– 札幌のまちなみを見渡せる、自然豊かな公園 –
お知らせ
公園概要
施設情報
園内地図・施設案内
アクセス

旭山記念公園野鳥情報2019年3月9日(土曜日)

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年3月9日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■本日の野鳥観察会

3月9日土曜日、本日8時より野鳥観察会を行いました。

観察会で見られた野鳥のリストです(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、カケス、ウソ、シメ、

キバシリ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、

ヒガラ、ヒヨドリ、アカゲラ、コゲラ・・・14種

 

エナガ(シマエナガ)、キクイタダキ、ツグミ、マヒワ、クマゲラ、オオアカゲラ、ヤマゲラは観察会の時間中には確認できませんでした。

・キバシリ:森の家近くのカラマツで1羽が見られ、囀りを聞くこともできました。

・ゴジュウカラ:風の丘西側の沢で2羽を同時に観察できました。

・アカゲラ:同じく風の丘西側の沢で雄と雌を同時に目視確認しましたが、つがいであるかどうかは現時点ではまだ分かりません。

・シメ:2羽、第1駐車場下で見られました。

・ウソ:最後森の家前のシラカンバで「フィッ」と鳴きながら餌をとる雌1羽が観察されましたが、その時はその1羽しかいませんでした。

・カケス:後に詳述します。

今日は気温が10度を超えるという予想でしたが、観察会の間はそれほど上がらず、風があって意外と寒かったです。

次回の野鳥観察会は、4月13日(土曜日)8時開始です。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

今週は10羽以上の群れが観察されたとの情報もありましたが、群れで見られることはさらに少なくなり、1羽か2羽での観察が多いです。

森の家裏手のイタヤカエデにもほとんど樹液を飲みに来なくなりました。

一方で綿のようなものをくわえた姿が観察され、つがいが形成され巣造りが始まったようです。

写真はその時のものです(トリミングしています)。

シマエナガ2019年3月9日

ここ1週間の傾向としては、午前7時前後に風の丘周辺で1羽か2羽見られることが多かったです。

ただしあまり低いところには降りて来ないので、撮影は難しいかもしれません。

また3月7日木曜日は、廃屋近くに数羽のシマエナガがいましたが、上空オオタカが飛んで来て一斉に警戒音を発する様子も観察されました。

森の家でもシマエナガ情報を発信しています、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

■今週のトピックス

◎ミソサザイ

3月7日木曜日、第1駐車場下でミソサザイ1羽が観察されました。

「ヂッ」「ヂッチッ」と鳴きながら地面すれすれを飛び、木の回りにあいた穴の中に入っては餌を探し、次の木へ低く飛んで移動しまた餌を探すという行動が見られました。

写真はその時のものです(トリミングしています)。

ミソサザイ2019年3月9日

昨日3月8日金曜日は木曜日と同じ朝9時過ぎに行きましたが、ミソサザイは見られませんでした。

ミソサザイはゴールデンウィーク前まで旭山でもしばしば見られ、未明に囀りが聞かれることもありますが、5月に入るといなくなります。

森の家の周りや西側エリアでも見られることがあります。

 

 

◎カケス(亜種ミヤマカケス)

先週、声を一瞬だけ聞いたと書きましたが、今週は遊具広場付近でしばしば観察されました。

南側で早く雪が解けて地面が見えている場所に、雪の下にあったミズナラのどんぐりを食べに来ているようで、3月7日には2羽がそこに来ていました。

第1駐車場下から遊具広場の辺りに観察情報が集中していますが、森の家など西側エリアではあまり見られていません。

先週は、今後も現れるかどうかは分からないと書きましたが、カケスは例年であれば4月下旬まで滞在しているので、この先はまだ見られる可能性があります。

 

◎クマゲラ

3月5日火曜日、園内のシラカンバの木に穴をあける様子が観察されました。

雄の個体で、シラカンバの木に飛んで来て穴を開け始めましたが、まったくのゼロからクマゲラの頭が入るほど大きな穴をあける行程が観察できました。

次に掲げる写真、上が8時41分、下が8時53分撮影、わずか12分でこれだけ大きな穴をあけました。

クマゲラ2019年3月9日1

クマゲラ2019年3月9日2

穴をあけた後はしばらくここで餌を取っていたようです。

クマゲラは2月中旬までは近くで見られる機会がありましたが、ここ1週間はこの時以外は近くでの観察情報はありませんでした。

4月中はまだ近くで見られる機会があると思われます。

 

 

■その他野鳥情報

◎ヒレンジャク

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ウソ

今日の観察会でも見られましたが、昨日、4羽が噴水広場近くのシラカンバで餌をとっていました。

声を聞くことはそれまでもありましたが、近くで観察できたのは久し振りでした。

ウソは4月中はまだ見られる可能性があります。

 

◎マヒワ

今週も、毎日1度か2度は声を聞きますが、近くではなかなか観察できません。

 

◎カワラヒワ

遊具広場から噴水広場の辺りで声を時々聞きます。

 

◎シメ

園内で見られますが、警戒心が強くてこちらが見るとすぐに飛んで逃げます。

 

◎キバシリ

今日もカラマツ林で見られましたが、そこで見られることが多く、囀りもよく聞かれます。

 

◎ツグミ

今日は観察会の間は見られませんでしたが、今週も1羽から数羽が観察されています。

先週お伝えした展望台の松の下に来る機会は少なくなっています。

 

◎キクイタダキ

この1週間はカラマツに来て餌を探す姿がよく観察され、一方で常緑の松に来ることが以前より少なくなってきているように思われます。

 

◎ヤマゲラ

「ピョッピョッピョッ」という大きな声は今週もよく聞かれ、時々近くで姿を見ることもあります。

 

◎オオアカゲラ

今週も雄と雌両方の個体が見られましたが、今週は第1駐車場と遊具広場の間の森でよく見られました。

風の丘近くでも観察されています。

 

◎アカゲラ

園内でよく見られます。

 

◎コゲラ

園内でよく見られています。

写真は雄の個体の頭を拡大したもので、赤い羽が見えます。

コゲラ雄2019年3月9日

しかし同じ個体を連続的に写した次の写真では、角度のせいか、赤い羽が見えません。

コゲラ雄2019年3月9日2

コゲラの写真がPCにたくさんある方、写真を拡大してコゲラの赤い羽を探すのも面白いかもしれません。

 

◎ノスリ

今週も観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

オオタカはエナガのところで触れたように今週は観察されました。

ハイタカは情報がありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

展望台周辺から隣地にかけての辺りで時々見られます。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

カラ類は4種とも囀りがよく聞かれます。

 

◎コガラ?

今週も確認はできませんでした。

 

◎ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

次回は3月16日土曜日に上げる予定です。

LINEで送る

Page Top