お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年11月26日(日)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎トピックス

・ノスリ

先週もお伝えしたノスリ、昨日11月25日(土)14時過ぎ、森の家の前に現れたところを撮影できました。

下の写真がそれですが、幼鳥(亜成鳥)の個体で、森の家から登山道入口下の辺りで目撃が相次いでおり、この辺りを自分の餌場としている可能性があります。

昨日も何かを捕まえて食べていましたが、枝の陰になり餌が何かは確認できませんでした。

ノスリは主にネズミ類を食べますが、鳥を襲うことはめったにないらしく、しかし昨日はノスリが現れると辺りにいたカラ類が声を上げて散り散り逃げてゆきました。

ノスリは旭山では冬には見られなくなるのが通例ですが、この個体は幼鳥ということもあってか他とは違う行動をとっている可能性があります。

この先まだ見られるか、注意深く追ってゆきます。

20171126Nosuri

 

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・イスカ

この1週間で一度目撃したという方の情報がありますが、昨日今日は確認できていません。

まだ通過するものが来るのか、来ないのか、越冬するものが来るかは分かりません。

 

・ツグミ

先週月曜日11月20日以降数が減り、今は数羽が旭山周辺に残っていると思われますが、声を聞くことは多いです。

 

 

・キレンジャク、ヒレンジャク

11月24日(金)、ヒレンジャク5羽が森の家前のハルニレのヤドリギに来て、しばらくの間餌を採ってから飛んで逃げました。

同じ日、キレンジャクも園内別の場所でナナカマドの実を食べていたとの情報がありました。

今のところレンジャクの確実な情報はそれが最後で、昨日今日は確認できていません。

ただしもうこれで終わりかどうかもまだ分かりません。

 

 

・アトリ

今週は確実な情報がありません。

 

 

・ベニヒワ

11月12日以降確実な情報はありません。

 

 

・マヒワ

やはり数は少ないですが、声を聞く機会は比較的多いです。

今のところ低い位置に降りたのを見たり撮影したという方の話はうかがっていないので、鳴き声がして確実にいる割には存在感が薄い、マヒワはそんな感じです。

 

 

・ウソ

ウソも声は比較的よく聞くことができますが、低い位置にはなかなか降りて来ないです。

 

 

・シメ

数羽が比較的よく見られますが数は減りました。

 

 

・キクイタダキ

展望台南側の針葉樹、つり橋左岸の針葉樹そして風の丘近くの針葉樹で比較的よく遭遇しますが、森の家近くのミュンヘンの森の針葉樹にはなぜかあまり来ません。

 

 

・キバシリ

今週も何度か声を聞いたのみです。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

今週はつり橋周辺から学びの森にかけての辺りでよく声を聞きました。

 

 

・ミソサザイ

時々園内西側エリアで声が聞かれます。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

11月24日(金)に確認情報がありましたが、例年よりだいぶ遅くまで残っています。

 

 

・ミヤマホオジロ

今週も情報がありませんでした。

 

 

 

◎夏鳥情報

・ルリビタキ

今週も確認情報がありませんでした。

 

 

・イカル

11月24日、2羽が上空を飛んでいました。

いつまでいるか注視してゆきます。

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

今週も基本的に先週と同じ感じで見られています。

11月24日は第一駐車場東側の川沿いから数羽の声が聞こえ、しばらく観察しているとだんだんと声が道路に近づいてきて、道路を西側に抜け斜面を上がってゆきました。

最終的には10羽以上が確認できましたが、大きな群れで行動していたことになります。

下の写真はその時にイタヤカエデにとまったところです。

その他、風の丘西側、森の家の周りいると見られる可能性が高くなります。

シマエナガについての詳しい情報は森の家でおたずねください。

20171126Shimaenaga

 

 

・ハイタカ

今週も散発的に目撃情報が上がっています。

 

 

 

・カワラヒワ

この1週間は確認できていません。

留鳥の項目で扱っていますが、夏鳥としてもういなくなった可能性もあります。

 

 

・クマゲラ

11月25日(土)、風の丘北西側すぐ近くで鳴き声が聞こえ、しばらく辺りで餌を探していたようですが姿を見ることはできませんでした。

まだ声がよく聞こえてくるのは藻岩山方向のやや遠くからが多いですが、旭山でもだいぶ声が聞こえることが増えてきました。

 

 

・ヤマゲラ

11月23日(木)、展望台付近で1羽を目視(遠くて雌雄確かめられず)、ほぼ同時に学びの森の北側の沢から「キョキョキョキョキョッ」という大きな声が聞こえてきましたが、その時は最低2羽が旭山の中で動いていたということになります。

学びの森方向の声は連日よく聞かれますが、一方で藻岩山方面からも鳴き声が聞こえてくることが多いです。

ヤマゲラは姿を見られる機会も意外と多くありそうです。

 

 

・アカゲラ

記念植樹の森から森の家の辺りでよく見られれます。

 

 

 

・ハシブトガラ

園内で鳥に餌付けをしている人がいるらしく、人を見ると近寄ってきて手を出すと手に乗る個体が数羽います。

すべてのハシブトガラがそうではありませんが、下の写真は寄ってくるうちの1羽です。

手を出して食べ物を持っていないと分かるとすぐに逃げます。

ヤマガラやゴジュウカラでもそのような行動をとる個体がいますが、ハシブトガラで顕著です。

20171126Hashibutogara

 

 

・シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

LINEで送る