お知らせ 公園概要 施設情報 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月30日(土曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のシマエナガ情報

◎エナガ(亜種シマエナガ)

本日6月30日午後、噴水広場近くの梅の木の周りに数羽が集まっていましたが、そのうち2羽は確実に巣立ち幼鳥でした。

園内周辺のどこかで繁殖した幼鳥が6月中旬に巣立っていて、何羽だったかは分からないですが、現時点で少なくとも2羽は残っているということになります。

その時の写真から3枚上げます。

2枚目の写真の個体はまだ目に黒い帯がかかっている状態、1枚目のは目の後方=後頭部に黒く太い帯が残っている個体です。

2018年6月30日シマエナガ1

 

2018年6月30日シマエナガ2

 

2018年6月30日シマエナガ3

 

 

■今週のトピックス

◎ヤマガラ

先週巣立ち幼鳥を確認していましたが、今週は親鳥の後をついて回って餌をねだる姿が見られました。

その時の写真ですが、胸の羽の色がうっすらと赤茶色がかってきました。

2018年6月30日ヤマガラ

 

◎ヤブサメ

6月24日(日)、幼鳥と親と思われる3羽が都市環境林広場付近の笹薮で観察されました。

この時期は笹の切れ目や密度が薄い場所で比較的よく姿を見る機会に恵まれます。

囀りもだいぶ少なくなってきました。

 

◎アカゲラ

本日6月30日、巣立ち幼鳥1羽を確認しました。

噴水広場南側の森で観察されましたが、森の家からは少し離れた場所で、森の家周辺ではまだ観察されていません。

 

◎アオジ

森の家近くのどこかに巣があるようだと先週書きましたが、巣立ち幼鳥はまだ確認できていません。

 

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ

森の家の前でよく囀りする個体がいて、森の家のガラス戸を開けていると中まで声が響いてきます。

その他園内及び都市環境林各所でまだ囀りがよく聞かれ、いつも聞かれるといってもいいくらいです。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りでは今週も主に朝と夕方に囀りが聞かれます。

 

◎コルリ

旭山都市環境林「ふしぎ池」付近では今週もまだ囀りが聞かれ、時々姿を見ることもできます。

 

◎クロツグミ

都市環境林から囀りが時々聞かれます。

 

◎センダイムシクイ

囀りは聞かれますが頻度が若干落ちたと感じられます。

 

◎ウグイス

今週も声や姿を確認できませんでした。

 

◎メジロ

囀りはあまり聞かれないですが園内所々で声は比較的よく聞かれます。

そろそろヤマグワの実が熟しますが、それを食べに低い位置にも降りてきます。

 

◎イカル

本日午前と正午過ぎに藻岩山方向から囀りが聞こえてきました。

 

◎アオバト

園内の桜の実を食べに来ていますが、森の家の前にはそれほど頻繁には来なくなりました。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

◎ツツドリ

藻岩山から時々声が聞こえてきます。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週も園内での観察情報がありました。

 

◎ヤマゲラ

今週は確認できませんでした。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

今日は久し振りに晴れ間がのぞいたせいか、鳥がよく出ていました。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

LINEで送る