お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

自然情報

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年12月10日(日)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎トピックス

・クマタカ

12月5日(火)10時頃、旭山記念公園にクマタカが現れました。

森の家北西側の上空を1羽のクマタカが西から東に飛んだ後、北向きに旋回して見えなくなりました。

10月1日につがいと思われる2羽が現れており、この秋から冬にかけて2回目の記録になりますが、今後も散発的に現れる可能性がありそうです。

 

 

・クマゲラ

12月4日(月)、クマゲラが久し振りに園内で見られました。

雄の個体が廃屋のある辺りで木をつついて餌を探していました。

クマゲラ今年はあまり園内に寄りついていませんが、この先の動きが気になります。

20171210Kumagera

その時のクマゲラ雄です。

 

 

・ノスリ

12月4日(月)にやはり第1駐車場と第2駐車場の間辺りで低く飛ぶノスリの姿が見られました。

その時は木にはとまらずそのまま藻岩山方向に流れて姿が見えなくなりました。

しかしその翌日以降今日までノスリは確認されていませんが、もういなくなったのかたまたま見られていないだけかはまだ判断できません。

20171210Nosuri

その時のノスリです。

 

 

・ヒガラ

12月9日(土)、この冬初めて囀りを聞きました=「初鳴き」。

しかしその数日前にも囀りを聞いたとの情報もありましたが、いずれにせよこの1週間つまり12月上旬に「初鳴き」が記録されたことにはなります。

ヒガラは主に針葉樹のてっぺんで「チビチー チビチー」と囀りますが、囀りをしている時は双眼鏡があれば比較的見つけやすい鳥です。

 

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・イスカ

この1週間も情報がありません。

 

 

・ツグミ

「キュキュッ」といった声を園内で聞く機会は比較的多いですが個体数は少ないです。

 

 

・キレンジャク、ヒレンジャク

12月10日今日現在ヒレンジャクはまだ園内に残っています。

12月5日、森の家の前に8羽の群れがいましたが、よく見ると1羽だけキレンジャクでした。

翌12月6日は18羽のレンジャクの群れを見ましたが、遠かったためヒレンジャクかキレンジャクかは識別できず、しかし最近の動向からヒレンジャクが主であったと思われます。

 

 

・アトリ

今週は確情報がありません。

 

 

・ベニヒワ

11月12日以降確実な情報はありません。

 

 

・マヒワ

相変わらずといったところで数は少ないですが、声を聞く機会は比較的多いです。

 

 

・ウソ

ウソは昨日12月9日(土)、森の家の前の低い位置で2羽が観察されました。

声は今週もよく聞かれました。

 

 

・シメ

数羽が比較的よく見られます。

 

 

・キクイタダキ

今週も先週と同じく比較的よく見られ、特につり橋右岸の針葉樹での目撃が多かったです。

 

 

・キバシリ

今週は確かな情報がありません。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

この1週間の前半はつり橋周辺を中心としてよく見られましたが、昨日は確認できませんでした。

 

 

・ミソサザイ

第1駐車場周辺で今週も何度か声を聞きました。

多くはないですが園内を歩いていると出くわすことがあります。

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

今週も基本的に先週と同じ感じで見られています。

昨日12月9日、「旭山野鳥観察会」を行っていた9時過ぎに森の家広場に10羽からそれ以上の群れがやって来てみなさんで観察することができました。

なお、森の家では、シマエナガ観察のポイントをまとめたA4の小冊子「旭山のシマエナガ」を無料配布中です。

ご希望の方は森の家開館時(金、土、日、祝の10時~16時)に森の家までお越しください。

また、シマエナガの出現状況を10日ごとにまとめた「シマエナガ出没情報」を森の家横の掲示板に貼り出していますので、来園の際にはそちらもご参照ください(こちらはいつでも見られます)。

シマエナガについて詳しくは森の家にておたずねください。

20171210Shimaenaga1207

20171210Shimaenaga1208

今週撮れたシマエナガの写真です。

 

 

・ハイタカ

この1週間は目撃情報が少なかったです。

 

 

・カワラヒワ

11月29日に園内で声を聞きましたが、それ以降は確認できていません。

 

 

・クマゲラ

※上掲

 

 

・ヤマゲラ

学びの森のさらに北の森から声が聞こえてくることが多い他、藻岩山方向から声が聞こえてくることも多くなりました。

 

 

・アカゲラ

園内で比較的よく見られますが声を出さずに餌を探していると気づかないことがあります。

 

 

・オオアカゲラ

今週は情報がありませんでした。

 

 

・シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

 

よく見られます。

20171210Hiyodori

ヒヨドリの写真を1枚。

 

 

野鳥情報ですが、週末のバードウォッチングに活用していただけるよう、今後はなるべくなら土曜日に上げることを心がけてゆきます。

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年12月3日(日)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎トピックス

・メジロ

11月29日(水)10時頃、旭山記念公園展望台でメジロ1羽が観察されました。

シラカンバにとまって「チィイーッ」と大きな声で鳴き、数分間辺りをうろうろした後円山方向に飛び去りました。

メジロは札幌では夏鳥で、4月中旬に南から渡って来て10月下旬に南に戻ります。

ただし過去には2月に庭の餌台に現れたことなどがあり、冬の間の確認記録もあって、今の時期にメジロが見られるのはとりたてて不思議なことではありません。

しかしその個体はこれから南に渡るのか否か、生き延びられるかどうかは分かりません。

 

 

・ルリビタキ

12月1日(金)、森の家を来訪された方からルリビタキを見たという情報をいただきました。

背中が青くてスズメくらいかそれより大きめの鳥ということで、お話を聞いてルリビタキであると判断できるものでした。

ルリビタキ昨年は11月27日まで旭山で確認されており、今回は少し遅いかなあくらいの記録です。

 

 

・ノスリ

11月26日以降も園内でノスリが観察されています。

11月28日(火)は遊具広場上の森の中、29日(水)はそれより少し東側噴水広場下辺り、これが確実な観察情報ですが、それ以降は今のところ情報がありませんが、引き続き注意してゆきます。

なお、今回のノスリは9時以前の観察情報がほとんどなく、日が高く気温が上がってから活動している可能性があります。

 

 

・ハシブトガラ

11月29日、この冬初めて囀りを聞きました=「初鳴き」。

ハシブトガラの「初鳴き」はクリスマス前後のことが多いですが、今年は半月以上早く囀りを始めました。

しかしまだ聞く頻度はそれほど高くなく(今日は1回聞きました)、まだ本格化前の「試し鳴き」といったところかもしれません。

なお、他のカラ類、ゴジュウカラは年末、ヤマガラはお正月前後、ヒガラは1月、シジュウカラは2月の「初鳴き」が多いですが、年により大きく違うこともあります。

20171203Hashibutogara

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・イスカ

この1週間は情報がありません。

まだ通過するものが来るのか、来ないのか、越冬するものが来るかは分かりません。

 

 

・ツグミ

11月27日(月)に一度数が増えましたが、29日にはまた数羽に戻っていました。

昨日中島公園で20羽から50羽ほどが確認されており、南へ移動するのではなく山から降りている可能性もありそうです。

 

 

・キレンジャク、ヒレンジャク

12月3日本日まだヒレンジャク10羽前後が旭山に滞在しているのを確認しました。

ヒレンジャクは例年ですと森の家近くの丘にあるハルニレ大木にヤドリギの実を食べに来るのですが、今年はなぜかその木にはほとんど来ていません。

 

キレンジャクはこの1週間情報がありません。

 

 

・アトリ

今週は確実な情報がありません。

 

 

・ベニヒワ

11月12日以降確実な情報はありません。

 

 

・マヒワ

相変わらずといったところで数は少ないですが、声を聞く機会は比較的多いです。

 

 

・ウソ

ウソ今週は第1駐車場と遊具広場の間、もしくは風の丘付近の道から外れた辺りでよく声を聞きました。

 

 

・シメ

数羽が比較的よく見られます。

 

 

・キクイタダキ

今週も比較的よく見られ、特につり橋右岸の針葉樹での目撃が多かったです。

 

 

・キバシリ

今週は確かな情報がありません。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

今週もつり橋周辺から学びの森にかけての辺りによく出ました。

 

 

・ミソサザイ

森の家西側の沢と第1駐車場周辺で何度か声を聞き姿も見ました。

多くはないですが園内を歩いていると出くわすことがあります。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

今週は確認情報がありませんでした。

 

 

・ミヤマホオジロ

今週も情報がありませんでした。

例年ですともう今年中には旭山には来ないと思われ、3月の春の移動まで待つことになりそうです。

 

 

 

◎夏鳥情報

・イカル

11月29日、上空を飛んでいました。

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

今週も基本的に先週と同じ感じで見られています。

本日の出現状況です。

1回目

朝9:10頃第1駐車場下の森で声を確認、最初は声が遠くて何羽いるか分からず。

群れは少しずつ西に移動し、9:40頃第2駐車場入口のあるヘアピンカーブの辺りで道路を横切り、森の家広場の南側斜面に到達、10羽以上はいると思われる群れでした。

群れはそのまま藻岩山登山道入口の方に群れが流れて10時過ぎに声が聞こえなくなりました。

 

2回目

11:50頃風の丘と巨木の谷の間辺りで数羽の声が聞こえ、さらにカラマツ林帯の斜面でも声が。

声は少しずつミュンヘンの森方向に移動しましたが、それ以上は声を追っていることができず以降の行動は負傷です。

 

よく見られるのは第1駐車場の東から南東側の森から森の家の周りにかけての辺りです。

シマエナガについての詳しい情報は森の家でおたずねください。

屋外掲示板にはシマエナガがよく出る場所を記した園内マップも掲示してあります。

 

 20171126Shimaenaga

※先週と同じ写真です。

 

 

・ハイタカ

今週も散発的に目撃情報が上がっています。

 

 

・カワラヒワ

11月29日に園内で声を聞きましたが、それ以降は確認できていません。

 

 

・クマゲラ

今週は園内で声を聞いたり姿を見たという情報はありませんでした。

藻岩山方向からは声が聞こえることがあり、近くにはいるようです。

 

 

・ヤマゲラ

11月30日、森の家近くで2羽が追いかけっこをするように飛んでいるのが見られました。

声は学びの森のさらに北の森から聞こえてくることが多いです。

 

 

・アカゲラ

レストハウス近くの斜面に生えたヌルデの木の実を食べている姿が観察されました。

ヌルデの実には塩分が含まれており、ツグミやヒヨドリそれにカラスなどがよく食べます。

 

 

・オオアカゲラ

11月28日(火)、風の丘近くに雄のオオアカゲラが来ました。

木をつついていましたが、カケスが来てすぐに逃げました。

オオアカゲラは冬の間は見る機会が増えますが、雌の個体は比較的よく見られる一方、雄の個体は見る機会が少ないです、理由は分かりませんが。

 

 

・シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

 

よく見られます。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年11月26日(日)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎トピックス

・ノスリ

先週もお伝えしたノスリ、昨日11月25日(土)14時過ぎ、森の家の前に現れたところを撮影できました。

下の写真がそれですが、幼鳥(亜成鳥)の個体で、森の家から登山道入口下の辺りで目撃が相次いでおり、この辺りを自分の餌場としている可能性があります。

昨日も何かを捕まえて食べていましたが、枝の陰になり餌が何かは確認できませんでした。

ノスリは主にネズミ類を食べますが、鳥を襲うことはめったにないらしく、しかし昨日はノスリが現れると辺りにいたカラ類が声を上げて散り散り逃げてゆきました。

ノスリは旭山では冬には見られなくなるのが通例ですが、この個体は幼鳥ということもあってか他とは違う行動をとっている可能性があります。

この先まだ見られるか、注意深く追ってゆきます。

20171126Nosuri

 

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・イスカ

この1週間で一度目撃したという方の情報がありますが、昨日今日は確認できていません。

まだ通過するものが来るのか、来ないのか、越冬するものが来るかは分かりません。

 

・ツグミ

先週月曜日11月20日以降数が減り、今は数羽が旭山周辺に残っていると思われますが、声を聞くことは多いです。

 

 

・キレンジャク、ヒレンジャク

11月24日(金)、ヒレンジャク5羽が森の家前のハルニレのヤドリギに来て、しばらくの間餌を採ってから飛んで逃げました。

同じ日、キレンジャクも園内別の場所でナナカマドの実を食べていたとの情報がありました。

今のところレンジャクの確実な情報はそれが最後で、昨日今日は確認できていません。

ただしもうこれで終わりかどうかもまだ分かりません。

 

 

・アトリ

今週は確実な情報がありません。

 

 

・ベニヒワ

11月12日以降確実な情報はありません。

 

 

・マヒワ

やはり数は少ないですが、声を聞く機会は比較的多いです。

今のところ低い位置に降りたのを見たり撮影したという方の話はうかがっていないので、鳴き声がして確実にいる割には存在感が薄い、マヒワはそんな感じです。

 

 

・ウソ

ウソも声は比較的よく聞くことができますが、低い位置にはなかなか降りて来ないです。

 

 

・シメ

数羽が比較的よく見られますが数は減りました。

 

 

・キクイタダキ

展望台南側の針葉樹、つり橋左岸の針葉樹そして風の丘近くの針葉樹で比較的よく遭遇しますが、森の家近くのミュンヘンの森の針葉樹にはなぜかあまり来ません。

 

 

・キバシリ

今週も何度か声を聞いたのみです。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

今週はつり橋周辺から学びの森にかけての辺りでよく声を聞きました。

 

 

・ミソサザイ

時々園内西側エリアで声が聞かれます。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

11月24日(金)に確認情報がありましたが、例年よりだいぶ遅くまで残っています。

 

 

・ミヤマホオジロ

今週も情報がありませんでした。

 

 

 

◎夏鳥情報

・ルリビタキ

今週も確認情報がありませんでした。

 

 

・イカル

11月24日、2羽が上空を飛んでいました。

いつまでいるか注視してゆきます。

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

今週も基本的に先週と同じ感じで見られています。

11月24日は第一駐車場東側の川沿いから数羽の声が聞こえ、しばらく観察しているとだんだんと声が道路に近づいてきて、道路を西側に抜け斜面を上がってゆきました。

最終的には10羽以上が確認できましたが、大きな群れで行動していたことになります。

下の写真はその時にイタヤカエデにとまったところです。

その他、風の丘西側、森の家の周りいると見られる可能性が高くなります。

シマエナガについての詳しい情報は森の家でおたずねください。

20171126Shimaenaga

 

 

・ハイタカ

今週も散発的に目撃情報が上がっています。

 

 

 

・カワラヒワ

この1週間は確認できていません。

留鳥の項目で扱っていますが、夏鳥としてもういなくなった可能性もあります。

 

 

・クマゲラ

11月25日(土)、風の丘北西側すぐ近くで鳴き声が聞こえ、しばらく辺りで餌を探していたようですが姿を見ることはできませんでした。

まだ声がよく聞こえてくるのは藻岩山方向のやや遠くからが多いですが、旭山でもだいぶ声が聞こえることが増えてきました。

 

 

・ヤマゲラ

11月23日(木)、展望台付近で1羽を目視(遠くて雌雄確かめられず)、ほぼ同時に学びの森の北側の沢から「キョキョキョキョキョッ」という大きな声が聞こえてきましたが、その時は最低2羽が旭山の中で動いていたということになります。

学びの森方向の声は連日よく聞かれますが、一方で藻岩山方面からも鳴き声が聞こえてくることが多いです。

ヤマゲラは姿を見られる機会も意外と多くありそうです。

 

 

・アカゲラ

記念植樹の森から森の家の辺りでよく見られれます。

 

 

 

・ハシブトガラ

園内で鳥に餌付けをしている人がいるらしく、人を見ると近寄ってきて手を出すと手に乗る個体が数羽います。

すべてのハシブトガラがそうではありませんが、下の写真は寄ってくるうちの1羽です。

手を出して食べ物を持っていないと分かるとすぐに逃げます。

ヤマガラやゴジュウカラでもそのような行動をとる個体がいますが、ハシブトガラで顕著です。

20171126Hashibutogara

 

 

・シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年11月18日(土)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎トピックス

・イスカ

イスカが2017年11月16日(木)午前9時頃、この秋以降初めて旭山で確認されました。

6羽ほどの群れが森の家近くのカラマツで松かさ(松ぼっくり)を食べている様子が観察されました。

翌17日(金)も朝8時頃に園内のカラマツで確認されましたが、それ以降今日まで観察されていません。

12月中旬までに見られるイスカは1日から数日滞在するだけの通過個体であることが多く、今回の群れはもう見られないかもしれないですが、初冬は北からの移動個体が何度か見られることがあり、今後も旭山でイスカが見られる可能性は低からずあります。

【2017年11月19日 写真追加】

20171118IsukaM

その時のイスカ雄の写真です(トリミングしています)。

 

 

・オオワシ

同じく2017年11月16日朝8時過ぎ、オオワシ1羽が旭山上空を飛んでいるのが確認されました。

地上からの高度は100mからそれ以上ありましたが、黒と白のツートンカラーでオオワシと分かりました。

円山方向から飛んで来て南西にまっすぐ飛び抜けました。

オオワシは近いところでは石狩川下流域で越冬しており、11月から3月の間は時々内陸まで餌を探しに行く姿を旭山でも見ることができます。

4年前には11月に3回(3日)ほど観察され、一度は森の家のすぐ上を肉眼でも黄色い嘴が分かるほど低く飛んでいたこともありました。

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・ツグミ

今日も30羽以上の群れが園内にいますが、今回の荒天で明後日以降数がどうなるか分かりません。

 

 

・キレンジャク、ヒレンジャク

11月17日、ヒレンジャクとキレンジャクそれぞれ数羽の群れが園内で確認され、本日9時半過ぎに森の家前のハルニレのヤドリギにヒレンジャク5、6羽の群れが来ました。

ヒレンジャクとキレンジャクどちらもいるのは旭山では珍しいことであり、しかも両種混じらずそれぞれの群れで行動するのも今までは観察されなかったことです。

ヒレンジャクとキレンジャク、いつまで見られるか、この先も注視してゆきます。

 

 

・アトリ

11月17日に3羽が観察され、まだ旭山周辺に残っているようです。

 

 

・ベニヒワ

11月12日(月)に数羽の群れが観察されましたが、それ以降園内では確認されていません。

 

 

・マヒワ

園内で時より上の方から「ジュイーン」という声が聞こえてきますが、3羽から数羽の群れでやはり数はまだあまり多くありません。

ただし数が少ない割に声が聞こえてくることはよくあります。

 

 

・ウソ

11月17日、噴水広場近くで5、6羽の群れがナナカマドの実を食べていました。

近寄ると飛んで逃げましたが、雌1羽だけがその場に残って食べ続けていました。

写真はその時のものです。

ウソは今日も声が聞こえ、旭山周辺に滞在しているのは確かで、昨日のように時々低い場所で見られる機会もあると思います。

20171118UsoF

 

 

・シメ

11月17日、ウソと同じ場所で10羽くらいの群れが地面に降りて採餌していました。

シメ自体は数羽がよく見られますが、その時は数が多かったのと地面に降りていたことがいつもと少し様子が違いました。

 

 

・キクイタダキ

このところ針葉樹で見られる機会が多くなってきており、時々カラ類混群に入って一緒に行動しています。

キクイタダキめあての場合、声や行動が目立つカラ類の動きにも注目するとよいかもしれません。

 

 

・キバシリ

今週は何度か声を聞いたのみです。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

園内でよく見られますが、つり橋周辺で特に姿を見たり声を聞くことが多いです。

 

 

 

・ミソサザイ

今週は噴水広場近くと風の丘近くで声が聞かれました。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

昨日11月17日、園内に2、3羽がまだ残っているとの確認情報がありました。

※シロハラの情報は今年はまだ入っていません。

 

 

・ミヤマホオジロ

今週も情報がありませんでした。

 

 

 

◎夏鳥情報

・ルリビタキ

今週も確認情報がありませんでした。

 

 

・イカル

11月17日、1羽が囀りをしイタヤカエデの種子を食べているところが観察されました。

まだいるようですが今月に入っての目撃情報はすべて1羽だけで行動していた時のものです。

 

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

観察機会が増えてきました。

最近は第一駐車場と遊具広場の間にある川沿いの森での観察例が多いのですが、第一駐車場の回廊(歩道)で待っていると、歩道まで枝が伸びている木にシマエナガが飛んで来ることがあり、その場合は近くで見ることができます。

写真はその時にハルニレにとまったところのものです。

その他、風の丘西側、森の家の周りと、先日お伝えしたように園内の沢=谷を中心に移動しているようで、その辺りで他の鳥を見ながら待っていると見られる可能性が高くなります。

20171118Shimaenaga

 

・ハイタカ

このところ目撃情報が増えており、昨日11月17日は3回の情報がありましたが、すべて森の家から風の丘にかけての公園内西側エリアでのものです。

この辺りはカラ類混群やツグミ、レンジャクなどもよく現れる場所であり、それらを狙っての行動と思われます。

昨日の目撃情報には雄雌両方がありました。

ハイタカは早朝から動いていることもあり、今の時期は観察にはいい頃です。

ハイタカは枝から枝に飛び移る際に一度高度を下げてから再び上がって枝に止まり、一度の飛翔でそれほど遠くには逃げないのが特徴です。

 

 

・ノスリ

本日11月18日、森の家近くでノスリを撮影した方がいらっしゃった他、火曜日にも園内別の場所での観察情報もありました。

11月にノスリがこれだけ出るのは旭山では珍しいことですが、この先いつまで見られるかは過去の観察例がないのでなんとも言えません。

ちなみに旭山では積雪期の観察記録は今のところありません。

 

 

・カワラヒワ

まだ園内で確認されています。

 

 

・クマゲラ

今週は風の丘北西側の公園外やや近くから鳴き声が聞こえてきた他、藻岩山方向からも声が聞こえてきました。

ただ園内の近くで見られたという情報は今週もありませんでした。

 

 

・ヤマゲラ

学びの森方面と藻岩山方面から鳴き声が聞こえてくることが増えてきましたが、園内での目撃情報はやはり少ないです。。

 

 

・アカゲラ

記念植樹の森から森の家の辺りでよく見られれます。

 

 

・シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

今日の午後から明日にかけて大荒れの天気予報が出ており、野鳥観察には適さない天気になるかもしれません。

天気が荒れた後に旭山の鳥の様相も変化することも考えられます。

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年11月12日(日)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・ツグミ

11月11日(土)に数が一気に増え、今日も30羽以上の群れが園内で見られました。

いつも木の高いところや上空を飛んでいますが、時々ナナカマドの実などを食べに低いところに降りてきます。

ツグミは真冬に数が減りますが、いつまで数多く見られるか注視してゆきます。

 

 

・キレンジャク、ヒレンジャク

キレンジャクは8羽の群れが園内で比較的よく見られます。

先週まではヒレンジャクも見られましたが、今週はヒレンジャクは確認できていません。

旭山の場合、例年ヒレンジャクが10月下旬から1月まで滞在しますが、今年はキレンジャクに取って代わられているようです。

この先まだ注視して

 

 

・アトリ

今週は数羽の目撃情報が何度かあり、まだ旭山周辺に残っているようです。

アトリは毎年少数が越冬し5月上旬まで見られます。

 

 

・ベニヒワ

昨日は数羽の群れがいましたが今日はまだ確認していません。

 

 

・マヒワ

園内で時より上の方から「ジュイーン」という声が聞こえてきますが、今日第一駐車場付近で数羽の群れを目視、数はまだあまり多くないようです。

 

 

・ウソ

引き続き園内で声が聞かれますがなかなか近くで見ることができません。

ゆえに亜種アカウソがいるかどうかもまだ確認できていません。

 

 

・シメ

数羽が比較的よく見られます。

 

 

・キクイタダキ

今週も時々園内で確認できましたが、つり橋左岸から風の丘にかけての辺りにある針葉樹で観察例が多くなっています。

 

 

・キバシリ

声が比較的よく聞かれるようになってきました。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

昨日、森の家の前で地面に降りてさかんにどんぐりを探して食べる様子が観察されました。

写真はその時の1枚です。

20171112Kakesu

 

 

・ミソサザイ

今週も目撃情報がありました。

「ジッ ジジジジッ」と笹薮をはじめとした地面近くの低い場所で鳴いています。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

本日11月12日、2、3羽を観察、まだ残っていることが確認されました。

※シロハラの情報は今年はまだ入っていません。

 

 

・ミヤマホオジロ

今週は情報がありませんでした。

 

 

 

◎夏鳥情報

・ルリビタキ

今週は確認情報がありませんでした。

 

 

・イカル

11月7日(火)、森の家上空を1羽が「キョッキョッ」と鳴きながら飛んでいました。

イカルはかつて越冬したことがあります。

 

 

・モズ

本日11月12日、園内で「キチッ」というモズの高鳴きが聞こえてきました。

先月中旬から何度か聞いていますが、旭山でモズの高鳴きが聞かれるのは比較的珍しいことです。

モズは数年前12月に姿を見たことがあり、この先どうなるかまだ動向が読めません。

 

 

・ベニマシコ、ホオジロ、アオジ、メジロ、クロツグミ、アカハラ、ウグイス、キセキレイ、キジバト

今週は確認されておらず、南に移動した可能性が高いです。

 

※イカルとモズ以外の夏鳥はもういなくなったとみていいかもしれません。

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

11月11日13時過ぎに10羽以上の群れが森の家近くで見られました。

昨日は午前中にも第一駐車場下で数羽が確認されましたが、見られる機会は増えてきています。

旭山のシマエナガは基本的に谷を中心として移動し餌を探すことが多いようで、大小問わず園内の谷を中心に見て行くと遭遇する確率が高まると思われます。

森の家はすぐ西側に谷があるため周りでのシマエナガの出現が多くなっています。

写真は昨日森の家の前で撮影したものです。

20171112Shimaenaga

 

 

・カワラヒワ

11月10日(金)に園内で確認されていますが、昨日今日と未確認です。

越冬することもありますがまだ分かりません。

 

 

・クマゲラ

今週は藻岩山方向から鳴き声が聞こえてきただけで、この時期まだ旭山記念公園には寄りついていないようです。

 

 

・ヤマゲラ

学びの森方面と藻岩山方面から鳴き声が聞こえてくることがよくありますが、園内での目撃情報は減り気味です。。

 

 

・アカゲラ

記念植樹の森から森の家の辺りでよく見られれます。

 

 

・シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

・ハクセキレイ

噴水広場付近から住宅街にかけての辺りで時折声を聞きます。

 

 

・ノスリ

11月10日(金)に園内での観察情報がありました。

つり橋付近でエゾリスを狙っていたと思われる行動をとっていたとのことです。

ノスリは旭山では今のところ冬の観察記録がないですが、この先注視が必要です。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年11月4日(土)、この1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎今週のトピックス

・ハイタカ

2017年11月3日(金)9時頃、ハイタカが旭山記念公園内に現れました。

記念樹の森で最初に見た時はアカゲラを襲っていましたが捕獲に失敗。

それからポプラの木にとまり、時々羽づくろいをしながら休んで体力回復を待っている様子でした。

10分ほど経過、木から谷に向けて飛んでつり橋の辺りで姿が見えなくなりました。

つり橋まで歩いて探すと、西側の森から「キュロキュロ」というマミチャジナイの声が聞こえ、マミチャジナイが頭上間近で見えたところですぐ後ろから飛んでくるハイタカを再発見。

2羽は展望台の方に飛んで行きましたが、狩りに成功したかどうかは不明です。

この日はハイタカを最初に発見する直前にすぐ近くにいたレンジャクの群れ(ヒかキか両方かは確認できず)が一斉に飛んで逃げましたが、それはハイタカの動きを察知したものである可能性が高そうです。

ハイタカは例年11月から1月の間は園内で目撃情報が増えますが、これからしばらくの間は見られる機会が多くなると予想されます。

写真はその休憩中のハイタカです。

20171104Haitaka

ハイタカとしてはかなり大きく雌の個体と思われます。

 

 

・キレンジャクとヒレンジャク

11月2日(木)、キレンジャクとヒレンジャクがヤマブドウの実を食べていました。

両方合わせて20羽ほどの群れが、記念植樹の森の近く、高さ8mほどに実ったヤマブドウの実を数羽ずつ交互に食べていました。

キレンジャクとヒレンジャクはほぼ1:1くらいいたと思われます。

ヒレンジャクはこの秋旭山で確認したのは初めてでしたが、キレンジャクは先週号でお知らせした10月2日以来です。

翌日も15羽ほどの群れが滞在していましたが(ハイタカの項で触れたもの)、すぐに逃げたためキレンジャクかヒレンジャクかその両方かは確認できませんでした。

ヤマブドウの実を食べるキレンジャクとヒレンジャクの写真です。

20171104Renjaku

この写真のヒレンジャクは真ん中下の翼を広げている個体、それ以外はキレンジャクです。

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・ツグミ

11月2日からだんだん増えてきて、昨日今日は歩いているとさかんに「キュルーッ」という声が空から聞こえてきます。

園内では噴水広場南側の遊具広場方向に続く道で群れがよく見られます。

また今日は数羽の群れがナナカマドの実を食べていましたが、秋のうちからナナカマドを食べるのは比較的珍しく、今年は餌が少ないのかもしれません。

 

 

・アトリ

10月31日(火)、数十羽の群れが園内で観察され、11月3日(金)にも数羽の群れが確認されました。

アトリは例年秋に大量に入って来た後、数羽が越冬し、5月上旬まで見られます。

 

 

・ベニヒワ

11月2日に数羽の群れの声を聞きましたが、まだ少なく、これから増えるかどうかもまだ分かりません。

 

 

・マヒワ

園内で時より上の方から「ジュイーン」という声が聞こえてきますが、こちらもまだ少ないです。

 

 

・ウソ

園内で声を聞くことが増えました。

 

 

・キクイタダキ

今週も時々園内で確認できました。

 

 

・キバシリ

声が比較的よく聞かれ姿も見られるようになってきました。

 

 

・シメ

数羽が比較的よく見られます。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

今年は旭山に2羽かが定着しているようです。

写真は11月2日に撮影、どんぐりを割って中を食べていました。

20171104Kakesu

 

 

・ミソサザイ

先週から園内での目撃情報が増えてきました。

「ジッ ジジジジッ」と笹薮をはじめとした地面近くの低い場所で鳴いています。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

11月4日(土)現在まだ確認されていますがもう数が少なくなりました。

 

※シロハラの情報は今年はまだ入っていません。

 

 

・ミヤマホオジロ

先週号の追補で10月28日にこの秋初めて現れたとお伝えしましたが、それ以降の確認情報はありません。

 

※カシラダカも今週は情報がありません。

 

 

 

 

◎夏鳥情報

・ルリビタキ

今週は何度か声が聞かれたましたが少ないです。

 

 

・ベニマシコ

10月31日には園内で声を確認しましたが、ここ3日は聞いていません。

そろそろ南に行ったと思われます。

 

 

・クロツグミ、アカハラ

10月25日(水)以降の情報はありません。

 

 

 

・ホオジロ

11月2日にミュンヘンの森で確認されましたが、いつまで見られるでしょうか。

 

 

・アオジ

10月30日(月)を最後に旭山では確認できなくなりました。

 

 

・ウグイス

11月2日に確認されましたが、ここ2日は確認情報がありません。

そろそろ南に渡った頃でしょうか。

 

 

・メジロ

10月28日の記録が今のところ今年最後ですが、終見日の確定はもう少し様子を見てからにします。

 

 

 

・キセキレイ

さらにこの1週間は情報がなく、もう南に渡った可能性があります。

 

 

・キジバト

10日ほど確認情報がありません。

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

11月1日(水)に10羽以上の群れの確認情報がありました。

昨日、今日と森の家の周りに数羽の群れが現れており、見られる機会は確実に増えてきています。

 

 

・カワラヒワ

今日現在まだ園内で確認されていますが、越冬するのか、冬にはいなくなるのか、まだ分かりません。

 

 

・クマゲラ

11月1日に森の家裏で、11月3日に界川住宅街方向から声が聞こえてきましたが、園内での目撃情報は今週もありませんでした。

しかし近くにいることは確かなようです。

 

 

・ヤマゲラ

今週も噴水広場下、ピクニックテラスから学びの森辺りにかけてこのところでの目撃情報が多く上がっています。

 

 

・アカゲラ

記念植樹の森から森の家の辺りでよく見られるようになってきました。

雄と雌両方の個体が確認されており、最低2羽はいることになります。

 

 

・シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス

よく見られます。

ヒガラは噴水広場下のトドマツ林によく来ます。

 

 

・ハクセキレイ

噴水広場付近から住宅街にかけての辺りで午前中に比較的よく声が聞かれます。

 

 

・ハシボソガラス

噴水広場付近の芝生で2羽から4羽がよく餌を探して歩いています。

 

 

 

落葉広葉樹の葉もほとんど落ち、鳥の姿が見つけやすくなりました。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2017年10月28日(土)、この1週間の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山記念公園で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

【2017年10月29日(日)追加補足】

・ミヤマホオジロ

10月29日(日)、ミヤマホオジロが今年の秋初めて旭山で確認されました。

雌雄1羽ずつ目視で確認しましたが、声はもうひとつあったように感じられ、3羽の可能性があります。

展望台とつり橋の間の一帯で木にとまりながら時々地面近くに降りて餌を採っていましたが、その間「ぐぜり」のような声も聞こえてきました。

ミヤマホオジロの地鳴きをカタカナでは「チッ」と書き表しますが、アオジの地鳴きに比べて音に湿り気がある感じがします(抽象的な表現ですが)。

ミヤマホオジロ、旭山では通常は1、2日の滞在でいなくなりますが、11月までひと月ほど滞在した年もあり、これから動向を注視してゆく必要があります。

次の写真は本日撮影したミヤマホオジロ雄の個体です(写真はトリミングしています)。

20171029Miyamahoojiro

 

 

◎冬期間見られる鳥情報

・キレンジャク

10月26日(木)、キレンジャクが8羽展望台付近の木にとまっていました。

旭山で確実なレンジャクの情報はこの秋はこれが初めてです。

例年であればヒレンジャクが先に確認されており、この秋も市内別の場所からヒレンジャクの情報がありますが、旭山では今のところヒレンジャクはまだ確認されていません。

キレンジャク、旭山では秋の間はヒレンジャクの群れに2、3羽混ざって観察されることが多く、キレンジャクだけの群れが見られた場合はその後滞在することは少なく、たいていの場合は北から南への渡りの通過で見られるだけです。

一方1月以降にキレンジャクの群れが見られた場合はその後しばらく滞在し越冬することもあります。

今年のキレンジャクはどのような行動をとるか、注視してゆきます。

その時のキレンジャクの写真、大きくトリミングしたものですが1枚上げます(あまりよくない写真で申し訳ありません)。

20171028Kirenjaku

 

 

・ベニヒワ

10月26日(木)、10羽前後の群れが飛ぶ姿が旭山記念公園内で確認されました。

ベニヒワは10月から12月の間に見られますが、その後越冬するかどうかは年により違います。

昨年から今年にかけての冬は100羽近い群れが11月に確認された後数が減り、数羽が越冬しましたが、一昨年から昨年にかけての冬は越冬個体はいませんでした。

 

 

・マヒワ

園内で時より上の方から「ジュイーン」という声が聞こえてきますが、タイミングによっては近くで見られることがあると思われます。

 

 

・ウソ

園内で声を聞くことが増えました。

 

 

・キクイタダキ

この秋は目撃情報が例年より多く入っています。

 

 

・キバシリ

声が比較的よく聞かれ姿も見られるようになってきました。

 

 

・シメ

数羽の群れが第一駐車場周辺でよく見られます

 

・ツグミ

10月27日(金)に園内で声を聞きましたがまだ数は増えてはいません。

 

 

・カケス(亜種ミヤマカケス)

今年は旭山に2羽か3羽が定着しそうです。

カケスを見るのは真冬の楽しみの一つです。

 

 

 

※ミソサザイはこの秋まだ確認していません。

 

 

◎秋の旅鳥情報

・マミチャジナイ

公園内や旭山都市環境林に滞在しており「シー」「シリーッ」という声が笹薮のある林の低い位置からよく聞こえてきます。

その音を追っていると時折高さ10mくらいまでの木の枝まで飛び上がってとまることがあり、その時が姿を見るチャンスですが、警戒心が強くすぐにまた別の枝や笹の中に逃げます。

マミチャジナイは例年通りですとあと1週間から10日ほど見られると思います。

 

※シロハラの情報は今年はまだ入っていません。

 

 

・カシラダカ

10月27日(金)、遊具広場で3羽のカシラダカを確認しました。

10日前の17日に確認されたと前回お伝えしましたが、その後情報がなく、この秋はもう通過が終わったかと思われましたがまた現れました。

札幌圏では11月上旬まで観察記録があるので、まだ通過が終わっていない可能性もあります。

 

※ミヤマホオジロはこの秋旭山ではまだ確認情報はありません。

 

 

 

 

◎夏鳥情報

・ルリビタキ

10月21日(土)、藻岩山登山道入口下辺りでの目撃情報がありましたが、それ以降は確認されていません。

ただしまだ現れる可能性はあり、昨年は11月下旬まで滞在していました。

 

 

・ベニマシコ

今日現在まだ園内で「ピッ ポッ」という声が聞かれますがそろそろ南に渡っていなくなる頃です。)、園内でまだ声が聞かれましたが、本日20日はまだ確認情報はありません。

 

 

・クロツグミ、アカハラ

10月25日(水)、つり橋付近での目撃情報がありました。

例年より遅くまで残っているようです。

 

 

・ホオジロ

本日ミュンヘンの森にいましたが、いつまで見られるでしょうか。

 

 

・アオジ

本日まだ園内所々で「チッ チッ」という声が聞かれますが、来週はもういなくなっている可能性がありmす。

 

 

・ウグイス

昨日は遊具広場付近などから「ヂッ ヂッ」という声が聞かれましたが、今日は今のところ確認されていません。

ウグイスも例年11月までにいなくなります。

 

 

 

・メジロ

本日数羽が確認されましたが、先週からはそれまでのように毎日必ず見られるということもなくなってきました。

こちらももう南に渡る頃ではあります。

 

 

・キセキレイ

この1週間は情報がなく、もう南に渡った可能性があります。

 

 

・キジバト

10月23日(月)には飛ぶ姿を確認しましたが、それ以降は情報がありません。

 

 

 

◎留鳥情報

・エナガ(亜種シマエナガ)

10月27日(金)につり橋付近で数羽の声が聞こえましたが、まだ見られる頻度が高くなっているという状態ではありません。

 

 

・カワラヒワ

今日現在まだ園内で確認されていますが、越冬するのか、冬にはいなくなるのか、まだ分かりません。

 

 

・クマゲラ

この1週間も園内での目撃や音を聞いたという情報がありませんでした。

藻岩山側ではよく声が聞かれます。

 

 

・ヤマゲラ

噴水広場から学びの森辺りにかけてこのところ目撃情報が増えています。

下の写真は10月22日(月)にその辺りで撮影された雄の個体です。

「キョキョキョキョ」という大声も時折聞かれるようになりました。

20171028YamageraM

 

 

・シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ

よく見られます。

下の写真はゴジュウカラ(亜種シロハラゴジュウカラ)です。

20171028Gojuukara

 

・ハクセキレイ

噴水広場付近によく来るようになりました。

 

 

・ノスリ

今週も旭山上空での目撃情報がありました。

 

 

・トビ

10月26日(木)に旭山上空を飛んでいました。

 

 

・ハシボソガラス

噴水広場付近の芝生で2羽から4羽がよく餌を探して歩いています。

 

 

・ハシブトガラス

サルナシ(コクワ)の実を食べていました、次の写真です。

20171028Hashibutogarasu

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

2017年10月26日(木)、旭山記念公園の紅葉の様子です。

20171026A01

第1駐車場入口のヤマモミジは他の木々の葉が落ちた分余計に赤が目立ちます。

 

20171026A02

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジも緑色の葉はなくなりました。

 

20171026A03

駐車場側からそのふたつを見た写真。

 

20171026A04

展望台の一本桜はもう葉が数えるほどしか残っていません。

 

20171026A09

展望台から公園の西側エリアを見下ろすと、葉のない木がだいぶ見えるようになってきました。

 

 

20171026A10

西の山々、右から三角山、神社山、大倉山そして手稲山の頂だけ。

三角山がだいぶ赤に囲まれています。

 

20171026A05

円山はまさに「錦秋」。

 

20171026A06

噴水広場の向こうに望む藻岩山。

 

20171026A07

桜並木も葉がずいぶんと減りました。

 

20171026A08

円山をもう一度。

 

20171026A11

20171026A11

森の家に続く坂はもう紅葉の「トンネル」とは言い難いほど木々の葉が落ちました。

 

20171026A13

展望台からアーチ橋を渡って森の家に行く途中の風景も4枚ほど。

空がだいぶ広くなってきました。

 

20171026A12

赤い葉の先に第一駐車場が透けて見えます。

 

20171026A14

この辺りは赤い葉が多いです。

 

20171026A15

今日は青空と強い日差しに木々の葉が映えていました。

 

20171026A16

小さな木の橋も光がだいぶ透けてきました。

 

20171026A17

森の家がカラフルな木々の葉に囲まれています。

 

20171026A19

気温が上がった今日はまだアキアカネがたくさん飛んでいました。

 

20171026A18

今年の秋は木々の葉の色づきが早かったのですが、葉の散るのが遅く、意外と紅葉が長持ちしています。

旭山記念公園、今度の土日28日、29日はまだ紅葉を楽しむことができそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年10月23日(月)、旭山記念公園では雪が一時強く降りました。

そんな今日の園内の様子。

一昨日の記事とは大違いです。

 

20171023A01

森の家の周りは一瞬にして雪景色に。

 

20171023A02

さすがに展望台には誰もいませんでした。

 

20171023A03

20171023A04

展望台の一本桜も今日明日の風で葉がすべて散り落ちるかもしれないです。

 

 

20171023A05

20171023A10

第一駐車場入口のヤマモミジも雪を被っていました。

 

20171023A06

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジ。

レンズについた水滴をぬぐう間もなく降っていました。

 

20171023A07

森の家に続く坂道も雪で木々の葉の色彩が引き立つかのよう。

 

20171023A08

この後さらに降り続いて一時地面が真っ白になりましたが、それから雨に変わり、今は地面の雪はだいぶ解けて土の色が見えています。

 

20171023A09

雪に見舞われた旭山記念公園、今日の風景でした。

 

 

2017年10月21日(土)、紅葉がピークを迎えた本日の旭山記念公園です。

一昨日の記事と基本的には同じ場所の写真を上げてゆきます。

 

20171021A01

20171021A03

いつものように第一駐車場入口のヤマモミジから。

青空に燃えるような紅葉。

 

20171021A02

ここは車が通る場所ですので、公園を訪れる方が多い今日は特に撮影にはお気をつけください。

 

20171021A04

20171021A05

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジとその周りとのグラデーション。

 

20171021A06

第一駐車場西側斜面の色づきもきれいです。

 

20171021A07

展望台の一本桜はさらに葉が落ちました。

 

20171021A08

藻岩山と一本桜の紅葉。

 

20171021A09

展望台から園内西側とその向こうの山を望む

 

20171021A10

円山がきれいに見えます。

 

20171021A11

ゆったりと歩ける場所。

 

20171021A12

今日は今月でいちばん日差しが強い日かもしれません。

 

20171021A13

噴水広場から遊具広場に抜ける道。

朝から昼にかけて逆光になるこの道は、木々の葉のフィルターを通した太陽の光を浴びることができます。

 

20171021A14

遊具広場のこのイタヤカエデは樹形も立派、色づきがとりわけ鮮やかな木です。

 

20171021A15

20171021A16

森の家に続く道の「紅葉のトンネル」は葉が落ちていくらか明るくなってきました。

 

20171021A17

真っ青な空に時々雲が浮かぶ今日は写真日和。

 

20171021A19

ただし今日は風が強く、木々の葉が勢いよく飛ばされています。

 

20171021A18

木々の葉の色づきはピークを迎えましたが、この風で今日はだいぶ葉が落ちてしまうかもしれません。

 

20171021A20

旭山記念公園の紅葉散策や撮影は、本日、天気がいいうちにぜひお越しください。

 

なお、駐車場が満車となった場合は入場の車列ができることもありますが、警備員の指示に従い、近隣の迷惑になるため路上駐車は決してしないようお願いいたします。