お知らせ 公園概要 施設情報 園内地図・施設案内 アクセス

自然情報

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年11月17日(土曜日)、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎ウソ

11月14日木曜日、午前9時過ぎ、ウソをこの秋初めて確認しました。

栗の木デッキ付近で複数の声が聞こえましたが、すぐに西に移動し声が聞こえなくなりました。

今年は10月中には一度も観察されませんでしたが、この先冬の間はしばしば観察されると思われます。

 

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

シマエナガはこのところ日中は何度か森の家近くや風の丘近くで観察されています。

今日17日は8時40分頃に第1駐車場方面から現れ、西に向かって移動し、双子沢川を越えて8時50分頃西側の公園の外に出て確認できなくなりました。

その間風の丘あずまや付近では群れがゆっくりと通過し、比較的長い時間観察することができました。

群れには10羽以上いたと思われます。

写真はその時に撮影した1枚です。

2018年11月17日シマエナガ

森の家ではこの冬も「シマエナガ出没マップ」を作成し、掲示板に掲出しております。

旭山でのシマエナガ観察・撮影の際にはぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

■冬の鳥情報

◎ツグミ

今週もいることはいるという程度でしたが、それでも昨日11月16日には2、3羽の声が上空から聞こえることもありました。

 

◎ヒレンジャク

この1週間も観察情報がありません。

キレンジャクも同様です。

 

◎マミチャジナイ

今週も確認出来ませんでした。

 

◎マヒワ

今週も先週と同じく、時々声が聞こえてきますが、数は(まだ)少ないです。

 

◎シメ

園内で声が時々聞かれます。

 

◎キクイタダキ

キクイタダキは今週も観察情報が比較的多く上がりました。

つり橋西側、廃屋の辺りにある針葉樹と風の丘近くにある針葉樹によく現れ、ミュンヘンの森にも時々やって来ます。

キクイタダキこの冬は観察しやすいです。

 

◎キバシリ

森の家から風の丘の間にあるカラマツで時々観察されますが、それ以外の場所ではあまり出ていないようです。

 

 

・以下この秋まだ確認できていない鳥

◎カケス

先週と変わらず、まだ旭山では確認していません。

 

◎ベニヒワ

こちらもまだ旭山でのこの秋の観察情報はありません。

 

◎ミヤマホオジロ

例年11月に現れ短期間滞在していますが、今年はまだ情報がありません。

 

 

 

■その他野鳥情報

◎カワラヒワ

今週も観察されました、まだ滞在しているようです。

 

◎モズ

今週は主に噴水広場から学びの森の辺りでの観察情報がありました。

モズは例年より長く旭山にいます。

 

◎ホオジロ

この1週間も観察情報がなく、南に移動したと考えてよさそうです。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は森の家周辺の近くで雌の個体が観察されたという情報がありました。

クマゲラは藻岩山からは声がよく聞こえており、日によっては旭山に来ることもあります。

 

◎オオアカゲラ

本日、ハリギリの実を食べる雌を撮影しました、写真です。

2018年11月17日オオアカゲラ♀

オオアカゲラやアカゲラは木の実が結構好きで食べますが、その際には、普通の鳥と同じく木の枝に横にとまる姿を見ることができます。

この写真では枝にぶら下がって実を食べています。

 

◎アカゲラ

森の家の周りでよく見られる雄の個体は今週もいましたが、この個体は少し警戒心が薄いようで、観察や撮影にはいいです。

他、園内でよく見られます。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ヤマゲラ

一昨日木曜日に藻岩山から例の大声が聞こえてきました。

大声はしかし毎日聞かれるわけではなく、まだ本格化はしていないようです。

 

◎ノスリ

今週も観察情報はありません。

 

◎オオタカ、ハイタカ

先週土曜日以降、オオタカとハイタカの観察情報はありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

昨日11月16日、展望台周辺で1羽が観察されました。

 

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

今日はこの後雪の予報、札幌の平地ではこの冬初めて雪が降る見込みです。

寒波が来ると、冬鳥が北から入って来る可能性があり、注視してゆきたいと思います。

 

 

次回は11月24日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年11月11日(日曜日)、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

■昨日11月10日の野鳥観察会

昨日の野鳥観察会で確認できた鳥は以下の通りです(順不同)。

ハシブトガラス、エナガ(亜種シマエナガ)、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、

ヤマガラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、アカゲラ、コゲラ

ハイタカ・・・計11種

昨日は種数は少なかったですが、アカゲラ、カラ類混群をじっくりと観察することができ、エナガも短い時間ですが近くで見ることができました。

観察会の記録に含めましたが、開始直前、森の家の裏でハイタカがハシブトガラを襲っているのが観察されましたが、ハイタカはハシブトガラを捕まえることはできませんでした。

昨日、上記以外で観察会の後に観察された野鳥は以下の通りです(順不同)

ハシボソガラス、スズメ、シメ、マヒワ、カワラヒワ、

キバシリ、ヒガラ、キクイタダキ・・・8種

合計19種が昨日旭山で観察されたことになります。

しかし昨日もツグミとレンジャクそしてカケスはいませんでした。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

シマエナガは本日、森の家の周りに少なくとも2回現れました。

1回目は9時半頃。

9時10分に双子沢川から声が聞こえてきたので動きを追っていたところ、北から南に移動し、栗の木デッキの上を通ってミュンヘンの森東側の散策路沿いに南西へ移動、森の家南側斜面下を通って北西に向きを変え、森の家西側の小さな橋の付近から沢沿いに北に移動し森の中に消えました。

その間20分ほど観察できましたが、10~15羽ほどの群れであったと思われます。

2回目は13時20分頃。

森の家南側の斜面を上がってきて、北向きに進み、森の家西側物置の上を通って北に抜けて見えなくなりました。

こちらは5分もしないうちに通り抜けましたが、すぐ近くで見ることはできました。

シマエナガは昨日の野鳥観察会でも8時15分前後に見られましたが、昨日はミュンヘンの森から南西へ移動しそのまま藻岩山方面に消えました。

シマエナガはこのところ森の家の周りでよく見られていますが、例年通りですと1月中旬までは観察できる機会が多くなります。

写真は、上が今日の1回目、下が2回目に撮影したもので、どちらもトリミングしています。

2018年11月11日シマエナガ1回目

シマエナガ2018年11月11日2回目

 

 

 

■今週のトピックス

◎アトリ

本日11月11日午前、アトリ2羽が観察されました。

アトリは群れで見られることが多いのですが、今日はこの2羽だけでした。

 

◎ミソサザイ

森の家から風の丘の間の笹薮とその周りで時々観察されます。

「ジッ ジッ ジッ」と鳴いて笹から出てきて丸太などにとまることがよくあります。

 

 

■冬の鳥情報

◎ツグミ

旭山でのツグミの目撃情報、今週は1度だけでした。

ツグミがこの先まったく来ないことは想像できないですが、多く見られるようになるのはもう少し遅くなりそうです。

 

◎ヒレンジャク

先々週2日間だけ現れましたが、以降観察情報がありません。

こちらも今後まったく来ない可能性は低そうですが、あまり多く見られない冬になることも考えられます。

 

◎マミチャジナイ

今週も確認出来ませんでしたが、このままこの秋は見られずに終わる可能性がでてきました。

 

◎マヒワ

今週も日に何度か声が聞かれますが、数は(まだ)少ないです。

 

◎シメ

園内で声が時々聞かれます。

 

◎キクイタダキ

キクイタダキは今週も観察情報が比較的多く上がりました。

 

◎キバシリ

この1週間も園内西側エリアの山側で時々観察されました。

 

 

・以下この秋まだ確認できていない鳥

◎カケス

先週と変わらず、まだ旭山では確認していません。

 

◎ウソ

この秋はまだ旭山では観察情報がありません。

 

◎ベニヒワ

こちらもまだ旭山でのこの秋の観察情報はありません。

 

 

 

■夏鳥情報

◎ウグイス

この1週間は観察情報がありません。

もう南に渡っていなくなった可能性が高いです。

 

◎イカル

この1週間は観察情報がありません。

イカルも南に渡って行った可能性があります。

 

◎ベニマシコ

先週日曜日11月4日に園内で声を聞きましたが、それ以降観察情報がありません。

ベニマシコも南に移動した可能性があります。

 

◎カワラヒワ

今日も観察されましたが、カワラヒワについては先週もお伝えした通り、越冬するかどうかについてまったくこの先が読めません。

 

◎モズ

11月8日木曜日午前に風の丘近くで「高鳴き」が聞かれましたが、以降は観察情報がありません。

こちらも今後は動きが読めません。

 

◎ホオジロ

この1週間は観察情報がありません。

南に移動した可能性が高そうです。

 

◎アオジ

今後観察されなければ、2018年は10月24日が今年最後の記録ということで、来週以降はここでは触れないことにさせていただきます。

メジロ、キセキレイ、キジバトももう南に移動したと考えられるため、来週以降は触れません。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は一転して森の家周辺の近くで声が聞かれることはありませんでした(情報もなし)。

ただ、8日に円山の西側から声が聞こえてきたということはありました。

 

◎オオアカゲラ

この1週間は観察情報が少なかったです。

 

◎アカゲラ

このところ森の家の周りで雄の個体がよく見られます。

他にも園内でよく見られますが、木々の葉が落ちて姿が見つけやすくなってきました。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ヤマゲラ

この1週間も観察情報がありませんでした。

 

◎ノスリ

先週4羽が現れて以降の観察情報はありません。

 

◎オオタカ、ハイタカ

先述の通り昨日朝8時前に森の家付近でハイタカ1羽が観察されました。

オオタカは今週観察情報はありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

木々の葉が落ちて鳥の姿が探しやすくなりました。

しかし、暖冬の影響か、冬の鳥が今年はまだまだ少ないです。

 

 

次回は11月16日(金曜日)か17日(土曜日)に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年11月3日(土曜日)、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

 

■今週のトピックス

(2018年11月4日追加補足)

◎ノスリ

11月4日朝9時過ぎ、森の家付近にノスリが4羽現れました。

4羽はしばらく藻岩山から旭山にかけての辺りを飛び回り、さながら「ミニ鷹柱」状態でした。

時々ハシブトガラスがスクランブル飛行で近づいてきていましたが、写真はその時のものです。

また、ノスリが低く飛ぶ度に、木々にいるハシブトガラなどが「ピピーピーピー」など警戒の声を出してしました(ノスリは基本的に鳥は襲いません)。

2018年11月4日ノスリ

 

◎ツグミ

11月2日木曜日、この秋初めて旭山でツグミを確認しました。

初観察が11月に入ってからというのはここ10年ほどでは初めて、最も遅く来た年となりました。

ただしまだたくさんいるわけではなく、数羽が時々鳴いている、といったところです。

 

 

◎ヒレンジャク

先週、ヒレンジャクを10月26日にこの秋初めて旭山で確認したと報告しましたが、翌日以降今日まで観察情報がありません。

先週のものは通過個体だったかもしれず、1月までは今後もまた現れる可能性はあります。

キレンジャクも今後観察される可能性はあります。

 

◎ルリビタキ

この1週間は観察情報がありませんでした。

これからについてはまだなんとも言えませんが、市内ではちらほらと観察情報があります。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

この1週間も園内で多く観察されました。

今日は9時頃に風の丘西側の森で、10時頃に森の家西側の沢で、12時頃学びの森と柵の向こう側の隣地敷地内から声が聞こえてきました。

この時期は群れで大きく動き回っているようです。

見られる時間も、早朝しかいないとかそういうことはなく、日中であればどこかで出会う可能性があります。

今年も、シマエナガ出没マップを作成し、森の家掲示板に貼り出してゆく予定です。

(2018年11月4日追加補足)

11月3日はシマエナガがよく見られ、こちらが数えただけで5回観察しました。

場所は森の家からつり橋にかけてが多いですが、学びの森付近にも現れました。

 

今朝も8時半頃に森の家の周りで10羽以上の群れが見られました。

シマエナガはこのところ見られる可能性が高くなっています。

 

 

■冬の鳥情報

◎マミチャジナイ

今週も確認出来ませんでした。

マミチャジナイは例年11月中旬まで見られ、まだ来る可能性はあります。

 

◎マヒワ

この秋初めて旭山で確認しましたが、以降声を聞くことが多くなってきています。

マヒワは例年冬の間はよく見られます。

 

◎シメ

声は園内でよく聞かれますが、目視観察できるほど近くにはなかなかやって来ません。

 

◎キクイタダキ

キクイタダキは例年よりも秋の観察情報が多く上がっており、今週も見られました。

 

◎キバシリ

この1週間も園内西側エリアの山側で時々観察されました。

 

 

・以下この秋まだ確認できていない鳥

◎カケス

今年は遅いです、まだ旭山では確認していません。

ほとんど見られない年もあったので、この冬はそうなるかもしれません。

 

◎ウソ

この秋はまだ旭山では観察情報がありません。

 

◎ベニヒワ

こちらもまだ旭山でのこの秋の観察情報はありません。

 

 

 

■夏鳥情報

◎ウグイス

10月31日水曜日には園内で声と姿を確認しましたが、今日は確認がとれておらず、いよいよもう南に渡っていなくなった可能性がでてきました。

 

◎イカル

10月28日日曜日に藻岩山方面の遠くから「キッ キッ」と鳴き声が聞こえてきましたが、それ以降今日まで観察情報はありません。

 

◎ベニマシコ

今週水曜日11月1日に学びの森付近で観察され、今日11月3日にも同じ辺りで声が聞かれました。

ベニマシコはそろそろ南に移動していなくなります。

 

◎カワラヒワ

今日はまだ上空から「キリコロキリ」という声が聞こえてきました。

越冬するかどうかについては現時点ではまったく分かりません。

 

◎モズ

10月28日日曜日に、噴水広場付近で「高鳴き」が聞かれましたが、以降は観察情報がありません。

 

◎ホオジロ

10月27日土曜日、展望台西側のハマナスの植え込みにいた雄の個体の写真です。

翌28日もその付近にいましたが、29日以降は確かな観察情報がありません。

いなくなったかどうかはもう少し様子を見ます。

2018年11月3日ホオジロ雄

 

◎アオジ

この1週間は園内での観察情報はなく、10月24日が今のところ今年最後の確認情報となっています。

こちらももう少し様子を見ます。

 

◎メジロ

この1週間も声も姿も確認しておらず、全体としては南に渡ったと判断してよいと思われます。

ただ、2月の観察例も過去にあり、残留個体がいる可能性はあります。

 

◎キセキレイ

こちらもこの1週間で声も姿も確認しておらず、南に渡った可能性が高そうです。

 

◎キジバト

やはりこの1週間は園内での観察情報がありません。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週も森の家周辺の近くで何度か声が聞かれた他、藻岩山方面からは声がよく聞こえてきます。

10月31日は園内北の方から声が聞こえ、森の家の真上を飛び抜けて南の藻岩山方向に飛んでいく姿が観察されました。

クマゲラはすぐ近くで見られる機会がこの先出てきそうです。

 

◎オオアカゲラ

この1週間も森の家周辺で雌の個体が何度か観察されました。

 

◎アカゲラ

園内西側エリアに相変わらず多くいますが、その他園内一円でよく見られます。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ヤマゲラ

この1週間は「ケッ ケッ ケッ」という大声は聞かれませんでしたが、これから観察情報が増えてゆくと思われます。

 

◎ノスリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

10月31日9時頃、展望台上空を西に向かって飛ぶオオタカが観察されました。

大きかったので雌の個体と思われます。

ハイタカは観察情報がありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ヒヨドリ

10月31日に7羽で飛ぶ姿が観察されました。

この辺りのヒヨドリは冬になると集まる傾向があり、20羽以上の群れが見られることもあります。

 

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

11月は冬の鳥の観察情報がどれくらい上がるかが楽しみです。

 

 

次回は11月9日(金曜日)か10日(土曜日)に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

2018年11月3日冒頭

旭山記念公園の紅葉情報2018年11月3日土曜日、文化の日の旭山、木々の色づきと公園風景の写真です。

写真は、ことわりのないものはすべて本日撮影しました。

 

 

2018年11月3日展望台藻岩

展望台一本桜と藻岩山

前回まで冒頭写真に使っていたアングルですが、紅い葉がすべて落ちてしまいました。

 

 

2018年11月3日一本桜

一本桜、来年もきれいな花と紅い葉を見せてくれることでしょう。

 

 

2018年11月3日円山

円山もほとんど葉が散ったように見えます。

 

 

2018年11月3日噴水

噴水、今年度は10月31日をもちまして終了しました。

来年も4月下旬に再開の予定です。

 

 

2018年11月3日元トンネル

森の家に続く「元」紅葉トンネル、道がだいぶ明るくなってきました。

 

 

2018年11月3日紅葉1

園内ところどころにまだ紅い葉が残っています。

周りが散った中に紅い葉があると目立ちます。

 

2018年11月3日モミジシラカンバ

モミジの紅い葉とシラカンバの取り合わせもまだ楽しめます。

 

 

2018年11月3日ヤマモミジグラデーション

今年は紅い葉が長持ちしている印象です。

 

 

2018年11月3日ミズナラ

色づく木の葉の中心は、ミズナラに変わってきました。

 

 

2018年11月3日ミズナラ2

ミズナラは木により紅葉するもの、黄色のものがありますが、最後は茶色くなって落ちます。

 

 

2018年11月3日カラマツ1

カラマツも黄色く色づき始めました。

この場所には黄色い葉もまだ緑の葉もあります。

 

 

2018年11月3日カラマツ2

こちらのカラマツはだいぶ黄葉が進んできました。

 

 

2018年11月3日1Pヤマモミジ

定点撮影地、第1駐車場入口のヤマモミジもだいぶ葉がすいてきました。

 

2018年11月3日ザヤマモミジ

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジの木もまだ紅い葉をたたえています。

冒頭写真は、この2枚を第1駐車場の中側から南に向かって撮影したものです。

 

2018年11月3日コウゾリナ

小春日和の今日、コウゾリナの花が咲いていました。

本来は6月に咲き始める花です。

 

2018年11月3日アキアカネ

赤とんぼ、アキアカネがまだいました。

昨日までの寒さにも耐えたのですね。

 

2018年11月3日モンキチョウ

蝶、モンキチョウもまだいました。

11月に入っても見られるのは珍しいですが、このところ暖かい日が続いたからでしょう。

明日も見られるかな。

 

2018年11月3日寺田京子

ピクニックテラスの丘にある寺田京子句碑も紅葉に覆われました。

 

 

2018年11月3日ラスト

旭山の木々の葉はもう6、7割は落ちたという感じですが、所々残る紅い葉、色づきはじめたミズナラ、これから本格化するカラマツなど、紅葉はまだもう少し楽しめそうです。

 

今日明日は小春日和、15度以上になる予想、旭山記念公園で今年最後の紅葉散策はいかがですか。

 

 

 

 

2018年10月31日展望台藻岩

旭山記念公園の紅葉情報2018年10月31日水曜日、木々の色づきと公園風景の写真です。

写真は、ことわりのないものはすべて本日撮影しました。

 

 

2018年10月31日一本桜

展望台の一本桜ももう葉が終わりました。

 

 

2018年10月31日円山

円山も今年は色づきがいまいちのまま終わろうとしています。

 

 

2018年10月31日噴水藻岩

噴水は本日をもちまして停止とさせていただきました。

 

 

2018年10月31日ヤマモミジ1 2018年10月31日ハウチワカエデ

学びの森近くにあるヤマモミジ(左)とハウチワカエデ(右)

まだまだきれいに色づいている木があります。

 

 

2018年10月31日シラカンバカエデ

イタヤカエデがようやくきれいに黄色く色づいてきました。

 

 

2018年10月31日遊具広場

遊具広場も葉がだいぶ落ちてきました。

 

2018年10月31日第1駐車場

第1駐車場のヤマモミジ紅葉もまだ残っています。

 

 

2018年10月31日紅葉トンネル

しかし、紅葉トンネルはもう完全に終わって開削となりました。

 

2018年10月31日つり橋下流

雨で路面が濡れると上から下まで紅に囲まれます。

 

2018年10月31日第1駐車場ヤマモミジ

定点撮影地、第1駐車場入口のヤマモミジもまだ残っています。

 

2018年10月31日第1駐車場ヤマモミジ2

第1駐車場内側から見たそのヤマモミジ。

 

2018年10月31日ザヤマモミジ

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジも、葉は減りましたが、どうでしょう、いい感じじゃないでしょうか。

 

2018年10月31日ザヤマモミジ2

先週まであったまだ緑のままの葉も、紅くなったようですね。

 

2018年10月31日ザヤマモミジ落葉

落ち葉を見ると、色づき具合がさまざま、それもまたきれい。

 

2018年10月31日谷

本日最後の1枚は、駐車場入口ヘアピンカーブ近くの谷。

 

旭山の紅葉、見頃は過ぎましたが、まだまだ楽しむことができます。

 

2018年10月28日冒頭

 

旭山記念公園の紅葉情報2018年10月28日日曜日、木々の色づきと公園風景の写真です。

写真は、ことわりのないものはすべて本日撮影しました。

 

2018年10月28日一本桜

展望台の一本桜の葉も残りもうわずか。

 

2018年10月27日一本桜

昨日10月27日、大雨の後に撮影した一本桜。

 

2018年10月26日一本桜

一昨日10月26日の一本桜。

 

2018年10月28日円山

今朝は晴れたり曇ったり雨も降ったりと天気が不安定。

円山を撮影した頃は曇りでした。

 

2018年10月28日八重桜

展望台近くの道からはいろいろは色が見えます。

 

2018年10月28日遊具広場

遊具広場もようやく黄色い葉に包まれてきました。

 

2018年10月28日噴水広場藻岩山

噴水広場に出ると強烈に日が差してきました。

 

2018年10月28日学びの森上

学びの森の近くの道もまだ紅葉が残っています。

 

2018年10月28日ブナ

学びの森のブナも葉が黄金色になりました。

 

2018年10月28日学びの森付近

日が差していたけれど、西側には灰色の雲が。

 

2018年10月28日つり橋付近

つり橋に向かう道。

 

2018年10月28日シラカンバ紅葉

紅葉でドレスアップした(?!)シラカンバ。

 

2018年10月28日森の紅葉

森の散策路を歩くと、木々の奥に広がる紅葉が見られます。

 

2018年10月28日紅葉トンネル

第1駐車場から森の家に向かう道の紅葉トンネルももう、「トンネル」とはいえなくなりました。

 

2018年10月28日第1駐車場

定点撮影地、第1駐車場入口のヤマモミジ。

周りの木の葉がだいぶ落ちてきました。

 

2018年10月27日第1駐車場

昨日、雨上がり、第1駐車場のヤマモミジ。

 

2018年10月26日第1駐車場

一昨日の写真。

この3日間では意外と変わっていない印象。

 

2018年10月28日ザヤマモミジ

定点撮影、本日の旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジ。

 

2018年10月27日ザヤマモミジ

昨日のヤマモミジ。

いつもは午前に撮影していますが、昨日は雨の後の午後に撮影、光線状態が違うため少し違って見えます。

 

2018年10月26日ヤマモミジ

一昨日のヤマモミジ。

 

2018年10月28日ザヤマモミジアップ

今日もそのヤマモミジの下で撮影。

手前のまだ緑の葉はミズナラ。

 

2018年10月28日ミズナラ

ミズナラは赤くなったりならなかったり、色づきがいろいろ、この木は葉の縁だけ橙色。

 

 

2018年10月28日ハウチワカエデ

ハウチワカエデも、中が緑で縁が紅い葉を見つけました。

 

今日は午後から天気が下り坂の予報。

旭山の紅葉は、まだもう少し楽しめそうです。

 

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年10月26日(金曜日)、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

この1週間は少し動きがありました。

 

 

■今週のトピックス

◎ヒレンジャク

本日10月26日、ヒレンジャクをこの秋初めて旭山で確認しました。

ヒレンジャク3羽が、森の家の前にあるハルニレの木についたヤドリギで実を食べていましたが、観察中にハシブトガラスが近くに寄って来たため逃げました。

ヒレンジャクは例年1月上旬まで滞在していますが、その間、ヤドリギの実がなくなるまでは森の家の前のこの木によく来ます。

他、ミュンヘンの森の丘にあるヤドリギがたくさんついたハルニレにもよく来ます。

写真は本日撮影したもの、トリミングしています。

2018年10月26日ヒレンジャク

なお、キレンジャクは今日は確認できませんでした。

 

 

◎ルリビタキ

先週雄が1羽現れたと書きましたが、翌日から観察情報が上がらなくなり、今日も確認できませんでした。

ルリビタキは11月下旬まで見られる年もありますが、先日の個体は先に通過したもののようで、これからもまだ見られる可能性はあります。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

ここ1週間、学びの森から噴水広場そして第1駐車場にかけての辺りでの観察情報が多くなっています。

シマエナガは群れで大きく旭山周辺を周りながら餌を探していますが、その辺りでの情報が多かったのは偶然か何かあるのかは不明、今後もその辺りでよく見られるかどうかもなんともいえません。

ただ、例年積雪前までは第1駐車場東側の森での観察情報が多いのは確かです。

また昨日は11時頃に森の家の北側から現れて南側に抜けてゆきましたが、森の家周辺でも観察情報が多くなっています。

シマエナガは出現頻度が高くなり、木々の葉も落ちて、観察しやすくなってきています。

 

 

■冬の鳥情報

◎マミチャジナイ

先週まで確認出来ていましたが、この1週間は観察情報がなく、どうやら移動したようです。

マミチャジナイは例年11月中旬まで見られますが、まだ来る可能性はあります。

 

◎マヒワ

先週、この秋初めて旭山で確認しましたが、以降声を聞くことが多くなってきています。

マヒワは例年冬の間はよく見られます。

 

◎キクイタダキ

このところよく見られます。

昨日、先に書いた森の家の前に来たエナガの群れに、1羽のキクイタダキがくっついて飛び回っているのを観察しました。

針葉樹でか細い「チチーッ」という声が聞こえたら探してみてください。

風の丘近くの松によく来ます。

 

◎キバシリ

この1週間は園内西側エリアでたびたび観察されており、今日はつり橋近くの廃屋付近にいました。

キバシリ昨冬はほとんど見られませんでしたが、この冬は観察機会が多くなるのかどうか、といったところです。

 

 

・以下この秋まだ確認できていない鳥

◎カケス

今年は遅いです、まだ旭山では確認していません。

ほとんど見られない年もあったので、この冬はそうなるかもしれません。

 

◎ツグミ

10月26日現在まだ旭山ではツグミの観察情報がありません。

22日に美瑛に行った際にはツグミがいましたし、札幌市内別の場所での観察情報もあるので、北海道には来ているのは確かですが、旭山はいつ見られるか、今後注意してゆきます。

 

◎ウソ

この秋はまだ旭山では観察情報がありません。

 

◎ベニヒワ

こちらもまだ旭山でのこの秋の観察情報はありません。

 

 

 

■夏鳥情報

◎ウグイス

今日現在園内で「ヂッヂッ」という声がまだ聞かれ、時々姿も見られます。

 

◎イカル

一昨日24日に上空を「キッ キッ」と鳴きながら飛んでいましたが、例年11月までは見られるので、まだいるのではないかと思われます。

 

◎ベニマシコ

今日現在まだ園内にいます。

第1駐車場東側、学びの森付近か巨木の谷にいることが多いようです。

 

◎カワラヒワ

9月下旬からまた増えましたが、今日現在まだ園内にいます。

 

◎モズ

本日、園内レストハウス付近と第1駐車場入口付近で「高鳴き」が聞かれ、まだ旭山にいるようです。

モズは園内西側の森のエリアにはめったに現れず、展望台や駐車場周辺など開けた場所にいます。

 

◎ホオジロ

展望台周辺でまだ見られます。

 

◎アオジ

一昨日10月24日は園内で「チッ チッ」という声が聞かれましたが、今日は確認できませんでした。

例年であればそろそろ南に移動していなくなる頃ですが、もう少し様子を見ます。

 

◎メジロ

この1週間は声も姿も確認しておらず、南に渡った可能性が高そうです。

 

◎キセキレイ

こちらもこの1週間で声も姿も確認しておらず、南に渡った可能性が高そうです。

 

◎キジバト

やはりこの1週間は園内での観察情報がありません。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

昨日25日午後1時過ぎ、藻岩山方向から「プルプルプル」と鳴きながら飛んで来て森の家上空をかすめ、カラマツ林沿いに北に移動する姿が見られました。

クマゲラは今月に入ってから園内での観察情報が増えています。

 

◎オオアカゲラ

本日、森の家の近くに♀1羽が来ましたが、最近よく見る同じ個体の可能性があります。

写真がそれですが、このところ観察情報が多くなっています。

2018年10月26日オオアカゲラ

 

◎アカゲラ

園内西側エリアに多くいますが、オオアカゲラもいるので観察時には確認が必要です。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ヤマゲラ

先週、この秋初めて「ケッ ケッ ケッ」という大きな声を聞いたと書きましたが、以降ほぼ毎日その声が聞こえてきます。

これから先冬が進むとその声で鳴くことが多くなり、存在を確認しやすくなります。

 

◎ノスリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ヤマガラ

学びの森のそばにある赤い実がたくさんなっているイチイの木に、実(種子)を食べに頻繁に来ています。

近くでしゃがんで見ていると何度も何度も実を取っては離れて食べてまた取りに来るという行動を繰り返していて、観察にはいいです。

 

◎ハシブトガラス

昨日、つり橋付近にあるホオノキの実(種子)を食べている姿が観察されました。

写真がそれです。

2018年10月26日ハシブトガラス

ハシブトガラスはホオノキの種子が大好きなようで、こうして木に来てついばんだり、まるごと運んで種子だけ取り出して食べたりします。

ホオノキの実はアカゲラも時々食べています。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

次回は11月3日(土曜日)に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

2018年10月25日巻頭

旭山記念公園の紅葉情報2018年10月25日木曜日、木々の色づきと公園風景の写真です。

写真は、ことわりのないものはすべて本日撮影しました。

 

2018年10月25日一本桜階段

展望台の一本桜ももう葉っぱが2/3は落ちたかな。

 

2018年10月25日展望台一本桜階段昨日

こちらは昨日10月24日15時頃撮影したもの。

写真の角度や大きさが違いますが、昨日より葉が落ちているのは見て取れます。

 

2018年10月25日円山

円山は色づきが遅い、ですかね。

 

2018年10月25日西側

それは西側の山々も同じこと。

 

2018年10月25日噴水

今日は基本は晴れですが、時々灰色の厚い雲が太陽を隠していました。

 

2018年10月25日新桜通り

既に葉っぱを落としきった木も見られるようになってきました。

 

2018年10月25日トンネル

森の家に向かう紅葉トンネル。

色づきは進みましたが、だいぶ寂しくなってきました。

 

2018年10月25日紅葉トンネル上

「トンネル」といいつつ、上を見ると結構空が広がって見えます。

周りの木にもう少し頑張って伸びてもらえば、何年か後には立派なトンネルになるかもしれません。

 

2018年10月25日記念樹の森

紅葉はそろそろピークといえるでしょう。

 

2018年10月25日第1駐車場西

第1駐車場西側も色づきが本格化してきました。

 

2018年10月25日藻岩山1P

第1駐車場から望む、黄色いV字の間に藻岩山が浮かび上がって見えます。

第1駐車場街側の藻岩山寄りの端にある駐車マスの横がこの撮影ポイント。

 

2018年10月25日藻岩山1P昨日

同じ場所で昨日午後3時過ぎに撮影した1枚。

西日が当たるとV字が消えます。

 

2018年10月25日1P1

定点撮影地、第1駐車場入口のヤマモミジ。

 

2018年10月25日1P2

第1駐車場の中から撮影した同じヤマモミジ。

こちらから見る方がきれいですが、車の往来にはお気を付けください。

 

2018年10月25日ザヤマモミジ

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジもいよいよ本領発揮。

 

2018年10月25日ザヤマモミジ2

しかし、近くで見ると紅いのは先だけで、幹に近い部分は緑のはもあります。

 

2018年10月25日ザヤマモミジ3

木の真下でも1枚。

今年は一様に紅くはならないのかな・・・

その結果は、あと1週間もすれば分かるでしょう。

 

2018年10月25日ハウチワカエデ

ハウチワカエデ

今年は紅く色づくカエデ類はきれいに紅くなっているといつも書いています。

でも、近くで見ると、その紅も色づき具合が違うことが分かります。

 

2018年10月25日ツタウルシ

注意! ツタウルシ!

葉が紅くきれいに染まってきましたが、触るとかぶれる危険性があるため、決して触らないでください。

地面をはっていたり木に巻き付いている3枚セットの葉っぱが特徴です。

 

2018年10月25日シメ

明日はまだ天気が比較的いいようで、紅葉散策や撮影にはいい日となるでしょう。

 

しかし、土曜からは天気が少し崩れ、来週は気温も下がるようです。

旭山の紅葉も、今月いっぱいといったところでしょうか。

 

 

2018年10月22日冒頭写真

旭山記念公園の紅葉情報2018年10月22日月曜日、木々の色づきと公園風景の写真です。

写真は、ことわりのないものはすべて本日撮影しました。

 

2018年10月22日一本桜階段

展望台の一本桜はまだ残っている葉の方が多いかな、くらい。

 

2018年10月22日円山

円山を望む。

今日は快晴でしたが一昨日から雨が降っていないせいか、遠くの山々は望めませんでした。

 

2018年10月22日西側

展望台から西側の山、色づきはもうひとつか。

 

2018年10月22日噴水藻岩山

噴水の運転は今月いっぱいを予定しております。

 

2018年10月22日遊具広場上紅葉

噴水広場から遊具広場へ向かう道にも、きれいに紅く染まる木があります。

 

2018年10月22日紅葉シラカンバ

旭山記念公園の紅葉は、シラカンバとの対比も見所のひとつでしょうか。

 

2018年10月22日遊具広場

遊具広場はやっぱり色づきはまだいまいちくらい。

「まだ」いまいちなのか、このまま終わってしまうのか。

 

2018年10月22日紅葉トンネル

第1駐車場から森の家に向かう道の紅葉トンネルは今日明日が見頃か。

 

2018年10月19日紅葉トンネル

構図の縦横は違いますが、同じ紅葉トンネルの3日前、2018年10月19日の写真。

この3日間でかなり色づいたのが分かります。

 

2018年10月22日巨木の谷

巨木の谷のヤマモミジ。

思わぬところで出会う紅葉もまたきれいです。

 

2018年10月22日ヤマモミジ一葉

アカイタヤの葉のような形のヤマモミジ、珍しいです。

(これは杭の上に置いたのではなくここに落ちていました)。

 

2018年10月22日第1駐車場中

第1駐車場西側の斜面の木々はようやく色づいてきました。

 

2018年10月22日第2駐車場

第2駐車場水飲み場横のヤマモミジ、色は薄いけれどいい感じです。

 

2018年10月22日第1P

定点撮影、第1駐車場入口のヤマモミジ。

今年はどうもいまいち。

 

2018年10月19日ヤマモミジ1P

こちら3日前10月19日の同じ場所。

こうして見ると紅葉黄葉がこの3日でかなり進んでいます。

 

2018年10月22日1Pリヴァース

2枚上の定点撮影写真は下(公園の門)側から見たものですが、反対に第1駐車場中側から見ると、それなりのボリューム感で色づいています。

 

2018年10月22日ザヤマモミジ

旭山でいちばんきれいに色づくヤマモミジ。

こちらもいまいちかな。

それが「まだ」なのか、このまま終わるのか。

2018年10月19日ヤマモミジ昨年

こちらも3日前の写真。

ヤマモミジの上の方はむしろ3日前の方が紅く見えますが、時間帯の違いによる光線状態の違いのせいかもしれません。

今年は園内全般で見るとヤマモミジやハウチワカエデといった紅葉するカエデ類は色づきがいいのですが、ここだけどうしたのでしょうか。

 

2018年10月22日しめ

この先の天気予報は、雨の日もありますがまだ気温がそれほど低くなく、散策にはいい小春日和の日もありそうです。

次の土日も紅葉はまだ楽しめるでしょう。

 

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年10月19日(金曜日)、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎ルリビタキ

本日10月19日、ルリビタキをこの秋初めて旭山で確認しました。

森の家から藻岩山登山道に向かう途中の橋の辺りでちょこんと跳んで沢の笹に入る個体を発見。

腰と尾が青い若鳥で、すぐに薮の中で見えなくなりましたが、後にその辺りで観察された方もおられました。

写真はその時のもので、遠くて暗く、なんとかルリビタキであることが分かる程度の写真を拡大していますが、記録として上げておきます。

2018年10月19日ルリビタキ

秋のルリビタキは、今回見られた場所、藻岩山登山道入口付近でよく見られます。

早いと11月上旬、遅ければ11月いっぱいまで旭山に滞在していて観察することができます。

ルリビタキは人が近寄ると少し離れた場所まで低く飛んで逃げますが、一気に遠くには行かないので、見つけた後は少しの間比較的容易に観察できます。

 

◎マヒワ

昨日10月18日、マヒワの声を園内でこの秋初めて聞きました。

マヒワは例年冬の間よく観察されますが、年により来る数の多寡があり、今年はどうなるでしょうか。

 

◎ヤマゲラ

10月16日今週火曜日、「キョッキョッキョッキョッ」というヤマゲラ独特のけたたましい声をこの秋初めて聞きました。

ヤマゲラがこの声を出すようになると存在が分かりやすくなり、これから先は観察機会が増えてゆきます。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

今日は午前10時頃にルリビタキがいる藻岩山登山道下に数羽で現れました。

この1週間も双子沢川を中心に観察情報が多く上がっています。

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ、コサメビタキ

この1週間は観察情報がありませんでした。

南に渡った可能性が高そうです。

 

◎クロツグミ

この1週間は観察情報がありませんでした。

こちらも南に渡った可能性が高そうです。

 

◎ベニマシコ

今日は第1駐車場東側と巨木の谷で声を聞きました。

ただ、例年であればそろそろいなくなる頃です。

 

◎イカル

昨日10月18日(木曜日)、森の家近くで「キッ」という鳴き声が聞こましたが、何羽いたかは分かりませんでした。

 

◎カワラヒワ

今週も園内で多く観察されました。

 

◎ウグイス

今日はまだ森の家周りでしばしば「ヂッ ヂッ」という声が聞こえています。

 

◎アオジ

今日はまだ公園内西側エリアで「チッ チッ」という声が聞かれ、姿も見ることができます。

 

◎ホオジロ

ここ2日は声や姿を確認していませんが、南に移動したかどうかはもう少し様子を見ます。

 

◎メジロ

昨日はまだ声が聞かれましたが、今日は聞こえてきません。

こちらも南に渡ったかどうか様子をみたいと思います。

 

◎キセキレイ

この1週間も声や姿を確認していません。

もう南に渡った可能性が高くなってきました。

 

◎モズ

10月15日月曜日に第1駐車場付近のトイレ近くで「キッ キッ」という声が聞こました。

モズは例年より長く旭山にとどまっている(かどこかから移動してきた)ようですが、この先いつ頃までいるかは分かりません、要観察です。

 

◎キジバト

この1週間は鳴き声や姿を確認していません。

こちらも様子見です。

 

 

■冬鳥、冬の鳥情報

◎シメ

園内で観察する機会が増えてきました。

 

◎キクイタダキ

今日もミュンヘンの森と風の丘近くの松で確認しており、観察機会が増えてきています。

キクイタダキは例年より早く動いている感じがします。

 

◎キバシリ

森の家近くのカラマツ林から双子沢川の辺りで時々観察されますが、それ以外の園内ではまだ観察情報がありません。

 

◎カケス

まだ園内での観察情報はありません。

今年は山の食物が多く降りてくるのが遅いのではないかと思われます。

 

◎ウソ

こちらもまだ秋の観察情報はありません。

 

◎ツグミ

1まだ観察情報はありません。

10月も下旬が近づき、そろそろやって来る頃です。

 

◎ヒレンジャク、キレンジャク

この秋はまだ観察されていませんが、例年10月下旬に主にヒレンジャクがやって来て見られるようになります。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

本日、森の家の近くにやって来ましたが、すぐそばを飛んだようで、「プルプルプル」という飛ぶときに出す声が森の家の中にまで聞こえてきました。

ここ数日は園内で見られる機会が増える可能性がありますが、なんともいえません。

 

◎オオアカゲラ

園内でも時々見られており、写真は10月14日の日曜日に森の家近くのシラカンバをつついていた雌の個体です。

2018年10月19日オオアカゲラ♀

トリミングしており、写真をクリックすると大きくなりますが、オオアカゲラは胸から腹にかけて黒いタテの筋が入っているのがアカゲラとの識別ポイントです。

雌の個体は頭に赤い部分がないのはオオアカゲラ、アカゲラ共通です。

オオアカゲラはシラカンバによく来ていますが、高い位置にいることが多く、木をつつく音が聞こえたら上の方を探してみてください。

 

◎アカゲラ

双子沢川周辺から園内西側エリアに多くいます。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ノスリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

10月15日火曜日10時頃、カラマツ林上空を西に飛んでゆくオオタカを確認しました。

ハイタカともども、冬の間はしばしば観察されます。

 

◎ハクセキレイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

次回は10月26日(金曜日)もしくは27日(土曜日)に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。