お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年8月18日(土曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎センダイムシクイ

8月18日現在、まだいます。

園内各所で時々囀りを聞くことができますが、例年であればそろそろ、もう来週にでも南に渡っていなくなる頃です。

 

◎オオルリ

8月17日、昨日、カラマツ林帯から双子沢川にかけての辺りに幼鳥がいました。

オオルリは今月いっぱいはまだ見られると思われます。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

8月15日(水曜日)午前10時前、最近よく見る双子沢川で数羽がいましたが、あまり低く降りて来なかったので巣立ち幼鳥がいたかどうかは確認できませんでした。

その時はセンダイムシクイとメジロを含むカラ類混群と行動をともにしていました。

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ

森の家周辺から藻岩山登山道入口にかけての辺りで時々見られます。

「キュキュッ」というような声(地鳴き)、もしくは「ヒッ ヒッ」という声が聞こえたら林の中の割と近くにいるはずですので、探すと姿が見られます。

地上2mから10mくらいの間の木の橫枝もしくは低木にいることが多いです。

 

◎コサメビタキ

西側エリアではまだ「シシーッ」という声がよく聞かれますが、学びの森方面での観察情報は減ってきました。

 

◎アオジ

先週までは見る機会が少ない感じでしたが、今週は森の家周辺などでよく声を聞いています。

今日は展望台の周りにもいましたが、「チッ チッ」という声が低い位置で聞こえたら、その辺りを探してみると姿を見ることができます。

ただしこちらが見たことを認識するとすぐに逃げます。

幼鳥もいると思われます。

 

◎メジロ

「キューッ」「チュリチュリ」という声をよく聞きますが、木の高いところにいることが多いです。

 

◎ヤブサメ

笹薮で時々「キュキュッ」というような声を聞くことがあり、アオジ同様、その声が聞こえたら笹薮を探すと姿を見ることができます。

笹の前でしゃがみ、笹の微妙な揺れに注目することが見つけるポイントです。

 

◎キセキレイ

8月15日も11日の観察会の際に見られたのと同じカラマツ林付近で幼鳥が観察されました。

 

◎ホオジロ

まだ展望台周辺で時々囀りが聞かれます。

 

◎ウグイス

今週も確認できませんでした。

 

◎クロツグミ

今週は確認できませんでしたが、8月下旬であればまだ幼鳥に出会える可能性があります。

囀りはここ1週間聞いていません。

 

◎イカル

今週は確認情報がありませんでした。

 

◎カワラヒワ

展望台周辺で時々声を聞いたり姿を見たりします。

 

◎アオバト

園内で時々声が聞かれます。

 

◎キジバト

第1駐車場周辺で鳴いていることが多いです。

 

◎ツツドリ

今週も声を聞きませんでしたが、森の中で出会うことが多い季節になってきました。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

8月14日(火曜日)都市環境林で声を聞きましたが、姿は見られず、性齢不明です。

 

◎ヤマゲラ

今週は確認できませんでした。

 

◎アカゲラ

今週も見ることが多かったのはつり橋から栗の木デッキの間でした。

 

◎コゲラ

「ギィーッ キッキッキッ」という声が園内西側エリアでよく聞かれます

 

◎オオタカ・ハイタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎トビ

8月12日(日曜日)に園内上空を飛んでいました。

 

◎ゴジュウカラ

園内西側エリアで2、3羽で行動している姿を見ることが多いです。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

写真は笹薮の脇の地面に降りて採餌するヤマガラです。

2018年8月18日ヤマガラ

 

今週は雨が多く気温も低かったですが、来週はまた夏日になる日があるとの予報。

夏の鳥たちを見るにはいいかもしれません、雨が降らなければ、ですが。

 

 

来週は8月24日(金曜日)にこの記事を上げる予定です。

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

LINEで送る