お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

自然情報

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月22日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎アオジ

森の家近くのどこかに巣があるようで、餌を運ぶ親鳥の姿を見ることが多くなりました。

そろそろ巣立ち幼鳥が見られそうです。

 

◎ホオジロ

先週土曜日6月16日に巣立ち幼鳥を見たとの情報がありました。

園内のあまり森が深くない場所で見られる可能性があります。

今朝は展望台ですぐそばの外灯に飛んで来て囀りをする♂がいましたが、幼鳥のために警戒していたのだと思われます。

写真はその時のものです。

2018年6月22日ホオジロ♂

 

◎カワラヒワ

6月20日(水曜日)、幼鳥が確認されました。

雄の親鳥と一緒に展望台一本桜に飛んで来ましたが、巣立ったばかりのようです。

写真はその時のものですが、胸から腹にかけての羽が鱗のような模様に見えるのが親鳥との違いです。

2018年6月22日カワラヒワ幼鳥

 

◎オオアカゲラ

6月17日(日曜日)の自然観察会の際に、旭山都市環境林で雌の個体が見られました。

オオアカゲラは5月から9月の間は旭山(公園と都市環境林)ではあまり観察されないのですが、いることはいるようです。

 

◎アオバト

今週も森の家近くと巨木の谷周辺に桜の実を食べに来ています。

写真は展望台から遠目に写したアオバト雄ですが、分かるでしょうか?

この大きさでは分かりにくいですが、写真をクリックすると拡大して見ることができるので探してみてください(それでも小さいですが)。

2018年6月22日アオバト♂

 

 

 

 

◎今週のシマエナガ

6月17日(日曜日)の自然観察会の際に、森の家すぐ裏の森で幼鳥を交えた群れが現れ、双眼鏡なしでも見えるほど近くで観察することができました。

幼鳥はまだ目に黒い帯がかかっていました。

シジュウカラやハシブトガラの群れと一緒に行動していたため、エナガが何羽いたかははっきりと掴むことはできませんでしたが、親子合わせて5羽くらいだったと思われます。

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ

森の家周辺でまだよく囀りが聞かれ、時々姿が見られます。

 

◎コサメビタキ

今週も都市環境林で見られました。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで朝と夕方に囀りをしているのは今週も変わりません。

【2018年6月23日 追加補足】

本日、つり橋下流右岸側で朝から午後にかけて何度か囀りをする雄の個体が見られました。

写真はその時のものです。

2018年6月24日オオルリ雄

 

◎コルリ

旭山都市環境林「ふしぎ池」付近ではまだ囀りが聞かれます。

 

◎クロツグミ

囀りを聞く機会はほとんどなくなりましたが、都市環境林ホオノキ散策路で地鳴きが時々聞かれます。

 

◎オオムシクイ

6月12日が園内で囀りを確認した最後と先週書きましたが、6月20日(水曜日)に1羽だけ残っていたのを確認しました。

 

◎センダイムシクイ

囀りはまだ頻繁に聞かれます。

 

◎ウグイス

今週も声や姿を確認できませんでした。

 

◎ヤブサメ

まだ囀りは聞かれますが、羊腸はまだ確認しておらず、そろそろ出る頃と思われます。

 

◎メジロ

今週は比較的多く声が聞かれました。

 

◎イカル

【2018年6月24日 追加補足】

本日午前11時半頃、森の家近くでイカルの囀りを聞きました。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られます。

 

◎モズ

今日、ちびっこ広場の方から地鳴きが聞こえてきましたが、園内にはいるようです。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

◎ツツドリ

藻岩山から時々声が聞こえてきますが、近くで聞かれることはほとんどなくなりました。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内で何度か姿が観察され、声も聞かれました。

例年、周辺のどこかで巣立った個体がいる場合は、6月から7月には幼鳥も含めクマゲラの観察頻度が若干高くなる傾向があります。

 

◎ヤマゲラ

6月18日(月曜日)に「ケッケッケッケッ」という大きな声が藻岩山方向から聞こえてきました。

 

◎アカゲラ

森の家の近くで「キョキョキョッ」と盛んに鳴く個体がおり、近くに巣がある可能性があります。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ノスリ

6月18日(月曜日)、上空を滑翔(羽ばたかずに飛ぶこと)しているノスリが観察されました。

 

◎ゴジュウカラ

幼鳥連れの群れが公園内西側エリアでよく見られますが、幼鳥と成鳥は見た目ではほとんど違いが分からないくらいになっています。

 

◎シジュウカラ

巣立ち幼鳥を連れた群れは今週も森の家の周りと旭山都市環境林広場付近でよく見られていますが、幼鳥はだいぶ白い部分の黄色みが抜けてきました。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

毎年6月から7月にかけて、カッコウの声が聞かれることがあります。

カッコウは旭山とその周辺には住んでおらず、なぜか毎年この時期だけどこからか何度かやって来ます。

 

 

来週は6月30日(土曜日)に記事を上げます、予めご了承ください。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月15日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎クマゲラ

先週土曜日6月9日の「旭山野鳥観察会」の際に、森の家から藻岩山登山道方向に行く道の橋の手前にある木に雌のクマゲラが2羽いました。

2羽は木の幹を歩きながら追いかけたり、「ヒャッ」という声を出したりしながらその辺りに30分以上いましたが、なぜそのような行動をとっていたのはかは不明です。

 

◎アオバト

今週も森の家近くの桜の実を食べに来ていますが、日により頻繁にやって来たりあまり来なかったりしています。

 

◎シジュウカラ

巣立ち幼鳥を連れた群れは今週も森の家の周りと旭山都市環境林広場付近でよく見られています。

 

 

 

■夏鳥情報

◎オオムシクイ

6月12日に園内で囀りを確認しましたが、それ以降は確認できていないため、もう北へ移動した可能性が高そうです。

来週まで様子を見ます。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで主に朝と夕方近くに囀りが聞かれますが、10時から16時くらいの間はあまり囀りません。

また、旭山都市環境林に隣接したお寺付近を縄張りにしている個体がいるようで、その辺りで見られることが多いです。

 

◎キビタキ

森の家周辺では今週も藻岩山登山道入口の間と、風の丘との間の2カ所から囀りがよく聞こえてきます。

また、森の家階段の途中から第1駐車場に抜ける道では地上近くに降りてくる雄の姿をよく見かけます。

写真はその場所で撮影した1枚で、こちらを見て近くに寄って来て囀りを始めたもので、近くに営巣しているかもしれません。

2018年6月15日キビタキ雄

 

◎コルリ

旭山都市環境林「ふしぎ池」付近で囀りがよく聞かれます。

 

◎イカル

ここしばらく見ていませんでしたが、今日は森の家上空を飛んでいました。

 

◎コサメビタキ

旭山都市環境林「ホオノキ散策路」で見られることがしばしばあります。

 

◎クロツグミ

旭山都市環境林と藻岩山登山道入ってすぐ辺りで囀りがまだ聞かれます。

 

◎アカハラ

旭山都市環境林北側の舗装道路沿いに1羽がいついているようで、その辺りで囀りを聞くことがあります。

 

◎ウグイス

今週も声や姿を確認できませんでした。

 

◎ヤブサメ

まだ幼鳥の姿は確認していませんが、森の家前を始め随所で囀りを聞き、笹薮の薄いところで姿を見ることがあります。

 

◎アオジ

囀りはあまり聞かれなくなりましたが、森の家と藻岩山登山道入口の間の辺りで地面で餌をとる姿が、♂♀ともに比較的よく見られます。

幼鳥はまだ確認していません。

 

◎ホオジロ

昨年は6月中旬に雛が巣立ちましたが、今年もそろそろと思われます。

 

◎メジロ

この1週間もあまり鳴き声を聞くことがありませんでしたが、雨がやんだ今日は鳴き声を聞くことが多かったです。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られます。

 

◎モズ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

 

 

■留鳥情報

◎ヤマゲラ

今日は例の大きな鳴き声が聞かれ、また6月9日(土曜日)の野鳥観察会の前に森の家のそばにある桜の木に雄の個体が来ていました。

写真はその時のものです。

2018年6月15日ヤマゲラ雄

 

◎アカゲラ

記念樹の森から森の家にかけてで比較的よく見られます。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

6月14日(木曜日)の野鳥観察会の際に上空で旋回しながら飛ぶタカの姿が2、3秒の間だけ見えましたが、オオタカかハイタカかどちらか断定するまでには至りませんでした。

 

◎ゴジュウカラ

幼鳥が巣立ったようで、「チュッチュッ」という鳴き声を出す数羽の群れが森の家と風の丘の間にあるカラマツからよく聞こえてきます。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

※自然観察会のご案内

6月17日(日曜日)9時開始、参加費100円(保険代として)。

昆虫や植物を主な対象として観察会ですが、野鳥も観察します。

こちらは「さっぽろ生き物さがし2018」協賛というかたちで行います。

参加ご希望の方は当日直接「森の家」にお越しください。

お待ちしております。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月8日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎シマエナガ

幼鳥が巣立ちました。

幼鳥は4、5羽巣立ったようで、ここ数日は森の家の周りで親鳥がまだ目に黒い帯がかかった幼鳥に餌をあげる光景などがよく見られています。

 

◎アオバト

森の家近くの桜の実を食べに頻繁に訪れるようになり、今の時期は1時間に1回は観察できるくらいです。

今朝は5羽の群れが来ましたが、2羽のこともあり、昨年は9羽いたこともあります。

6月中旬にかけて、桜の実があるうちはこの状況が続くと思われます。

写真は森の家の前に来たアオバト♂です。

アオバト雄2018年6月8日

 

◎シジュウカラ

巣立ち幼鳥を連れた群れが今週から森の家の周りでよく見られますが、下の写真のように幼鳥の頬の黄色みがだいぶ薄くなっており、巣立ち直後ではなくもう少し前に巣立っていた可能性があります。

シジュウカラは2回繁殖することもあり、その場合は8月にまた幼鳥が見られます。

シジュウカラ幼鳥2018年6月8日

 

 

 

■夏鳥情報

◎オオムシクイ

6月8日現在まだ園内で囀りが聞かれます。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで主に朝と夕方近くに囀りが聞かれます。

 

◎キビタキ

森の家周辺では、藻岩山登山道入口の間と、風の丘との間の2カ所から囀りがよく聞こえてきます。

その他園内で6、7カ所、囀りが聞かれる場所があります。

 

◎コルリ

今週はほとんど囀りを聞きませんでした。

 

◎イカル

見かける頻度が落ちてきました。

 

◎コサメビタキ

こちらも見かける頻度が落ちてきました。

 

◎クロツグミ

朝か夕方に少しの間囀るくらいの状態が続いています。

 

◎ウグイス

森の家裏手を縄張りとする個体は今週もほとんど囀りしていません(必ずしもいなくなったわけではないと思われます)。

 

◎ヤブサメ

そろそろ幼鳥を連れ立って歩き回る頃で、6月から7月にかけては比較的姿を見られる機会が多いです。

 

◎アオジ

藻岩山登山道入口下の個体はよく囀りをしていますが、他ではあまり聞かれなくなりました。

アオジは7月以降またよく姿が見られるようになります。

 

◎ホオジロ

昨年は6月中旬に雛が巣立ちましたが、今年もそろそろと思われます。

 

◎メジロ

今週はあまり鳴き声を聞くことがありませんでした。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られます。

 

◎モズ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ヤマゲラ

大きな声で鳴かなくなり、姿が観察されることも少なくなりました。

 

◎アカゲラ

記念樹の森から森の家にかけてで比較的よく見られます。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ゴジュウカラ

よく見られるというほどではありませんが時々見られます。

写真は今朝つり橋付近で撮影したものです。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

※早朝野鳥観察会のご案内

明日6月9日(土曜日) 午前8時から「旭山野鳥観察会」を行います。

参加費100円(保険代として)です。

参加ご希望の場合は、明日直接「森の家」までお越しください。

明日の天気は、朝方まで雨が残りしだいに晴れに向かっていくという予報、8時の段階での天気は微妙です。

観察会は雨でも中止にはしないため、天気を見て怪しいと思われましたら、ご自身のご判断でご参加の可否を決めていただけるよお願いいたします。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月1日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎オシドリ

5月31日(木曜日)、園内でオシドリ雌=母鳥と巣立ち幼鳥10羽前後が観察されました。

風の丘のそばの園路脇を母鳥を先頭に巣立ち幼鳥が歩いていましたが、斜面を降りたあと笹薮に逃げ込んで姿が見えなくなりました。

状況から推測するとそのすぐ近くに巣があり、幼鳥が卵から孵化し巣から出て水辺へ移動する途中と考えられますが、巣がどこにあったかは不明です。

※オシドリは大木の樹洞で営巣します。

来年以降も園内で営巣するか、もっと注意深く観察してゆく必要がありそうです。

 

◎ツツドリとセンダイムシクイ

今週に入ってツツドリが森の家近くで盛んに鳴いています。

それまでは園内から声が聞こえることは稀でした。

ツツドリが鳴くとセンダイムシクイも呼応するように鳴くという光景がここ数日繰り広げられていますが、ツツドリはセンダイムシクイに托卵(=センダイムシクイの巣に卵を産んで仮親として育てさせる)するため、センダイムシクイが巣に近づいてきたツツドリに抵抗している可能性があります。

センダイムシクイは今週も「ツィツィツィ」という鳴き声を発しています。

 

 

■夏鳥情報

◎オオムシクイ

6月1日現在まだ園内で囀りが聞かれます。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで主に朝と夕方近くに囀りが聞かれます。

 

◎キビタキ

今の時期昼間はエゾハルゼミの鳴き声が大きいせいか、キビタキは昼間はほとんど囀りをせず、朝のセミが鳴き始める前か夕方の鳴きやんだ頃に囀りがよく聞かれます。

 

◎コルリ

コルリもエゾハルゼミの声が大きい間はほとんど囀りを聞きません。

 

◎イカル

時々上空を飛んでいます。

 

◎コサメビタキ

今週も双眼鏡で木の上の方を探したところ姿を見つけることができました。

 

◎クロツグミ

朝か夕方に少しの間囀るくらいになっています。

 

◎ウグイス

森の家裏手ではほとんど声を聞かなくなりました(必ずしもいなくなったわけではないと思われます)。

 

◎ヤブサメ

エゾハルゼミが鳴いている昼でも囀りがよく聞かれる数少ない鳥です。

 

◎アオジ

囀りを聞くことが少なくなり、姿もあまり見られていません。

アオジは7月以降またよく姿が見られるようになります。

 

◎ホオジロ

展望台周辺から噴水広場辺りにかけてでまだ囀りを聞くことができます。

 

◎メジロ

園内で鳴き声がよく聞かれます。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で見られます。

 

◎モズ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎アオバト

園内でも「オー アーオー」という声を聞くことが多くなってきましたが、桜の実はまだ熟していないため、高い所か遠くから声が聞こえることがほとんどです。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

 

■今週のシマエナガ情報

昨日5月31日栗の木デッキ付近、本日は巨木の谷付近と、双子沢川左岸側での目撃が増えてきました。

そろそろ幼鳥が巣立つ可能性があります。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ヤマゲラ

大きな声で鳴くことはしなくなりましたが、今週は森の家近くで何度か観察されました。

 

◎アカゲラ

西側エリアでよく見られますが雄が多いです。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ゴジュウカラ

よく見られるというほどではありませんが時々見られます。

写真は今朝つり橋付近で撮影したものです。

ゴジュウカラ2018年6月1日撮影

 

◎シジュウカラ

キビタキの囀りに対抗するかのように近くで囀りをすることがあります。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

今週来週と、エゾハルゼミの声で昼間は野鳥監察課には適さない状況になっています。

 

 

※早朝野鳥観察会のご案内

6月3日(日曜日) 午前6時15分から「早朝野鳥観察会」を行います。

参加費100円(保険代として)です。

参加ご希望の場合は「森の家」まで、電話、FAX、ホームページのお問い合わせなどでお申し込みください。

早朝につき公共交通機関が利用できないため、徒歩、自転車もしくはお車でお越しください。

旭山記念公園の駐車場は6時開門です(徒歩の場合はそれより前に入園することができます)。

ご参加お待ちしております!

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年5月25日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■新着夏鳥情報

◎オオムシクイ

5月25日(金曜日)、本日、園内で今年初めて確認しました。

毎年5月下旬にやって来て6月上旬から中旬まで滞在します。

「チキッ ジジロジジロ」と木で囀り、滞在期間中はその声をよく耳にしますが、姿は小さいため葉の陰でなかなか見られません。

またオオムシクイは、大きく葉がよく茂った木があれば街中の児童公園などでも声を聞くことがあります。

オオムシクイが来たことにより、レギュラーとして旭山を毎年訪れる夏鳥はすべて来たことになります。

 

 

■夏鳥情報

◎イカル

5月23日(水曜日)、16時過ぎに、「キッ」という地鳴きを発しながら11羽で上空を飛ぶ姿が見られました。

イカルは例年5月中旬以降の確認情報が多く、飛びながらあるいは木にとまっての地鳴きとともに「ホヒリホヒー」という囀りも時折聞かれます。

 

◎キビタキ

本日5月25日、森の家裏手で♂2羽が囀りを交えつつ「バチバチ」と音を立てながら争っている姿が観察されました。

森の家と第2駐車場そして藻岩山登山道入口を結ぶ辺りで囀りがよく聞かれ、園内では他に第1駐車場下の森、学びの森付近、つり橋付近でもよく聞かれ姿も見られます。

旭山都市環境林でも囀りがよく聞かれます。

 

◎オオルリ

第2駐車場入口付近から藻岩山登山道入口にかけての辺りでまだ囀りがよく聞かれますが、木々の葉がすっかり伸び姿を見つけるのは難しくなりました。

 

◎コサメビタキ

コサメビタキは実は園内でも比較的よく見られる鳥なのですが、木の上の方にいて地鳴きをあまりしないので、なかなか気づきません。

今の時期コサメビタキを見たい方は、双眼鏡で木の上の方を探してみてください。

 

◎コルリ

5月22日(火曜日)、森の家西側の沢の中の離れた位置で2羽が同時に囀りしていました。

コルリは公園と都市環境林合わせて3カ所で囀りがよく聞かれます。

 

◎クロツグミ

先週から今週の前半にかけては再び囀りがよく聞かれていましたが、昼間はあまり聞かれません。

 

◎ウグイス

森の家裏手をなわばりにしている個体が今年はよく囀りしていますが、今週は少し落ち着きました。。

 

◎ヤブサメ

囀りはよく聞かれますが少し落ち着いてきました。

 

◎センダイムシクイ

聞き慣れた「チヨチヨビー」という声の他、今週は「ツィツィツィ」という強い鳴き声も聞かれるようになりました。

 

◎アオジ

森の家の周りを中心とした西側エリアで囀りがよく聞かれますが、以前ほどいつでもどこでも鳴いているという感じではなくなってきました。

 

◎ホオジロ

展望台周辺から噴水広場辺りにかけてでまだ囀りを聞くことができます。

 

◎メジロ

園内で鳴き声がよく聞かれます。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で見られます。

 

◎モズ

「キチッ」という鳴き声とともに時々園内の開けた場所とその周りで観察されます。

 

◎アオバト

桜の実が熟していないため桜の木にはまだ寄りついてはいません。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

◎ツツドリ

今週は園内の低い位置で鳴き声を聞くことが何度かありました。

 

 

■主に冬に見られる鳥情報

◎キクイタダキ

先週はもう観察情報がなくなったと書きましたが、5月20日(日曜日)にちびっこ広場付近の松で囀りを聞いたとの情報がありました。

 

◎シメ

5月21日、園内で3羽を確認しました。

動向を注目しています。

 

 

 

■今週のシマエナガ情報

本日5月25日、双子沢川左岸川=巨木の谷のつり橋より上流側で2羽を観察しました。

写真はその時の1羽ですが、このところ見られるのはこの場所が多くなっています。

(写真はどちらもトリミングしています)

2018年5月25日シマエナガ1枚目

2018年5月25日シマエナガ2枚目

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週も園内での観察情報が幾つかありましたが、藻岩山から声が聞こえくることがほとんどです。

 

◎ヤマゲラ

「キョキョキョキョ」という大きな鳴き声はまだよく聞かれますが、例年だとそろそろ鳴き声を聞かなくなります。

 

◎アカゲラ

西側エリアでよく見られますが営巣場所は確認できていません。

 

◎オオタカ

今週も園内での観察情報がありましたが。

 

◎ゴジュウカラ

今秋もまだ観察情報が少ないです。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

2018年5月20日、日曜日の八重ザクラ情報です。

八重桜2018年5月20日の1

八重桜も見頃です。

 

2018年5月20日八重桜の2

しかし、近くで見るとだいぶ赤い葉が見えるようになってきました。

 

2018年5月20日八重桜の3

さらに近くで見ると、葉が伸びてきているのがよく分かります。

 

2018年5月20日八重桜の4

今日は日差しが強く、昼間は八重桜も光と影のコントラストが大きくなります。

2枚目の写真のように街を望む角度で撮影するのあれば、夕方の方が光がいいかもしれません。

 

2018年5月20日展望台より

展望台のテラス階段ではツツジの花も咲いています。

 

野の花の写真も2枚ほど。

マイヅルソウ開花

マイヅルソウが開花しました。

第1駐車場から森の家に来る間とつり橋付近に小群落があり、今週から来週にかけてが見頃となります。

 

マムシグサ開花

マムシグサ(コウライテンナンショウ)の花もちらほらと見られるようになってきました。

この写真はつり橋付近のマイヅルソウ小群落と同じ場所に咲いているもので、毎年セットで見られます。

 

そして。

2018年5月20日エゾハルゼミ

エゾハルゼミの鳴き声も、今日、今年初めて聞きました、初鳴きです。

まだちらほらと聞こえる程度ですが、6月に入るとまさに大合唱が始まります。

 

今日は久し振りに晴れて気持ちがいい日。

旭山で今年最後の桜を愛でながらの散策などいかがでしょうか。

5月は一年で最も鳥が多く身近に見られる季節。

旭山記念公園では、5月にこの後2回の野鳥観察会を予定しています。

各日開催時刻が違いますのでご注意ください。

参加ご希望の方は、希望日またはご希望の番号を森の家までお伝えください(複数可です)。

各定員15名、定員になり次第締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください。

締め切りとなった日についてはホームページ上でもお知らせします。

 

 

①旭山野鳥観察会

◎開催日:2018年5月12日(土)

◎時 間:8時~10時頃

※毎月第2土曜日定例観察会です。

※こちら終了しました。

この日の観察会で確認できた野鳥は以下の26種です(順不同)

ハシブトガラス、イカル、カワラヒワ、マヒワ、アオジ、

メジロ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、

ヒガラ、キビタキ、コサメビタキ、オオルリ、コルリ、

アカハラ、センダイムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、

ビンズイ、アカゲラ、コゲラ、ヤマゲラ、キジバト、

オオタカ

 

 

②旭山野鳥観察会

◎開催日:2018年5月17日(木)

◎時間:9時~11時頃

※平日開催、少し遅めにスタートします。

※こちら終了しました。

この日の観察会で確認できた野鳥は以下の17種です(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、イカル、カワラヒワ、アオジ、

ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、キビタキ、

コルリ、センダイムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、

コゲラ、ヤマゲラ、

 

 

③早朝野鳥観察会

◎開催日:2018年5月19日(土)

◎時間:6時15分~8時半頃

※早朝につき公共交通機関がまだ動いておりません。

自家用車(友人相乗りなど)、自転車、徒歩で来られる方が対象となります、ご了承ください。

※駐車場は6時開門です。

※※雨の予報が出ていますが開催します。

参加お申し込みされた方及び参加をご検討中の方は、当日の状況をみてご自身のご判断でお越しください。

※こちら終了しました。

この日の観察会で確認できた野鳥は以下の16種です(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワラヒワ、アオジ、シジュウカラ、

ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、キビタキ、オオルリ、

コルリ、センダイムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、

キジバト

※雨で鳥も少なかったです。

 

 

④旭山野鳥観察会

◎開催日:2018年5月27日(日)

◎時間:8時~10時頃

 

 

各会共通

◎集 合:旭山記念公園「森の家」 ※少雨決行

◎参加費:100円(保険代)  ◎定員15名(先着順)

◎申 込:電話、ホームページ「お問い合わせ」より事前にお申し込みください。

 

【ご連絡先】

旭山記念公園森の家 電話 011-200-0311 (金・土・日・祝日 10時~16時)

Faxでお申し込みの場合 011-200-0351 (24時間受付)

HP「お問合わせ」フォームよりメール送信。

 

※歩きやすい服装と靴でお越しください

※双眼鏡を無料で貸し出しいたします。ご希望の方はお申し付けください。

 

 

 

本日、朝6時15分より「早朝野鳥観察会」を行いました。

今日は声のみも含め25種が確認できました(順不同)

ハシブトガラス、イカル、カワラヒワ、マヒワ、アオジ、

メジロ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、

ヒガラ、キビタキ、オオルリ、コルリ、クロツグミ、

センダイムシクイ、エゾムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、

アカゲラ、コゲラ、キジバト、ツツドリ、マガモ

 

今日は木の上で囀りするコルリがじっくりと観察できました。

 

キビタキ雄

 

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年5月18日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■新着夏鳥情報

◎アオバト

5月16日(水曜日)、園内で今年初めて観察したとの情報がありました。

アオバトは9月上旬まで旭山で見られます。

6月中旬に桜の実が黒く熟すとそれを食べに桜の木に寄りつき、森の家近くでもよく見られるようになります。

 

 

 

■一時滞在の夏鳥情報

◎ニュウナイスズメ

本日5月18日、園内巨木の谷で声が聞かれました。

ニュウナイスズメは毎年5月に1日か2日だけ観察されますが、旭山での繁殖は確認されておらず、移動の際に通るだけと思われます。

 

◎エゾムシクイ

5月13日(日曜日)に園内で囀りを聞きましたが、それ以降は確認されておらず、旭山からは移動していなくなったと思われます。

 

◎ビンズイ

5月12日(土曜日)に園内で姿が観察されましたが、それ以降は確認されておらず、やはり旭山からは移動していなくなったと思われます。

 

 

 

■夏鳥情報

◎オオルリ

先週から引き続き第2駐車場から藻岩山登山道入口にかけての南側、つり橋付近、及び旭山都市環境林西側で囀りがよく聞かれ、森の家の周りでも姿を見られる機会があります。

今朝の観察状況では、第2駐車場の方から森の家の前の大きなハルニレに飛んで来て囀りを始め、2分くらいで声が聞こえなくなりましたが、ハルニレに来る前に大きな声で通常とは少し違う「ピチチュビチュリー」というような鳴き声を発した後に囀りを始めました。

 

◎キビタキ

今週も園内で囀りが普通に聞かれるようになってきました。

森の家周辺、藻岩山登山道入口下、及び都市環境林でよく聞かれ、姿も近くで見られることが多いです。

また旭山都市環境林広場付近でよく声が聞かれます。

 

◎コルリ

先週土曜日5月12日から森の家西側の沢でも例年通り囀りをするようになりました。

 

◎クロツグミ

朝はまだ囀りが森の家から風の丘にかけての辺りでも聞かれますが、昼間はあまり聞かれません。

 

◎アカハラ

今週も学びの森から園外隣地にかけての辺り及び円山南斜面でこのところよく囀りが聞かれました。

 

◎イカル

「キョッ キョッ」と鳴きながら3~4羽で上空を飛んでいるのが日に何度か確認され、囀りが伴うこともあります。

 

◎ウグイス

森の家裏手をなわばりにしている個体が今年はよく囀りしています。

 

◎ヤブサメ

囀りはよく聞かれ、姿も笹の切れ目などで時々見られますが、笹から低く飛び出て移動する姿を不意に目にすることもあります。

 

◎センダイムシクイ

今週も園内で囀りがよく聞かれました。

 

◎アオジ

森の家の周りを中心とした西側エリアで囀りがよく聞かれ、姿を見る機会も多いです。

 

◎ホオジロ

展望台周辺から噴水広場辺りにかけて囀りが聞かれますが少し聞かれる頻度が落ちてきました。

 

◎メジロ

園内で鳴き声がよく聞かれますが、メジロは特に気温が低い日は動きが不活発になる傾向があるようで、昨日今日とあまり声を聞くことがありませんでした。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で見られます。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

◎ツツドリ

藻岩山方面から時々声が聞こえてきますが、園内において近くで見たという情報はまだありません。

 

 

■冬に見られる鳥情報

◎キクイタダキ

今週は観察情報がなく、山へ移動した可能性が高そうです(旭山では通常5月から9月の間は稀です)。

 

◎マヒワ

5月13日に園内で観察されましたが、それ以降は情報がなく、旭山からは移動していなくなったと思われます。

 

◎シメ

5月18日本日園内で確認しました。

昨年も5月下旬まで観察されましたが、シメは札幌市内でも山地などで繁殖する鳥であり、今後も観察される可能性はあります。

 

 

■今週のシマエナガ情報

今週も主に2羽での確認となっており、双子沢川沿いつり橋付近などで比較的よく見られます。

昨日16時頃につり橋上流左岸で2羽が観察されました。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内での観察情報が幾つかありました。

 

◎ヤマゲラ

まだ鳴き声がよく聞かれます。

 

◎アカゲラ

西側エリアでよく見られます。

 

◎オオタカ

今週も園内での観察情報がありました。

 

◎ゴジュウカラ

観察情報が減ってきましたが、ゴジュウカラは毎年5月中旬から6月中旬までの間は観察頻度が低くなります。

今日は旭山都市環境林で囀りしていました。

写真は別の日に園内で撮影したものです。

ゴジュウカラ2018年5月18日の記事

 

◎ヤマガラ

今朝まだワルツの囀りをしていましたが、そろそろ囀りが聞かれなくなります。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

明日5月19日(土曜日)6時15分から予定の早朝野鳥観察会について、雨予報ですが開催します。

既に参加お申し込みされた方、及び参加ご検討中の方は、明日の天気の状況を見てご自身で参加の可否についてご判断いただけるようお願いいたします。

お申し込みされた方について、明日の参加を見送る方は、特にご連絡は要りません。

よろしくお願いいたします。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

5月15日、16日と天候に恵まれ、レストハウス右側園路沿いの八重ザクラはほぼ満開の見ごろとなっています。

レストハウス右側の八重ザクラ八重ザクラのアップ

春の陽気の中、満開の八重ザクラと札幌の街を眺めながら、

自然豊かな旭山記念公園をゆっくりと散歩しませんか♪

 

昨日とうって変わって晴天となり、札幌の街も青空の下はっきりと見えます。八重ザクラも気温の上昇に伴って、昨日は蕾だったものも花が開き始めています。

八重ザクラと札幌市街地の眺め

広々とした展望とともに八重ザクラのボリュームのある桜色をお楽しみいただけます。

今だけ見られる景観をぜひご覧ください♫