業あり)
賃  金:時給865円
必須条件:PC操作(エクセル・ワード)
優遇条件:電話応対、表計算など事務の経験がある方
     近隣から通勤できる方
     イラストレーターでデザインができる方
応募方法:随時受付。履歴書(写真付)をさけ科学館まで郵送または持参してください。
     優遇用件を有する場合は詳細を記載してください
問合せ・応募先:〒005-0017
    札幌市南区真駒内公園2-1 札幌市豊平川さけ科学館 採用係
    ℡011-582-7555(受付時間 9:15~16:45)
    担当:有賀、佐藤
受付スタッフ追加募集


2018/4/3 (火)

さけ科学館研究報告2017年度発行

カテゴリ:サケ情報,News — sake @ PM3時頃   

調査の記録や研究成果をまとめた『札幌市豊平川さけ科学館研究報告2017年度』を発行しました。

2017年度研究報告  2018年3月発行 (3MB) (圧縮版1.8MB)

各報告
豊平川におけるサケの産卵環境改善の取り組み~河川管理者、施工業者、研究機関の協力を得て~(1.9MB)有賀 望・森田健太郎・植田和俊・藤井和也・渡辺恵三・向井徹・岡本康寿・佐々木北斗・有賀 誠・荒木仁志・大熊一正

豊平川を降下するサケOncorhynchus keta稚魚の捕獲調査について(994KB)佐々木北斗


2018/3/22 (木)

サケ稚魚降下調査 その2

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — sake @ PM7時頃   

豊平川生まれのサケ稚魚が川を下っています。
3月4日に野生サケ稚魚第1号を確認しました

3月21日には今年3回目のトラップ調査を行いました。
稚魚トラップ仕掛け
多くの稚魚は夜に川を下るため、日没から2~3時間調査を続けます。
日没後の稚魚トラップ
2016年と2017年の調査で、豊平川生まれの野生稚魚は、3月下旬から4月上旬にピークがあることがわかりました。そろそろ増え始めるかと思いましたが、この日は20時15分までの調査で、サケの稚魚は2匹のみでした。気温0.6℃、水温3℃だったので、まだ少し低すぎたかもしれません。
サケ稚魚

同時に、北大の研究者が豊平川の水に含まれる環境DNAを調べています。
環境DNA抽出
果たして、豊平川の環境DNAと捕獲されるサケ稚魚の数はリンクするでしょうか?

サケ稚魚降下調査は、札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)の協力で10日おきに6月まで行います。(つづく)


2018/3/13 (火)

さけ科学館スタッフ募集

カテゴリ:News — sake @ PM5時頃   

さけ科学館では、売店、事務補助員を募集しています。

業務内容:売店対応・事務補助・イベント補助・清掃など

雇用期間:平成30年4月17日~平成31年3月31日
     ※勤務評価により更新あり

出勤形態:①週4日勤務(土日祝日出勤あり)
      1日5時間勤務(残業あり)
     ②週2日勤務(土日祝日出勤あり)
      1日5時間勤務(残業あり)

賃  金:時給865円

必須条件:PC操作(エクセル・ワード・イラストレーター)

優遇条件:電話応対、表計算など事務の経験がある方
     近隣から通勤できる方

応募方法:3月30日(金)必着で履歴書(写真付)をさけ科学館まで郵送または持参してください。
     優遇用件を有する場合は詳細を記載してください

問合せ・応募先:〒005-0017
    札幌市南区真駒内公園2-1 札幌市豊平川さけ科学館 採用係
    ℡011-582-7555(受付時間 9:15~16:45)
    担当:有賀、佐藤

募集要項PDF
募集要項


2018/3/6 (火)

野生サケ稚魚第1号確認!

カテゴリ:サケ情報,豊平川 — sake @ PM2時頃   

サケの稚魚調査は、2016年より札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)の協力を得ておこなっています。過去の稚魚調査 

サケの稚魚は日没後に群れで海に下りますが、これまでの調査結果から、豊平川生まれ稚魚は3月下旬から4月上旬に海に下るピークがあることがわかりました。

3月4日に今年最初の調査を行いました。
例年より一週間程度早く、豊平川生まれのサケ稚魚を初確認することができました。
放流前のこの時期の稚魚は、すべて自然産卵由来の野生魚です。
3月4日の水温は4.9℃と4月並みの高さだったので、早めに下り始めたのかもしれません。

サケ稚魚

【調査記録】
捕獲場所:豊平川・環状北大橋(サケの産卵域の下流端)
日時:2018年3月4日(日) 17:45~18:50
水温:4.9℃
確認したサケの稚魚数:12尾
平均の大きさ:36.8mm、0.33g

今年は札幌河川事務所の協力を得て、捕獲トラップが設置できる工夫をすることができたので、増水時期にも同じ精度で調査ができれば、自然産卵由来の稚魚がどのくらい海に下っているのか知ることができるのではないかと期待しています。
サケ稚魚捕獲トラップ
稚魚捕獲網セット中

第1号の野生サケ稚魚は、しばらくの間、さけ科学館本館飼育展示室で展示しています。
サケ稚魚第1号展示
野生サケ稚魚


2018/2/12 (月)

札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)活動写真展開催!!

カテゴリ:できごと,豊平川,News — sa @ PM5時頃   

1月末におこなった札幌ワイルドサーモンプロジェクト市民フォーラム2018で、学生たちが発表したポスターの掲示が終了しました。
足を運んでくださった方々、ありがとうございました。
同フォーラムにて活動写真展(西野正史氏 撮影)を実施しておりましたが、もっともっとたくさんの方々に見ていただきたいので、さけ科学館展示ホールにて写真展を開催します。
SWSPの活動の様子以外にも、遡上してきた親ザケたちの写真も掲示しています。
とても迫力のある作品ばかりです。
ぜひお越しください♪
※2018年2月14日(水)よりご覧いただけます。
SWSP活動写真展①
東海大の皆さん準備のお手伝いありがとうございます。
SWSP活動写真展②
SWSP活動写真展③


次ページへ »

<!-- 札幌サケ情報ブログ+ Sapporo Salmon Info. Blog+ © 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved. -->