お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年5月11日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■新着夏鳥情報

◎クロジ

5月11日(金曜日)本日、森の家近くで確認しました。

クロジの旭山での観察情報はこの春初めてです。

クロジは旭山では通過で1、2日で見られなくなります。

写真は本日撮影したクロジです。

2018年5月11日クロジ雄

 

 

◎コサメビタキ

5月11日(金曜日)、今年初めて確認しました。

コサメビタキはそれ以前にも観察情報をいただいていましたが、日時が特定できなかったので記録としては見送っていました。

今日は学びの森近くにいるのを確認しました。

 

 

 

 

■一時滞在の夏鳥情報

◎ルリビタキ

先週号に追加で5月5日(土曜日)に園内で確認したとの情報を載せましたが、それ以降は観察情報がありません。

もうそろそろいなくなった可能性があります。

 

◎エゾムシクイ

5月11日、今日現在まだ鳴き声が聞こえてきており、旭山に滞在しています。

 

◎ビンズイ

やはり5月11日今日現在まだ園内で姿を確認しています。

 

◎カシラダカ

5月6日(日曜日)に園内学びの森付近での観察情報があります。

 

◎ベニマシコ

この1週間旭山での声や姿の確認情報がありません。

 

※ムギマキ

5月11日現在まだ姿を確認できていません。

 

 

■夏鳥情報

◎オオルリ

第2駐車場から藻岩山登山道入口にかけての南側、つり橋付近、及び旭山都市環境林西側で囀りがよく聞かれ、森の家の周りでも姿を見られる機会が少なからずあります。

 

◎キビタキ

園内で囀りが普通に聞かれるようになってきました。

森の家周辺、藻岩山登山道入口下、及び都市環境林でよく聞かれ、姿も近くで見られることが多いです。

 

◎コルリ

今年は森の家西側の沢では囀りしていませんが、都市環境林で囀りがよく聞かれます。

 

◎クロツグミ

囀りは朝によく聞かれますが、先週までよりも鳴いている時間が短くなってきています。

 

◎アカハラ

学びの森から園外隣地にかけての辺り及び円山南斜面でこのところよく囀りが聞かれます。

アカハラは毎年このような感じですが、夏になると旭山では時々声や姿が確認できる程度になります。

 

◎イカル

5月11日、本日、3~4羽で森の家の上空を飛んでいる姿が見られました。

イカルは時々見られますが、5月下旬から6月中旬には毎年見られる頻度が少し高くなります。

 

◎ウグイス

森の家裏手でよく囀りが聞かれますが、この辺りをなわばりにしようとしている雄の個体が張り付いているようです。

 

◎ヤブサメ

笹から「シリシリシリ」という囀りがよく聞かれ、時々笹の切れ目や笹の外で姿が見られますが、少しずつ警戒心が強くなっているようで、近くで見られる機会は少なくなってきています。

 

◎センダイムシクイ

今園内でいちばん囀りがよく聞かれる鳥です。

 

◎アオジ

西側エリアで囀りがよく聞かれ、姿を見る機会も多いです。

写真は最近森の家の周りでよく見かける、人への警戒心が他より薄いアオジの個体です。

2018年5月11日アオジ雄

 

◎ホオジロ

展望台周辺から噴水広場辺りにかけて囀りがよく聞かれます。

 

◎メジロ

園内で鳴き声がよく聞かれますが、あまり低い位置には降りて来ないため目視による観察は意外と難しいです。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で見られます

 

◎キジバト

園内よりむしろ道路沿いでよく鳴いています。

 

◎ツツドリ

藻岩山方面から時々声が聞こえてきますが、園内において近くで見たという情報はまだありません。

 

 

■冬に見られる鳥情報

◎キクイタダキ

5月7日(月曜日)にも園内で囀りしている姿を確認しましたが、それ以降は声も姿も観察情報がありません。

 

◎マヒワ

5月11日、本日まだ園内で確認、群れにいる数は20羽前後でした。

 

◎シメ

5月11日本日園内で確認しました。

例年、旭山でシメは夏の間はめったに見られません。

 

 

■今週のシマエナガ情報

今週も主に2羽での確認となっており、双子沢川沿いつり橋付近などで比較的よく見られます。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内での確認情報はありません。

 

◎ヤマゲラ

まだ鳴き声がよく聞かれます。

5月はまだ森の家周辺で見られることもあります。

 

◎アカゲラ

西側エリアでよく見られます。

 

◎オオタカ

今週も園内での観察情報がありました。

 

◎ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

来週は例年通りであればムギマキが見られる時期です。

アオバトもそろそろ見られるようになります。

 

なお、明日予定の旭山野鳥観察会ですが、参加者定員に達しましたので、受付を締め切らせていただきます、ご了承ください。

野鳥観察会参加ご希望の方は、翌週の5月17日(木曜日)9時開始、もしくは5月19日(土曜日)6時15分開始をご検討いただけますようよろしくお願いします。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年5月4日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

◎新着夏鳥情報

号外として到着した夏鳥を何種類か上げましたが、毎週の記事ではまだ取り上げていない種の情報もあらためて載せます。

 

◎コマドリ

4月29日(日曜日)、今年初めて確認しました。

しかしその日以降は確かな情報がなく、もういなくなった可能性があり、一方例年通りであればまだ来週くらいまで見られる可能性もあります。

 

 

◎センダイムシクイ

4月29日、年初めて確認しました。

今園内で最もよく囀りが聞かれる鳥であり、木々の葉がまだ出揃っていない今の時期は木の枝から枝へ餌を探す姿も比較的容易に観察できます。

 

◎エゾムシクイ

4月29日、今年初めて確認しました。

例年1週間程度滞在するこの鳥、初認から5日が経ち、今日は鳴き声を確認していませんが、まだいなくなったとは言い切れない状態です。

 

◎オオルリ

4月30日(月曜日)、今年初めて確認しました。

囀りはまだ時々聞かれるくらいで、観察情報もそれほど多くないですが、時々駐車場や森の家の前など開けた場所にも飛んで来ます。

 

◎キビタキ

5月1日(火曜日)、今年初めて確認しました。

まだ囀りは活発に行ってはいませんが、今日は♂2羽が「バチバチ」という音を立てて追いかけ合いながら争っている光景を目にしました。

写真はその時の1羽です。これからその美しい声をたくさん聴かせてくれると思います。

キビタキ雄2018年5月4日撮影

 

◎ビンズイ

5月3日(木曜日)、今年初めて確認しました。

ビンズイは数羽で地上で餌を採り、人が近づくとふわっと浮かぶように飛び上がって木の低い枝に一度とまり、さらに近づくと林内を低く飛んで逃げるのが特徴です。

セキレイ科の鳥の特徴として、ビンズイも尾を上下に振りながら歩きます。

写真は昨日5月3日に撮影したもので、地面から木に上がってとまったところです。

ビンズイ2018年5月3日撮影

 

◎コルリ

2018年5月4日(金曜日)、本日、今年初めて確認しました。

森の家西側の沢で毎年よく囀り声が聞こえてきます。

なお、コルリは4月30日に鳴き声を聞いたという情報がありましたが、人伝に又聞きした情報であり確かめられなかったので、参考情報として触れさせていただきます。

 

◎ツツドリ

2018年5月4日、今年初めて確認しました。

ツツドリはだいたい毎年ゴールデンウィーク中に初めて声を聞きますが、今日は気温が低いせいか活発には鳴いていません。

 

 

◎今週のトピックス

☆キクイタダキ

5月3日、昨日ですが、先週お伝えした囀りをする姿を園内風の丘近くの松で観察しました。

5月に入ってもまだ園内で観察されていますが、そろそろいなくなるものと思われます。

 

☆マヒワ

4月29日から数十から百の単位で群れ集まって木から木へと移動しながら餌を採っています。

今日も確認しましたが、高く飛ぶことがあまりないため遠くからではなかなか気づきません。

しかし「チュリチュリ」という声を絶えず発しているため、すぐ近くではその音が大きく、100m離れていてもその声が聞こえてくるため比較的容易に気づきます。

シラカンバの花穂(穂のように垂れ下がった花)とカラマツの新芽を主に食べているようです。

マヒワは例年ゴールデンウィーク明けにいなくなりますが、今年はどうでしょうか。

 

◎オオタカ

引き続き園内で目撃情報が相次いでいます。

今日は森の家のすぐ裏で見たとの情報をお寄せいただきました。

 

 

 

◎今週のシマエナガ情報

今週も時々見られています。

よく見られる場所は藻岩山登山道入口付近とつり橋から風の丘にかけての辺りで、今日は森の家の南西側で見たとの情報をお寄せいただきました。

 

 

 

◎夏鳥情報

☆ルリビタキ

5月1日(火曜日)には園内で確認しましたが、2日以降は情報がありません。

いなくなったとはまだ断定できませんが、例年ゴールデンウィーク中にいなくなっており、今年はどうでしょうか。

【5月6日 追加補足】

ルリビタキは5月5日に園内で観察したとの情報をいただきました、ありがとうございます。

追加補足情報として上げさせていただきます。

 

 

☆ベニマシコ

5月2日に園内で確認しましたが、昨日今日は情報がなく、そろそろいなくなる頃です。

 

☆クロツグミ

双子沢川の周りにある高い木、藻岩山登山道入口南側、旭山都市環境林と主に3カ所で囀りを聞きますが、到来直後の先週よりは囀りする頻度が落ち、特に10時から15時くらいの昼間はあまり鳴いていません。

 

☆メジロ

木の高い位置で鳴いている声(囀り)がよく聞こえてきます。

つり橋付近からカラマツ林にかけてと登山道入口付近から、別個体と思われる囀りが聞こえてきますが、朝早い時間の方がよく鳴いています。

 

☆ホオジロ

展望台周辺でよく見られます。

 

☆アオジ

森の家裏からポートランドの森そして栗の木デッキ辺りでよく囀りしています。

 

☆ウグイス

森の家裏の笹薮から「ホーホケキョ」とよく聞こえてきます。

写真は昨日撮影したものです。

ウグイス2018年5月3日撮影

 

☆ヤブサメ

園内でよく囀りが聞こえ、鳴き声を頼りにしゃがんで笹の下を探すと姿が見られることがよくあります。

 

☆ヤマシギ

ディスプレイフライトはまだ見られる時期です。

 

☆キジバト

鳴き声をよく耳にします。

 

☆キセキレイ

第2駐車場付近で時々見られます。

 

 

◎冬に見られる鳥情報

☆ウソ

4月29日に園内で声を聞きましたが、それ以降確かな情報がなく、例年ゴールデンウィーク中まで見られ、もういなくなった可能性があります。

 

☆イスカ

4月30日に雌雄1羽ずつが観察されましたが、以降情報がありません。

 

☆シメ

まだ見られますがこちらもそろそろ旭山から見られなくなる頃です。

 

☆アトリ

4月30日に観察されましたがそれ以降は情報がなく、やはりこちらも5月上旬にいなくなります。

 

☆ツグミ

5月1日に園内で声が聞かれましたが、それ以降は情報がありません。

 

☆カケス(亜種ミヤマカケス)

今週も観察情報がなく、もう山に戻ったとみていいと思われます。

 

 

◎1年中見られる鳥(留鳥)情報

 

☆クマゲラ

今週は何度か森の家の近くで観察されましたが。

 

☆オオアカゲラ

本日観察情報がありましたが、そろそろ旭山では見られなくなります。

 

☆アカゲラ

西側エリアでよく見られます。

 

☆ヤマゲラ

今週は森の家から第2駐車場に降りる階段の途中のほぼ同じ場所で3回観察され、うち一度は雄と雌の2羽でした。

写真は昨日夕方にその場所で撮影したもので、地上で何か餌を探していました。

ヤマゲラ雄2018年5月3日撮影

 

☆ハクセキレイ

噴水広場付近から住宅街側で時々見られます。

 

☆ハイタカ

今週も園内での観察情報がありました。

 

☆シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られますが、ガラ類は囀りの頻度が落ちてきました。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

旭山の桜、2018年5月3日(木曜日・憲法記念日)の様子です。

 

展望台の一本桜5月3日

展望台の一本桜はもう花ももうそろそろ終わり。

 

展望台の一本桜の一輪

葉っぱが次々と出て伸びてきて花も窮屈そうです。

 

展望台から西側を望む

展望台から園内西側を望む。

トイレ横の桜はまだ今日は満開といえる状態でした。

 

レストハウス前の立派な桜の木

レストハウス前の立派な桜の木もまだ花の見頃といえます。

 

第1駐車場入口の桜並木

第1駐車場入口の桜並木は、このところ気温が低めなせいか、意外と花が長く持っています。

 

森の家横の桜

森の家横の桜は今年もはながたくさん咲き今が満開。

 

掲示板横の桜

森の家掲示板横の桜は小さいけれど見応えのある木。

色が薄めの花が咲きます。

 

八重桜のつぼみ2018年5月3日

今日から八重桜のつぼみの写真も上げてゆきます。

八重桜は例年エゾヤマザクラより1週間から10日ほど遅く咲きますが、つぼみは中が見えるほど開きかけていました。

 

今朝は傘が必要なくらいの雨。

雨の桜もいいといいますが、カメラを出すのも気が引けるような雨、朝は園内も人がまばらでした。

 

 

ウグイスと桜

本日最後は桜とウグイスの1枚。

午後に少しだけ雨がやむ時間帯があり、その間は多くの鳥たちの鳴き声が聞こえてきました。

 

野鳥情報、ビンズイ今年初めて確認しました。

ビンズイはこの先1週間程度旭山に滞在します。

ビンズイは地面で餌を採っていて、人が近づくとすっと飛び上がって木の低い枝にいったんとまってさらに遠くに低く飛んで逃げるのが特徴です。

 

 

 

 

旭山記念公園の桜、2018年5月1日(火曜日)、本日の様子です。

満開ですね。

2018年5月1日火曜日旭山の桜と藻岩山

第1駐車場入口の桜並木。

藻岩山には今朝まだ雲がかかっていました。

 

旭山の桜2018年5月1日第1駐車場入口

坂道を登って桜並木を見下ろす。

 

レストハウス前の桜

レストハウス前のこの桜は立派な木です。

 

展望台一本桜定点観察の枝

展望台一本桜、定点観察の枝、葉がますます勢いよく伸びてきています。

 

展望台一本桜と藻岩山

この木はもう葉桜に。

 

トイレ横のきれいな桜

公衆トイレ横の桜も満開。

 

学びの森上の桜

こちらの桜並木はまだ新しく背も低いですが、じゅうぶんきれいです。

 

満開の桜の木

その中の1本、背が低いのでかえって近くで桜が見られていいかもしれません。

 

寺田京子句碑と桜

ピクニックテラス近くにある寺田京子句碑と桜の写真で今日は終わりたいと思います。

 

明日から雨がちの天気予報。

晴れた日の満開の桜は、もしかすると今日で終わりかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週金曜日に「旭山記念公園野鳥情報」を上げていますが、先週4月27日の後に夏鳥で大きな動きがあったので、追加補足として上げます。

 

◎コマドリ

4月29日(日曜日)、今年初めて確認しました。

風の丘西側で囀りしていましたが、その後は確かな情報がありません。

例年通りの動きであればまだこの先ゴールデンウィーク明けくらいまで見られる可能性があります。

 

◎センダイムシクイ

4月29日、野鳥観察会の際に今年初めて確認しました。

その日はまだ少なかったですが、2日経って今日は園内各所で「焼酎一杯グイー」という声が聞こえてきます。

 

◎エゾムシクイ

4月29日、今年初めて確認しました。

エゾムシクイは沢で鳴いていることが多く、最初は第2駐車場入口前のヘアピンカーブの下の沢で鳴いていました。

エゾムシクイは例年1週間ほど旭山に滞在し、「ヒー ツー チー」という金属的な声を聞かせてくれます。

 

◎オオルリ

4月30日(月曜日)、今年初めて確認しました。

昨日はつり橋から公衆トイレにかけての辺りで鳴いていました。

 

◎キビタキ

5月1日(火曜日)、本日、今年初めて確認しました。

ミュンヘンの森東側、第2駐車場からの階段の辺りにいたところを撮影したのが下の写真です。

今日現在ではまだ囀りは聞いていませんが、これからその美しい声をたくさん聴かせてくれると思います。

 

2018年5月1日キビタキ今年初めて確認

 

オオルリ、キビタキと、旭山もいよいよ夏鳥の両横綱揃い踏みとなりました。

 

旭山記念公園の桜、2018年4月30日、月曜日の様子です。

展望台一本桜

定点観察している展望台一本桜も完全に開花です。

ただ、今年だけかどうか分かりませんが、今年は赤い葉が出てくるのも早いように感じます。

 

展望台一本桜を橋から望む

一本桜を橋の上から木全体を見ましたが、やはり葉の色が花の色に勝っているように感じられます。

 

レストハウス前の桜は満開

展望台から眺めるレストハウス前の桜は満開です。

 

レストハウス前の桜を横からもう1枚

同じ木を横からもう1枚。

樹形がきれいな桜です。

 

トイレ横の桜も満開

トイレ横の桜も満開です。

 

トイレ横の桜をもう1枚

この桜は色が濃くてとりわけきれいです。

 

谷間の桜

第1駐車場から森の家に向かう道から見ると、この桜は谷にあるように見えます。

 

桜と白樺と新緑

桜と白樺と新緑のコラボレーション。

 

第1駐車場入口の桜並木

第1駐車場入口の桜並木も満開。

藻岩山と桜

旭山記念公園の桜も満開を迎えました。

 

 

旭山記念公園の桜、2018年4月29日(日曜日)「昭和の日」の様子です。

 

2018年4月29日展望台一本桜の定点観察のつぼみ

定点観察しているつごみもようやく開花しました。

 

2018年4月29日展望台一本桜

この木はまだ2分咲きといったところ。

 

展望台一本桜を見上げる

一本桜が満開の花で迎えてくれるのももう間近。

 

展望台階段から桜と藻岩山を望む

展望台から望む藻岩山、その前の桜も開花が始まったばかり。

 

第1駐車場入口の桜並木

第1駐車場入口の桜並木はだいぶピンクに染まってきました。

 

桜並木と藻岩山

第1駐車場下から森の家に上がる坂からは、桜と藻岩山が望めます。

 

今日明日と気温が20度以上になると予想されており、桜の開花も午後から一気に進むかもしれません。

現在はまだ1分2分咲きといったところです。

レストハウスがオープンしました!

休憩スペースの開放とともに、軽食の販売も開始しました!

ソフトクリーム、たこ焼き、肉まん、いももちなど、

豊富なテイクアウトメニューがあります。

レストハウスのパブリックスペースで休憩しながら食事していただけます。

また展望広場から札幌の街を一望しながら、

今の季節だと咲き始めたサクラをお花見しながらなど、

軽食で小腹を満たしながら、旭山記念公園をお楽しみいただけます。

やきそば、ピラフなど、お昼ごはんとして十分なメニューも取り揃えています。

 

旭山記念公園の園内にゴミ箱は設置していませんので、

食事後の包装材などはお持ち帰りになり、

ご家庭で処分していただきますようご協力をお願いします。

 

噴水も今日からスタートです。

噴水と広々とした水面が札幌の景観と合わさって、

新しく生命が吹き込まれたような空間になりました。

憩いの場としてぜひご利用ください。

10月31日までお楽しみいただけます。

 

2018年4月28日、土曜日、旭山記念公園の桜です。

旭山記念公園展望台定点観察の桜のつぼみ2018年4月28日土曜日朝

定点観察している展望台一本桜のつぼみは、本日朝10時現在、まだ開花とはいえない状況です。

しかし

展望台一本桜の花が開花

同じ木の別の枝で2輪だけ開花していました。

旭山の桜もついに開花です。

 

展望台一本桜2018年4月28日

展望台一本桜全景。

明日はどうでしょうか。

 

駐車場入口の桜並木2018年4月28日土曜日

第1駐車場に続く桜並木、こちらは昨日の午後既に一部が開花していました。

 

第1駐車場桜並木の桜アップ写真

桜並木を見下ろせる道から見た今朝の桜。

ここが園内でいちばん早く桜が咲いていますが、まだ開花は上の方だけで、木の下に行くと見えないです。

 

トイレの屋根の上で咲く桜

トイレの横の桜は毎年きれいな花を見せてくれますが、屋根の上に伸びた枝だけ先に開花していました。

今日はまだ気温がそれほど上がらない予報ですが、明日以降は20度超えも予想され、桜の開花が一気に進むことも考えられます。

 

その他の木の花も2題。

 

キタコブシ開花

キタコブシ、展望台から円山を望むと見えるこの木の花が開花しました。

キタコブシも咲き始めました。

 

イタヤカエデの黄色い花

イタヤカエデの花も開花しました。

昨日はまだそぶりも見せていなかった、今朝急に咲いたような印象を受けます。

イタヤカエデの花は一見地味ですが、近くで見ると花らしい形をしています。

 

4月30日月曜日まで毎日、桜情報を上げてゆきます。

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年4月27日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

■はじめに ~先週に引き続いて

野鳥情報記事でよく出てくる「つり橋と栗の木デッキの間」の沢について、ここを流れている川は「双子沢川(ふたごさわがわ)」という名前がついており、今後野鳥情報の記事においてこの場所を「双子沢川」と記すことにします、ご了承ください。

 

◎新着夏鳥情報

☆イワツバメ

2018年4月21日(土曜日)、今年初めて確認しました。

イワツバメは旭山周辺では繁殖していない模様で、時々見られる程度ですが、この日は上空高い所を多く飛んでいるのが観察され、南から渡って来たところだったかもしれません。

 

 

◎今週のトピックス

☆キクイタダキ

4月23日(月曜日)、囀りと思われる鳴き方をしているキクイタダキが風の丘下の松にいました。

印象としていえばミソサザイの囀りに似た鳴き方(リズムやイントネーションなど)ですが声が小さくもぞもぞと話すような感じでした。

 

☆マヒワ

こちらは何度か囀りのような鳴き方をしていましたがやはり声が小さくてこれが囀りとは分からないかもしれないくらいの声と鳴き方でした。

マヒワは4/27現在まだ旭山にいます。

 

 

◎今週のシマエナガ情報

今週もまだ巣材集めなどで動き回る姿が見られました。

4月24日(火曜日)15時頃、双子沢川左岸を巨木の谷辺りから下流のつり橋方向に少しずつ移動しながらさいじする2羽が観察されました。

羽づくろいもしていて比較的長い間観察できました。

その時の写真です。

シマエナガ2018年4月25日撮影

シマエナガの情報は森の家までお越しください。

 

 

◎夏鳥情報

☆ルリビタキ

まだ旭山に滞在しており、登山道入口下から森の家周り、風の丘西側から廃屋の辺りでの観察情報が多いです。

「ヒッ ヒッ」と透明感のある高い鳴き声が笹薮や低い木から聞こえてきたら、その辺りを探すと見られることがあります。

 

☆ベニマシコ

4月27日現在まだ旭山にいますがそろそろいなくなる頃です。

 

☆クロツグミ

双子沢川の周りにある高い木、藻岩山登山道入口南側、旭山都市環境林と主に3カ所で囀りを聞きますが、到来直後の先週よりは囀りする頻度が落ち、特に10時から15時くらいの昼間はあまり鳴いていません。

 

☆メジロ

木の高い位置で鳴いている声(囀り)がよく聞こえてきます。

桜が開花すると蜜を吸いに桜に来るようになります。

 

☆ホオジロ

展望台周辺でよく見られます。

 

☆アオジ

森の家裏からポートランドの森そして栗の木デッキ辺りでよく囀りしています。

 

☆ウグイス

森の家裏の笹薮から「ホーホケキョ」とよく聞こえてきますが、特に朝によく聞きます。

 

☆ヤブサメ

今の時期笹から出て餌を探す姿が時々見られます。

写真は4月25日に撮影したものです。

笹から出て餌を探すヤブサメ

 

☆ヤマシギ

先週お伝えしたディスプレイフライトはまだ見られる時期です。

 

☆キジバト

第1駐車場周辺で鳴き声をよく耳にします。

 

☆キセキレイ

第2駐車場付近で時々見られます。

 

 

◎冬に見られる鳥情報

☆ウソ

4月27日、本日まだ園内で見られました。

来週まで見られると思われます。

 

☆イスカ

4月25日に雌雄1羽ずつ2羽が森の家近くのカラマツで見られましたが、昨日、今日と観察情報がありません。

 

☆シメ

まだ見られますがこちらもそろそろ旭山から見られなくなる頃です。

 

☆アトリ

4月25日まだ園内にいましたが、やはりこちらも5月上旬にいなくなります。

 

☆ツグミ

4月24日(火曜日)、園内で声が聞かれましたが、その前後には観察記録がなく、久し振りでした。

ツグミは遅い年はゴールデンウィーク中まで滞在していますが、今年はいなくなるのが早かったようです。

ただしまだこれからも散発的に現れる可能性はあります。

 

☆カケス(亜種ミヤマカケス)

今週は観察情報がなく、もう山に戻った可能性があります。

 

 

◎1年中見られる鳥(留鳥)情報

☆オオタカ

園内で見られる頻度がぐっと下がってきました。

 

☆クマゲラ

今週は何度か園内や旭山都市環境林で観察されましたが、藻岩山から声が聞こえてくることが多いです。

 

☆オオアカゲラ

4/23に旭山都市環境林で雄の個体の観察情報がありましたが、そろそろ旭山では見られなくなります。

 

☆アカゲラ

雄同士の「けんか」が今週は旭山都市環境林で見られました。

そろそろペアが決まる頃です。

 

☆ヤマゲラ

今週は園内で近くで観察できたという情報が多くありました。

鳴き声は主に藻岩山登山道方面からよく聞こえてきます。

 

☆ハクセキレイ

噴水広場付近から住宅街側で時々見られます。

 

☆ハイタカ

今週も園内での観察情報がありました。

 

☆ノスリ

今週も観察情報がありませんでした。

例年、ノスリは旭山では夏鳥で、4月下旬から5月上旬の渡って来た直後に一時的に見る機会が増えます。

昨年から今年にかけての冬は越冬個体がいましたが、例年通りであれば夏鳥個体がそろそろ見られます。

 

☆シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

札幌市内の公園情報