お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

2017年9月5日(火)

この1週間に見られた動植物をまとめた「旭山記念公園の生き物たち」です。

 

◎野鳥編

20170905YamageraM

ヤマゲラ雄

この個体は、羽の不揃いな感じから見てどうやら幼鳥のようです。

ここ1週間ほどの間に「森の家」の周りでヤマゲラを見る機会が何度かありましたが、ヤマゲラは近づくまでほとんど声を発しないので、「鉢合わせ」となることがよくあります、ご注意ください。

 

 

20170905Nosuri

ノスリ

9月4日(月)、「森の家」上空を飛んでいました。

こちらも羽の色や生え具合などから幼鳥と思われます。

ノスリは普段旭山ではあまり見られないですが、春先のごく短期間と秋口には見られる機会が多くなります。

 

 

◎その他脊椎動物編

20170905Nihonkanahebi

ニホンカナヘビ

或る日の朝、「森の家」に入ると中にいました。

前の日に紛れ込んで閉じ込められたのか、或いはどこかカナヘビの入口があるのかもしれません。

ひとまず捕まえて外に出しました。

 

 

20170905Ezorisu

エゾリス

どんぐりかクルミか、冬に備えて何かの実を埋めている現場を見てしまいました。

 

 

◎昆虫編

20170905Ruriboshiyanma

ルリボシヤンマ

今年もホバリングしているところを撮れました。

 

 

20170905Kiageha

キアゲハ

たいてい速く飛んでいてなかなか撮影できないですが、この時は地面にとまっていました。

 

 

20170905Midorihyoumon

ミドリヒョウモン

多く見られるヒョウモンチョウの1種ですが今年の旭山では少ないです。

 

 

20170905Uramisushijimi

ウラミスジシジミ

旭山ではそれまで正式に記録されていなかった種類で、翅の裏側が見える同一個体の別の写真と合わせて確認できました。

旭山初記録ということになりますが、これで旭山で記録された蝶は55種類になりました。

 

 

20170905ZephyrsSP

ゼフィルス(シジミチョウ)の1種

ゼフィルスの多くは8月のうちに活動をやめますが、まだ生き残っているものがいました。

しかし翅はもうぼろぼろで青緑の輝きもほとんどありませんでした。

 

 

20170905AbuSP

アブの1種

正式な名前は分からないですが、なにやら毛むくじゃらで面白い顔のアブです。

 

 

◎植物編

20170905Ushitakisou1

20170905Ushitakisou2

ウシタキソウ

園内では珍しい植物で過去に1カ所だけでしか確認されていませんでしたが、今年はそれとは別の場所に小群落があるのを見つけました。

写真上が葉を含めた植物全体、下が花のアップです。

「巨木の谷」の「インディアンテント」付近にあります。

 

 

20170905Yamanigana

ヤマニガナ

8月上旬から園内でちらほらと咲いていますが、ここでの紹介は今回が初めて、遅くなってしまいました。

 

 

20170905Akinonogeshi

アキノノゲシ

先週に続いて旭山に「復活」したこの植物。

まだ展望台北西側斜面で花を見ることができます。

 

 

20170905Hangonsou

ハンゴンソウ

「栗の木デッキ」付近に旭山でただ1カ所だけ出ているハンゴンソウは今が花の盛りですが、昨年より時期が少し遅く咲いています。

 

 

20170905Tsurifunesou

ツリフネソウ

開花しました。

「栗の木デッキ」近くの2カ所で見ることができます。

 

20170905Gennoshouko

ゲンノショウコ

ピンクというか薄紫色の花のものが「栗の木デッキ」脇に数株出ていて、今花が盛りです。

 

20170905Onigurumi

オニグルミ

たわわに実っている木が園内でも何カ所かで見られます。

 

本日、ミンミンゼミが「森の家」近くで鳴いていました。

今年は1日2日ではなくもう少し長い間声が聞かれますが、複数個体がいるのかもしれません。

 

秋になると山から降りてくるカケス(亜種ミヤマカケス)、5日現在まだ旭山では見られていません。

いつ頃になるでしょうか。

そろそろ秋の頼りが本格化してきます。

 

LINEで送る