園内の様子

旭山記念公園の桜の状況です。

2017年4月21日(金)の定点撮影のつぼみ。

20170421Sakura

まだ大きな違いは見られません。

札幌の桜の開花予想、日本気象協会発表のものでは4月30日(日)と、1日早まりました。

しかし、このところ天気が悪くて気温が低い日が続いているので、あと8日で咲くというのがにわかには信じられない気もします。

 

20170421Sakura

満開の桜を見上げながら階段を登れる日も近づいてきました。

「旭山野鳥観察会」2017年4月8日の様子です。

 

朝8時開始 参加者15名

 

本日は風が強く、鳥はあまり出ないことが予想されました。

今回はホオジロ目的で展望台方面に行きました。

第1駐車場に着くまではあまり鳥の気配がなく、園内遠くでウソやアカゲラそしてカワラヒワの声が聞こえるだけ。

展望台付近にもお目当てのホオジロの姿や声はなし。

 

・南側斜面の土が出た場所で少し待つと、マヒワが6羽、双眼鏡で観察できる距離のシラカンバの木にやって来ました。

地面に降りて採餌する姿を観察したかったのですが、地面には降りずに飛んで逃げました。

しかし木の枝にじっととまっている瞬間があり、双眼鏡では観察できました。

 

・そこにツグミも飛んで来ました。

最初1羽、2羽と来ましたがそのうち連なるように飛んできて20羽以上はいたでしょうか。

一瞬でしたが多くのツグミの姿を見ることができました。

 

・トビも上空を飛んでいました。

トビは旭山では観察機会が少なく、しかし春先と秋は比較的よく見られます。

強風の中羽ばたかずに空を舞っていました。

 

・噴水広場に移動する途中ホオジロの囀りが聞こえてきましたが、近くにはおらず観察はできませんでした。

 

・展望台下から川沿いに歩いてつり橋まで進む間にはシジュウカラとヤマガラがいました。

 

・つり橋手前のトドマツでヒガラが餌を探して動いており、近くで見ることもできました。

・つり橋に移動するとヒガラが間近で見られました。

頭の「ちょんまげ」=冠羽も確認できました。

近くでもう1羽が囀りをしているのを発見。

その個体は橋に近寄ってきて人の近くで囀りしていました。

そこではハシブトガラも囀りしていました。

 

・ヤマゲラの声が森の家に向かう道中のどこかから聞こえてきましたが、聞こえたのはその一瞬だけで姿を見ることはできませんでした。

 

・今日は風が強く予定より早めに切り上げて森の家に戻りました。

森の家ではシラカンバ樹液で入れたコーヒーを飲みました。

●今日は20種を確認(声だけのものも含む)。

強風の割には数が多く、近くで見られた鳥も何種類かいてそれなりに充実した観察会でした。

参加された皆様、寒い中最後までありがとうございました。

 

※次回「旭山野鳥観察会」は4月29日(土) 8時開始です。

後日詳細ご案内いたします。

 

20170408Higara

ヒガラ(本日撮影したものではありません)

 

●本日確認された野鳥・・・20種

(以下順不同)

1.ハシブトガラス

2.ハシボソガラス

3.ウソ

4.カワラヒワ

5.マヒワ

6.ホオジロ

7.エナガ(亜種シマエナガ)

8.ゴジュウカラ(亜種シロハラゴジュウカラ)

9.シジュウカラ

10.ハシブトガラ

11.ヤマガラ

12.ヒガラ

13.ツグミ

14.キクイタダキ

15.ヒヨドリ

16.ハクセキレイ

17.アカゲラ

18.コゲラ

19.ヤマゲラ

20.トビ

 

20170408A

 

 

新年度、2017年度最初の日の旭山記念公園の様子です。

HP20170401A1

今日は昼過ぎまで快晴、青空が広がっていました。

 

20170401A2

日当たりがいい場所はだいぶ雪が解けて土が見えるようになってきました。

 

20170401A3

「遊具広場」のすべり台はまだ雪に囲まれ、すべることができません。

 

20170401A7

トドマツのどこかにキクイタダキがいる。

展望台の松のてっぺんではホオジロが囀りを始めている。

 

※どちらもこの写真には写っていません。

 

20170401A4

藻岩山がまるで白樺のスクリーンに映し出されたように見えました。

 

20170401A5

早いところではもうフキノトウが出始めています。

 

20170401A6

旭山記念公園、今年度のレストハウスは4月22日(土) 10時より営業開始となります。

ただいま準備中、今しばらくお待ちください。

 

「森の家」、今年は毎週金、土、日、祝日10時~16時開館です。

※状況や天気によりその他開館日を設けることもあります。

詳細は追って連絡させていただきます。

 

今年度も旭山記念公園をよろしくお願いします。

 

 

 

 

2016年10月28日金曜日の旭山記念公園紅葉情報です。

20161028A02

園内の木々の色づき、最高潮といえるのでしょうか?

今年は緑の葉が多く残っていると感じられます。

 

20161028C

展望台から望む円山も、色づきはきれいだけど緑も意外と多い。

 

20161028A05

藻岩山を背景にした定点観察地点、先に色づくシラカンバはもう落葉が進んでいます。

 

20161028A06

赤いハウチワカエデは園内どこでもまだ多く残っています。

 

20161028A16

第1駐車場から「森の家」に続く「紅葉のひさし」はもうほとんど葉が落ちました。

 

20161028A07

20161028A08

今年は第1駐車場=上の駐車場壁面上の木々が例年よりきれいに色づいています。

 

20161028A09

20161028A10

定点観測地点、第1駐車場入口のヤマモミジ。

今年は真っ赤にまではならない葉が多いものの、やはりここの木は見応えがあります。

 

20161028A12

20161028A13

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジの木もピークからそろそろ落葉が進む頃。

この木も近くで見るとすべてが真っ赤ではなく、今年は赤く色づく葉はいまひとつの年といわれているのが分かる気がします。

しかしそれでも一見の価値は十分にある木です。

 

20161028A01

第1駐車場側からヤマモミジの木々を望む。

この辺りは車の往来が多いため、写真撮影などにはお気を付けください。

 

 

20161028A14

ヤマモミジの木の近くから藻岩山を望む。

20161028A17

「森の家」から藻岩山登山道入口に向かう橋。

ここは黄色が中心です。

 

20161028A18

旭山の紅葉、ピークは過ぎた感がありますが、明日明後日の土日はまだまだ十分に楽しめます。

 

なお、紅葉の時期は駐車場が混み合い、入場までに時間を要することがあります。

ご来園の際には係員の誘導に従って車をとめていただけるようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2016年10月19日水曜日、旭山記念公園の紅葉情報です。

この3日間で紅葉が一気に進んだ感があります。

 

20161019A01

第一駐車場入口のヤマモミジ、まだ木全体が真っ赤ではないですが、赤い葉が増えました。

 

20161019A03

ヤマモミジにさらに寄って撮影した1枚。

色の変化がきれいです。

 

20161019A02

その横の園内でいちばんきれいに色づくヤマモミジの木も、赤い葉と緑の葉が混ざっています。

 

20161019A05

展望台の一本桜は色づきが最終段階、落葉が始まっています。

 

20161019A06

展望台に上り、一本桜の反対側から、藻岩山を背景に撮影。

 

20161019A07

円山も色づいています。

 

20161019A08

展望台の階段から藻岩山を望むいつもの風景。

 

20161019A08

第一駐車場から森の家に向かう「紅葉のひさし」も今日は歩いていて気持ちがいいです。

 

20161019a09

ナナカマドが真っ赤に色づいています。

 

20161019A10

シラカンバの黄色も陽光に映えて見えます。

 

20161019A11

今はどこを見ても紅葉に目が奪われます。

 

20161019A12

明日から週末まで天気が崩れる予報が出ています。

紅葉がピークを迎えるこの時期、なんとか晴れてもらいたいものです。

しかし今日は午後からでも青空の下で紅葉を楽しむことができます。

 

紅葉散策、旭山記念公園にぜひお越しください!

 

20161019A13

 

 

 

 

2016年10月16日日曜日の旭山記念公園の紅葉情報です。

 

20161016A01

「森の家」から展望台に向かう道。

一部のヤマモミジが真っ赤に染まっていますが、低い木なのでじっくりと見ることができます。

 

20161016A02

展望台に向かう道。

 

20161016A04

「森の家」に向かう坂道の木々も色づいてきました。

ここは「紅葉のトンネル」と呼んでいましたが、「トンネル」というほど上が覆われてはいないので、今回から呼び名を変えます。

「紅葉のひさし」

これがこの場所の新しい呼び名です。

 

20161016A03

展望台の「一本桜」はもう真っ赤。

 

20161016A05

階段の下から見上げた1枚。

今日は天気もよく気温も上がって、公園にいらっしゃる方も多かったです。

 

20161016A06

展望台から望む円山も木々の色づきがパッチ状になってきました。

 

20161016A07

展望台から藻岩山方向を望む。

手前の一足早く真っ赤になったカエデは足を止めて写真を撮る人が多くいらっしゃいました。

20161016A08

これがそのハウチワカエデ。

 

20161016A09

今日は藻岩山が霞んで見えました。

20161016A10

第一駐車場入口のヤマモミジ。

今日は午後からの撮影で写真の光線状態がもうひとつ。

でも色づきはだいぶ進んできました。

 

20161016A11

いちばんきれいに色づくヤマモミジもだいぶ赤が増えてきました。

 

20161016A12

今の時期はどこを歩いてもきれいに色づく木々に出会えます。

 

20161016A13

最後「森の家」前広場。

エゾヤマザクラが多いためもうだいぶ色づきが進んでいます。

 

紅葉は次の土日に見頃を迎えそうです。

秋は早足ですね。

 

 

 

 

2016年10月14日金曜日現在の旭山記念公園の紅葉情報です。

 

HP20161014A1

展望台「一本桜」はもう紅葉がだいぶ進んでいます。

 

20161014A2

20161014A3

「一本桜」、「アーチ橋」の上からと近くで撮影した2枚。

 

20161014A4

「レストハウス」斜め前のエゾヤマザクラも紅葉しています。

 

20161014A5

この写真の赤い葉もエゾヤマザクラ。

エゾヤマザクラはもう紅葉の盛りといえるでしょう。

 

20161014A6

円山を望む。

だいぶ木々の葉が黄色がかってきました。

 

20161014A7

展望台の階段から藻岩山を望む。

手前のエゾヤマザクラやカエデ類はもう赤くなっています。

 

20161014A9

第1駐車場入り口で毎年真っ赤に染まるヤマモミジもだいぶ赤い葉が目立ってきました。

 

20161014A11

その近くの園内でいちばんきれいに色づくヤマモミジも葉が赤くなってきています。

 

20161014A10

紅葉し目立つ葉の写真を中心に紹介してきましたが、全体の色づきとしてはまだこれくらいです。

 

20161014A8

第1駐車場から「森の家」までの「紅葉トンネル」はまだ色づきが足りません。

 

20161014A13

こちらのシラカンバはきれいに黄色く色づいてきています。

 

20161014A14

最後「森の家」前広場。

 

明日明後日15日16日の土日は、本格的な紅葉にはまだ早いですが、予報によればお天気に恵まれるようで、紅葉が始まった旭山の散策を楽しむことができそうです。

ぜひお越しください。

HP20160613FlowersTop

今この時期に旭山で見られる外来種の花を集めてみました。

まずはマメ科から。

 

20160613Lupinus

ルピナス マメ科

展望台で目を引くルピナス。

 

20160613Shirotumekusa

シロツメクサ マメ科

園内至る所に出ていますが、「森の家」の前では毎年四つ葉のクローバーが見つかっています。

 

20160613Murasakitsumekusa

ムラサキツメクサ マメ科

別名「アカツメクサ」、園内の日当たりがいい林床でよく見られます。

 

20160613Enishida

エニシダ マメ科

「学びの森」脇と「ハルニレ広場」のどちらも日当たりがいい斜面に出ています(植栽と思われます)。

 

20160613Niseacacia

ニセアカシア マメ科

別名「ハリエンジュ」、花はそろそろ終わりです。

 

続いてキク科。

20160613Kourintanpopo

コウリンタンポポ キク科

「噴水広場」横の芝生にたくさん出ていて目を引きます。

 

20160613Kibanakourintanpopo

キバナコウリンタンポポ キク科

日当たりのよい斜面に所々見られます。

下のブタナよりも小さな花がまとまってつくのが特徴です。

 

20160613Butana

ブタナ キク科

タンポポに似ていますがタンポポはひとつの茎に花がひとつ(ひとかたまり)だけ咲くのに対し、ブタナは茎が分かれて花が幾つか咲きます。

なお、セイヨウタンポポはもう花が終わりました。

 

20160613Francegiku

フランスギク キク科

展望台の周り、道路沿い、「森の家」の周りなどところどころで群落を形成しています。

冒頭写真の下に見える白い花がこのフランスギクです。

他もう1種類。

 

20160613Heraoobako

ヘラオオバコ オオバコ科

日当たりのよい場所の道の縁に所々出ています。

 

元々あった植物(在来種)の花は5月に多く咲きましたが、外来種の花は6月に入って増えました。

 

 

 

 

2016年5月14日、旭山記念公園の八重桜の様子です。

20160514Yaezakura1

レストハウスから噴水広場に向かう途中の八重桜並木、7分咲きくらいになりました。

 

20160514Yaezakura2

部分的に見ると満開といえるかもしれません。

 

20160514Yaezakura3

「2丁目広場」から木段を上って来ると、八重桜が迎えてくれます。

 

20160514Yaezakura4

そのまま進み真下で見上げた1枚。

 

20160514Yaezakura5

順光では花がよく見えます。

今日も気温が高いため、明日は満開といえる状態かもしれません。

2016年はまだまだ始まったばかりで春の話題は早いかもしれないですが・・・

20160111Kitakobushi1

展望台の北西側にあるキタコブシ。

写真向かって右側の樹皮が白っぽい木ですが、この春は花がたくさん咲きそうです。

 

20160111Kitakobushi2

花をつける大きな筆のような冬芽が今年はたくさんついています。

今から春が楽しみですね。

今日の旭山記念公園の様子をもう少し。

20160111Sekihi

展望台の「宮田益子歌碑」の前に誰かが作った雪だるまがありました。

 

20160111OoakageraF

この冬よく見られるオオアカゲラ雌、今朝も「森の家」近くのシラカンバに来ていました。

 

20160111Gojuukara

ゴジュウカラもいました。

いつものように下向きで。

20160111Mouse

「森の家」テラスにネズミの足跡がありました。

 

20160111Mouse2

雪が薄く積もっているせいで、足跡がくっきりと残っています。

 

本日も「森の家」16時まで開館しています。

園内散策や登山の際にぜひお立ち寄りください。