この1週間に旭山で見られた動植物をまとめた「旭山の生き物たち」です。

今週は、17日(土)、18日(日)と「フラワーソン2017」調査を行ったため、花中心に紹介します。

 

◎花 在来種編

20170619Benibanaichiyakusou

ベニバナイチヤクソウ (ツツジ科)

都市環境林の小群落は花がピークを迎えようとしていますが、今年は花が少なく感じられます。

 

20170619Futarishizuka

フタリシズカ (センリョウ科)

都市環境林の木段脇にひとかたまりあり、花は盛りを迎えつつあります。

 

20170619Hebiichigo

ヘビイチゴ (バラ科)

種としては珍しくはないですが、旭山ではこれまで見つかっていませんでした。

フラワーソンで一斉に探した成果といえるでしょう。

 

20170619Saihairan

サイハイラン (ラン科)

都市環境林で毎年出る場所に今年も花が咲きました。

 

20170619Ezoakabana

エゾアカバナ (アカバナ科)

咲き始め、これから増えてひと月ほど花が見られます。

 

◎外来種編

20170619Francegiku

フランスギク (キク科)

今の時期旭山でいちばんよく見られる花で、日当たりのよい場所に多く出ています。

 

20170619Kourintanpopo

コウリンタンポポ (キク科)

近年各地で増えている花で、旭山でも展望台北西側斜面に多く咲いています。

 

20170619Kibanakourintanpopo

キバナコウリンタンポポ (キク科)

ひょろ長い茎の先に花がいくつにも折り重なるように咲く花で、これも展望台北西斜面と同東側階段脇に出ています。

 

20170619Hitohusaniwazekishou

ヒトフサニワゼキショウ (アヤメ科)

花の径1cmほどの小さな花、都市環境林広場に出ています。

 

 

続いて動物編、少ないのでひとまとめにします。

 

20170619AkageraM

アカゲラ

雄の個体、桜の木で何かの虫を捕っていましたが、近くに巣があるのかもしれません。

 

20170619Nihonkawatonbo

ニホンカワトンボ

初夏に多く見られるトンボ、雄は赤い翅が特徴で雄は体が白い個体もいます。

 

ようやく天気が安定してきました。

自然観察にはよい時期です。

今週土曜日24日には「自然観察会」も行いますので、ぜひ旭山にお越しください。

 

 

 

LINEで送る

札幌市内の公園情報