お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年2月18日(日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

なお、今週は火曜日まで及び本日だけの情報となります、ご了承ください。

 

◎今週のシマエナガ情報

今週は火曜までしか情報が得られていませんが、11日(日)、12日(月)、13日(火)と情報がありました。

やはりもうこの時期はすべて2~3羽の記録でした。

2月に入り、つり橋周辺から風の丘辺りそしてカラマツ林辺りでの情報が多くなっている一方で、第1駐車場下は見られる頻度が落ちてきています。

 

シマエナガの情報は森の家までお越しください。

外の掲示板には1週間のシマエナガの動向をまとめて毎週更新している「シマエナガ出没情報マップ」を掲出しています。

また、シマエナガ観察のこつをまとめた「旭山のシマエナガ」A4横二つ折り文書も無料で配布しております。

 

 

◎トピックス

・キクイタダキ

風の丘付近、つり橋周辺、噴水近くの松にまだよく来ています。

キクイタダキは松の中を動き回り葉に隠れて見えにくいですが、枝の端に来た時は撮影のチャンスです。

動きを追っていれば撮影するタイミングが得られます。

また高い枝にいても待っていれば下に降りてくることもよくあります。

キクイタダキが「シュリ」というか細い声が松の中から聞こえたら、動きを追いながら待ってみることをおすすめします。

写真はそのように撮影した1枚です。

20180218Kikuitadaki

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・ツグミ

数羽が園内にいて声がよく聞こえてきますが、餌とする樹木の種子類が少なくなってきており、近くで見られることは少ないです。

 

 

・マヒワ

今週も鳴き声はよく聞かれ、風の丘付近や森の家裏のカラマツによく来ます。

 

 

・ウソ

声を聞く機会は比較的多いですが、都市環境林であったりミュンヘンの森近くであったりと、声が聞かれる場所はばらけています。

 

 

・シメ

第1駐車場周辺で比較的よく見られますが数は少ないです。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

今週もつり橋周辺で見られました。

 

 

・ミソサザイ

今週も情報がありませんでした。

 

 

 

◎留鳥情報

・クマゲラ

今週は園内近くでの観察記録はありませんでしたが、藻岩山から園内にかけてで声はほぼ毎日聞かれます。

 

 

・ヤマゲラ

今週は一度園内風の丘近くで低い位置に降りてきている雄の個体が見られました。

声は園内や周辺から聞こえてくることがよくあります。

 

 

・アカゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

 

・オオアカゲラ

今週は目撃情報がありませんでした。

 

 

ノスリ

今週は目撃情報がありませんでした。

 

 

ハクセキレイ

噴水広場付近から住宅街側で声を聞くことが多くなりました。

 

 

・シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

今週は情報が少なかったですが、来週は通常通りにお送りできる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

 

LINEで送る

札幌市内の公園情報