お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

2018年7月24日火曜日、本日旭山記念公園で見られた生き物たちです。

なお、写真には本日撮影ではないものも含まれています。

 

まずは脊椎動物編

 

2018年7月24日エゾリス

エゾリス

ヤマグワの実を食べていました。

 

2018年7月24日ヤマガラ幼鳥

ヤマガラ幼鳥

まだ親のように胸が赤茶色にはなっていません。

 

2018年7月24日シマエナガ

エナガ(亜種シマエナガ)

巣立ち幼鳥、もう目にかかる黒い帯はなくなっていました。

シマエナガはこのところ双子沢川を挟んだ辺りでよく見られます。

 

2018年7月24日シマヘビ

シマヘビ

最近、小さくておそらく若い個体が森の家の周りに住みついています。

(蛇が苦手な方はお気をつけください)。

 

 

続いて昆虫編

2018年7月24日ノシメトンボ

ノシメトンボ

先週くらいから出てきて今はよく見られます。

アキアカネもいますがまだ赤くなっていません。

 

2018年7月24日チャバネアオカメムシ

チャバネアオカメムシ

今の時期に比較的よく見かけるカメムシです。

 

2018年7月24日ミヤマクワガタ雌

ミヤマクワガタ雌

今年も雌はよく見ますが、雄は雌に比べると見る機会が少ないです。

 

2018年7月24日アオハナムグリ

アオハナムグリ

その名の通り花によくとまっています。

 

2018年7月24日テントウムシ

テントウムシ(ナミテントウ)

旭山ではこの赤地に黒い小さな星のタイプと、黒地に赤い2つ星のタイプをよく見ます。

 

2018年7月24日ジョウザンミドリシジミ

ジョウザンミドリシジミ

青く輝く「ゼフィルス」の仲間が今の時期に数種類見られますが、旭山でいちばん多いのがこの種です。

 

2018年7月24日コキマダラセセリ

コキマダラセセリ

小さいですがよく見るときれいで目がかわいらしい蝶です。

 

2018年7月24日エゾオオマルハナバチ

エゾオオマルハナバチ

花にたくさん集まってきています。

(マルハナバチの仲間はむやみに人を刺すことはありません)。

 

 

最後は植物編

2018年7月24日ハエドクソウ

ハエドクソウ

写真を撮るのに苦労する小さな小さな花、今年も園内随所で咲いています。

 

2018年7月24日キンミズヒキ

キンミズヒキ

「キング・オブ・ひっつき」、先週開花しましたが、ひっつきになるのは8月になってから。

 

2018年7月24日ダイコンソウ

ダイコンソウ

林床の半日なたの場所でたくさん咲いています。

 

2018年7月24日エゾニワトコ実

エゾニワトコの実

真っ赤な実が目を引きます。

 

夏になり、日差しが出ると生き物たちもたくさん見られます。

 

園内散策や観察の際には、熱中症対策をしてこまめに水分を補給してください。

 

 

 

LINEで送る