2017年4月15日、アオジを今年初めて確認しました。

昨年は4月13日、一昨年は4月17日が初認記録、今年はちょうどその間ということになります。

一昨日辺りからそろそろアオジ来るか来るかと待っていましたが、あの吹雪の中、少し北上を遅らせたのかもしれないです。

アオジはホオジロ科の夏鳥。

園内を歩いていると、散策路の脇の笹藪から飛び出して道に降りて餌を探したり、道を横切って反対側の笹藪に入る姿がよく見られます。

雄は木の真ん中辺りで「チョォ チー ビー ツリー」と複雑な声で囀ります。

夏鳥の中ではもっともよく見られるアオジ、10月まで比較的容易に観察することができます。

20170415AojiM

囀りするアオジの雄。

※この写真は今日撮影したものではありません。

 

 

本日、森の家の裏に現れたのは

20170415YamageraM

ヤマゲラ

この写真では分からないですが頭頂部が赤い雄の個体です。

このところ旭山を歩いていると「ピョッピョッピョッピョッ」という甲高い声がよく聞こえてきますが、正体はこの鳥ヤマゲラの鳴き声。

キツツキ科、鳩くらいの渋い緑色の鳥です。

5月まではあの甲高い声が園内でよく聞かれますが、近くで声が聞こえたら観察のチャンスです。

LINEで送る