参加者募集!! 1月19日 開催 「光とあそぶ―ピンホールカメラをつくろう!」


(募集は締め切りました 1/16追記)

プロのカメラマン・浅野久男さんのガイドのもと、
ピンホールカメラキットの制作、撮影をしてみませんか。
カメラの基本的な仕組みを知りながら、楽しく参加できるワークショップです。

ピンホールカメラは、レンズの代わりに、針で開けたような小さな穴で写すカメラです。
カメラの原点ともいえるシンプルな仕組みで、
光をそのままフィルムに焼き付けるため、淡く優しい風合いの写真が撮れます。
制作したカメラ、フィルムはお持ち帰りいただけますので
おうちでも撮影できますよ。

いつもの風景が少し違うように見えるかも!? ぜひご参加下さい!

 

(撮影場所:モエレ沼公園 撮影:浅野久男)

//////////////////////////////////////////////////////////

ワークショップ「光とあそぶ―ピンホールカメラをつくろう!」

日時:2013年1月19日(土) 13:00~16:30

場所:モエレ沼公園 ガラスのピラミッド スペース2

料金:2,000円(カメラ、フィルム代、保険料込み)
※制作したピンホールカメラ、フィルムはお持ち帰りいただけます(現像別)。

定員:45名

対象:小学生以上 ※小学生は保護者同伴

持ち物:はさみ、3脚(お持ちの方のみ)

服装:屋外で撮影しますので、温かい服装でお越し下さい。

講師:

浅野久男さん

1963年生。札幌出身。写真撮影会社を経て2007年エムフォトワークス設立。
北海道を中心に旅と風景を題材とした活動を続ける。
講師として札幌平岡高等学校/札幌大通高校/札幌学院大学社会連携センターなどで写真を教えるとともに、写真の町東川町で開催される東川町国際フォトフェスティバル企画委員として企画運営にあたっている。
2008年7月に北海道洞爺湖で開催された洞爺湖サミットの際に各国首脳に寄贈された、記念写真総集「北海道北の記憶」にも作品が掲載された。レンズを使わない古典写真の技法を用いたピンホール(針孔)カメラを使用した作品制作を行っている。

申し込み方法:
1、参加者氏名 2、年齢 3、連絡先(郵便番号、住所、電話番号)4、保護者氏名※小学生のみ、を明記の上、
こちらのお申し込みフォームかモエレ沼公園管理事務所へFAX(792-2595)か電話(790-1231)で申し込み
応募期間:12月15日から受付、先着順 (締切1月9日17時まで)

主催/財団法人札幌市公園緑化協会モエレ沼公園管理事務所
協力/エムフォトワークス

Comments are closed.