お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

2017年8月22日(火)

この1週間に見られた動植物をまとめた「旭山記念公園の生き物たち」です。

なお、野鳥について、先週土曜日に上げた「旭山記念公園野鳥情報2017年8月19日(土)」の記事で多くの写真と情報を紹介していますので、そちらの記事もご参照ください。

 

◎野鳥編

20170822HoojiroJ

ホオジロ 幼鳥

展望台下に雄の親鳥と一緒にいました。

1羽は無事に育っているようです。

この時、その2羽以外に最低もう1羽の声が聞こえましたが、姿が見えなかったためそれが雌親かもう1羽の幼鳥かは分かりませんでした。

 

 

20170819Sendaimushikui

センダイムシクイ

野鳥情報にのせた写真のうちこれのみこちらにも上げます。

センダイムシクイは8月20日(日)に園内で声を確認、その日まではまだいたことは確実ですが、雨降りの今日は声や姿を確認していません。

引き続き注意深く追ってゆきます。

 

 

20170822Hashibosogarasu

ハシボソガラス

たまにはカラスにも注目しましょう。

ハシボソガラス通称「ボソ」は展望台、噴水広場とその周りによくいます。

 

◎その他脊椎動物編

20170822Nihonkanahebi

ニホンカナヘビ

こちらを見て固まっていたので、マクロレンズで大きく寄って撮れました。

この後すぐに走って笹薮に逃げました(ご安心ください)。

 

 

◎昆虫編

20170822Oomonshirochou

オオモンシロチョウ

およそ20年ほど前から見られるようになった外来種、一時増えましたが、ここ数年は全道的に数が激減しているそうです。

 

20170822Uraginsujihyoumon

ウラギンスジヒョウモン 雄

展望台北西側のヨツバヒヨドリ群落で今週もよく見られました。

 

 

20170822Oniyanma

オニヤンマ

7月からよく見られていますが、ようやく草にとまったところを撮影できました。

 

 

20170822Madaranagakamemushi

マダラナガカメムシ

模様がきれいですね。

 

 

20170822Hannoaokamikiri

ハンノアオカミキリ

青緑に輝くきれいなカミキリムシです。

 

 

◎植物編

20170822Hangonsou

ハンゴンソウ

旭山で一カ所しかないハンゴンソウが開花しました。

しかし今年は開花が少し遅いように感じます。

 

 

20170822Nurude

ヌルデ

今の時期多く花が見られます。

秋になるヌルデの実は塩分が含まれており、冬の鳥たちの貴重な食料となります。

花が多く咲いたということは、実が多くなるということで、この冬はヌルデの実をめぐる鳥たちの動きに注目です。

 

 

20170822Susuki1

20170822Susuki2

ススキ

花が咲いている状態ですが、下の写真はその花をアップにしたものです。

 

 

※今週も写真は撮れなかったですがセミ情報があります。

ミンミンゼミが8月18日(金)から「森の家」の周りで鳴いています。

ミンミンゼミは毎年8月下旬に1日か2日鳴き声が聞かれますが、今年も現れました。

ただし毎年その時期だけで、今年はもう少し長く聞かれるか注意して追ってゆきます。

セミといえば今年はアブラゼミがとても多いです。

 

以上、「処暑」を明日に控えた旭山記念公園の生き物情報でした。

 

 

 

LINEで送る